スパーキー・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スパーキー・アンダーソン
Sparky Anderson
Sparky Anderson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 サウスダコタ州マクック郡ブリッジウォーター
生年月日 1934年2月22日
没年月日 2010年11月4日(満76歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1953年
初出場 1959年4月10日
最終出場 1959年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2000年
選出方法 ベテランズ委員会選出
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2007年

スパーキー・アンダーソン(George Lee "Sparky" Anderson, 1934年2月22日 - 2010年11月4日)は、アメリカ合衆国サウスダコタ州出身のプロ野球選手内野手)・監督

ニックネームは"Captain Hook"キャプテン・フック)。ナ・リーグシンシナティ・レッズ)、ア・リーグデトロイト・タイガース)両方でワールドシリーズを制した最初の監督となった。

1978年の日米野球にて。王貞治(左)とスパーキー・アンダーソン(右)
ジョージ・W・ブッシュ大統領(中央)と会話する
スパーキー・アンダーソン(左)、ヨギ・ベラ、2001年

経歴[編集]

選手・マイナーリーグ監督時代[編集]

1953年にプロ入り。1955年ブルックリン・ドジャースのマイナーチームから選手生活が始まった。1959年フィラデルフィア・フィリーズでメジャーデビューし、この年はレギュラー二塁手として152試合に出場するが、打率.218、本塁打0に終わる。その後もマイナーでプレイを続けるが、メジャー昇格のチャンスはなく、選手としてのメジャー歴は1959年のみであった。

1964年よりマイナーの監督になり、1968年にはレッズのマイナー組織に監督として移籍。1969年にはサンディエゴ・パドレスのコーチとなり、翌1970年にレッズの監督に就任した。

レッズ時代[編集]

1970年のレッズ監督就任時には、アンダーソンはあまりにも知名度がなかったため、マスコミから「Sparky, Who?(スパーキーって誰?)」と記事に書かれたことがある。高校時代の同級生だった広報部長がアンダーソンの監督としての能力を高く買っており、総支配人に推薦したのがきっかけだった。野球センスを口を極めて絶賛したところ、電撃的なアンダーソンの監督就任が決まった[1]

そして、アンダーソンは監督就任一年目にしていきなり102勝をあげてリーグ優勝を果たす。しかしこの年のワールドシリーズでは当時最強を誇ったボルチモア・オリオールズの前に敗退する。2年後の1972年にもリーグ優勝するが、1972年のワールドシリーズではディック・ウィリアムズ監督のオークランド・アスレチックスに敗退。アスレチックスはこの年から三連覇を果たすこととなる。1973年には地区優勝を果たすがプレーオフでニューヨーク・メッツに敗れ、1974年には地区2位に終わった。

迎えた1975年、シーズン108勝をあげ、リーグチャンピオンシップでもピッツバーグ・パイレーツに3勝無敗でボストン・レッドソックスとのワールドシリーズに進出。シリーズは熱戦が続き、3勝2敗と王手をかけた第6戦は延長戦にもつれ込み、12回にレッドソックスの捕手カールトン・フィスクにサヨナラ本塁打が出て最終戦に持ち込まれた。[2]続く第7戦も接戦となったが、同点の9回表にレッズが1点を奪い、ついにワールド・チャンピオンに輝いた。

1976年もシーズン102勝をあげて地区優勝。リーグ優勝を果たしてワールドシリーズでもニューヨーク・ヤンキースに4連勝して2年連続のワールドチャンピオンとなった。当時のレッズはピート・ローズジョー・モーガンジョニー・ベンチジョージ・フォスタートニー・ペレスデーブ・コンセプシオンといったスター選手を揃え、「Big Red Machineビッグレッドマシン)」の異名をとる最強チームであった。

1977年1978年は2年連続で地区2位に終わる。1978年秋にはレッズが単独チームとして来日する。主な対戦相手である讀賣の監督だった長嶋茂雄とも親しくなった。日本各地で強さを見せつけて帰国したが、帰国直後に突如解任された。

タイガース時代[編集]

レッズの監督を電撃解任されて約半年後、1979年6月14日にデトロイト・タイガースの監督に就任。タイガースを優勝争いができるチームにし、1983年はオリオールズに次ぐ地区2位と順調に力をつけた。そして1984年、シーズン最初の40試合で35勝(MLB記録)をあげ、104勝58敗で地区優勝、プレーオフでもカンザスシティ・ロイヤルズに3戦全勝してリーグ優勝を果たす。1984年のワールドシリーズの対戦相手・パドレスの監督は、1972年・73年にアスレチックスの監督としてワールドシリーズを制し、しかも1972年にはアンダーソン自身が敗れた相手のディック・ウィリアムスであった。このシリーズはどちらが勝っても『史上初の両リーグでのワールド・チャンピオン監督誕生』となるシリーズだったが、タイガースがパドレスを4勝1敗で下し、アンダーソンは両リーグでのワールドチャンピオンを獲得した史上最初の監督となった。[3]

この年、自身初の年間最優秀監督賞を受賞。当時の主力は、この年MVPサイ・ヤング賞を同時受賞した守護神ウィリー・ヘルナンデスやエースジャック・モリス、四番・捕手のランス・パリッシュ、二塁手ルー・ウィテカーと遊撃手アラン・トラメルのキーストン・コンビ、右翼手カーク・ギブソン、ベテランの強打者ダリル・エバンスら、エバンス以外は1950年代半ば生まれの年齢的には中堅選手であった。

1987年にも終盤の猛追で最後にトロント・ブルージェイズをかわして地区優勝を果たすが、プレーオフでミネソタ・ツインズに敗退。この年2度目の最優秀監督賞を受賞。1988年にはMLBオールスターの監督として来日して、指揮をとる。

1989年には負けが込んで体調を崩し、1か月あまり休養。しかし、2年かけてチームを立て直し、1991年には打率がリーグ最下位、三振がメジャー全体の1位、投手成績のほとんどがメジャーで下から数えた方が早いというチームで、ブルージェイズに次ぐ2位と健闘。セシル・フィルダーミッキー・テトルトンロブ・ディアーといった三振の多い強打者のなせる技であったが、地区優勝まであと1歩と迫った。その後はペナントを手にすることなく1995年限りで監督を引退した。

1994年232日間に及ぶ長期ストライキ決行された時には経営者側は代替選手の使用を強行しようとしたが、アンダーソンはこれに反対して経営者側と対立し、病気休暇に置かれた。

晩年[編集]

2000年アメリカ野球殿堂入り、2007年カナダ野球殿堂入りを果たす。

2010年11月4日、球界引退後に患った認知症に伴う合併症によりカリフォルニア州サウザンドオークスの自宅で死去[4]。76歳没。

アメリカ野球殿堂入りとともにレッズ時代の背番号10」は永久欠番に指定された。またタイガース時代の背番号「11」も、アンダーソンの死去を受けて、翌2011年に永久欠番に指定された。

人物[編集]

レッズ監督就任時には髭を禁止させたため、このあおりで口髭が特長だったレッズのマスコットキャラ「ミスター・レッズ」が髭なしのものにモデルチェンジされたことがある。

お気に入りのルーキーを、マスコミへのリップサービスを兼ねてべた褒めしたが、褒められたルーキーは決まって大成しないというジンクスがあった。例えば1980年代半ばには、クリス・ピッターロを「今後10年は私のレギュラー」と、バーバロ・ガーベイを「ロベルト・クレメンテの再来」と持ち上げたが、前者はメジャー3年間でわずか53試合の出場に終わり、後者もやはり3年間で、放った安打は167に終わった。

90年代中盤に当時低迷したいた阪神タイガースからオファーがあり、後に阪神球団社長になる野崎勝義が交渉を担当し、契約合意寸前まで進めていたことを野崎氏が明かしている。しかし夫人が猛反対し、破談となった。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 PHI 152 527 477 42 104 9 3 0 119 34 6 9 5 2 42 1 1 53 15 .218 .282 .249 .531
通算:1年 152 527 477 42 104 9 3 0 119 34 6 9 5 2 42 1 1 53 15 .218 .282 .249 .531

監督としての年度別成績[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/
チーム数
備考
1970年 CIN NL WEST 36 162 102 60 .630 1 / 6 リーグ優勝
1971年 CIN NL WEST 37 162 79 83 .488 5 / 6  
1972年 CIN NL WEST 38 154 95 59 .617 1 / 6 リーグ優勝
1973年 CIN NL WEST 39 162 99 63 .611 1 / 6 地区優勝
1974年 CIN NL WEST 40 163 98 64 .605 2 / 6  
1975年 CIN NL WEST 41 162 108 54 .667 1 / 6 WS優勝
1976年 CIN NL WEST 42 162 102 60 .630 1 / 6 WS優勝
1977年 CIN NL WEST 43 162 88 74 .543 2 /6  
1978年 CIN NL WEST 44 161 92 69 .571 2 / 6 11月に解任
1979年 DET AL EAST 45 106 56 50 .528 5 / 7 6月14日就任。順位は最終順位。
1980年 DET AL EAST 46 163 84 78 .519 5 / 7  
1981年 DET AL EAST 47 109 60 49 .550 ストライキ
1982年 DET AL EAST 48 162 83 79 .512 4 / 7  
1983年 DET AL EAST 49 162 92 70 .568 2 / 7  
1984年 DET AL EAST 50 162 104 58 .642 1 / 7 WS優勝最優秀監督賞
1985年 DET AL EAST 51 161 84 77 .522 3 / 7  
1986年 DET AL EAST 52 162 87 75 .537 3 / 7  
1987年 DET AL EAST 53 162 98 64 .605 1 / 7 地区優勝、最優秀監督賞
1988年 DET AL EAST 54 162 88 74 .543 2 / 7  
1989年 DET AL EAST 55 162 59 103 .364 7 / 7 途中休養
1990年 DET AL EAST 56 162 79 83 .488 3 / 7  
1991年 DET AL EAST 57 162 84 78 .519 2 / 7  
1992年 DET AL EAST 58 162 75 87 .463 6 / 7  
1993年 DET AL EAST 59 162 85 77 .525 4 / 7  
1994年 DET AL EAST[5] 60 115 53 62 .461 5 / 5 ストライキ
1995年 DET AL EAST 61 144 60 84 .417 4 / 5 ストライキ
通算 26年     4030 2194 1834 .545    

※1981年はストライキのため前後期2シーズン制となり、前期は4位、後期は2位。

脚注[編集]

  1. ^ 伊東一雄. メジャー・リーグ紳士録. ベースボール・マガジン社. p. 14-15. 
  2. ^ この時、フィスクがポール際の打球に「入れ」とばかりに腕を振りながら一塁に走る姿はメジャー史上に残るシーンと言われた。
  3. ^ 後年、2006年の際セントルイス・カージナルスの監督トニー・ラルーサがアスレチックス時代の1989年と合わせて史上2人目の両リーグでのワールドチャンピオン監督となったが、この時も相手タイガースの監督ジム・リーランド1997年フロリダ・マーリンズでワールドチャンピオンになっており、どちらが勝っても史上2人目となるところであった。
  4. ^ 【MLB】名将スパーキー・アンダーソン氏死去 産経新聞 2010年11月5日閲覧
  5. ^ 現在ではタイガースはア・リーグ中地区に所属するが、1994年の三地区制導入後も1997年まではア・リーグ東地区所属であった。

出典・外部リンク[編集]