トム・ブラウニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・ブラウニング
Tom Browning
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワイオミング州キャスパー
生年月日 1960年4月28日(53歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1982年 ドラフト9巡目
初出場 1984年9月9日
最終出場 1995年5月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トム・ブラウニングThomas Leo Browning , 1960年4月28日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手。左投左打。 アメリカ合衆国ワイオミング州キャスパー出身。

人物・来歴[編集]

1982年6月のドラフトでシンシナティ・レッズから9巡目に指名され、入団。 1984年9月9日にメジャー初登板(初先発)を果たす。 ルーキーイヤーの1985年には、38試合に登板し、20勝9敗、防御率3.55の素晴らしい成績をあげた。新人王に選ばれてもおかしくない成績であったが、110盗塁したビンス・コールマンカージナルス)に譲った。また、同年9月11日ピート・ローズタイ・カッブの史上最多安打記録を破った試合の先発投手であった。当時のレッズは4人の投手で先発ローテーションを回しており、大きな故障もなくコンスタントに投げた1991年までの7年間、毎年2桁勝利を記録し、先発登板数、投球回数等の記録はリーグトップクラスであった。

1988年9月16日、本拠地リバーフロント・スタジアムでのロサンゼルス・ドジャース戦で、完全試合を達成。 102球中72球がストライクで、3ボールまでいったのは1人もなかった。この年、18勝5敗の好成績をあげる。 翌1989年7月4日アメリカ独立記念日)のフィラデルフィア・フィリーズ戦でも8回まで完全試合。 9回にディッキー・ソンにヒットを許し、MLB史上初の「完全試合2回達成」はならなかった。余談だが、1988年の完全試合の後のオフシーズンに、オーナーのマージ・ショットが、「もう一度完全試合を達成したら、ブラウニングの夫人に30万ドルのボーナスを与える」という契約条項を付け加えようとしたところ、リーグ事務局がこれを拒否していた。

1990年には15勝を記録し、チームのリーグ優勝に貢献。自身唯一となるポストシーズン進出を果たす。 ピッツバーグ・パイレーツとのナ・リーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発、オークランド・アスレチックスとのワールドシリーズでは第3戦に先発して、それぞれ勝利投手となり、チームのワールドチャンピオンに貢献した。

1991年は前半10勝4敗の好成績で初のオールスター出場を果たすが、後半は負けが込み14勝14敗に終わる。 1992年以後は故障との戦いとなる。1993年7月7日シカゴ・カブス戦(リグレー・フィールド)の試合中に、ユニフォーム姿でシェフィールド・アベニュー・ルーフトップ(スタンドの一角)に現れ、監督デーブ・ジョンソンから500ドルの罰金を科せられる。

1994年5月9日サンディエゴ・パドレス戦の試合中に腕を骨折。骨が折れる音がテレビや観客席にも聞こえるほどの大怪我で、以後シーズンを棒に振り、この年限りでレッズを解雇された。 翌1995年にはカンザスシティ・ロイヤルズと契約するが、2試合に先発していずれも敗れ、シーズン途中で現役を引退した。

縁起を担いで、先発した日から次の先発までの間はひげを剃らなかった。また、登板日には赤い下着を身に付けていた。

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1984 CIN 3 3 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 95 23.1 27 0 5 0 0 14 1 0 4 4 1.54 1.37
1985 38 38 6 4 3 20 9 0 -- .690 1083 261.1 242 29 73 8 3 155 2 0 111 103 3.55 1.21
1986 39 39 4 2 1 14 13 0 -- .519 1016 243.1 225 26 70 6 1 147 3 0 123 103 3.81 1.21
1987 32 31 2 0 0 10 13 0 -- .435 791 183.0 201 27 61 7 5 117 2 4 107 102 5.02 1.43
1988 36 36 5 2 1 18 5 0 -- .783 1001 250.2 205 36 64 3 7 124 2 4 98 95 3.41 1.07
1989 37 37 9 2 1 15 12 0 -- .556 1031 249.2 241 31 64 10 3 118 2 1 109 94 3.39 1.22
1990 35 35 2 1 0 15 9 0 -- .625 957 227.2 235 24 52 13 5 99 5 1 98 96 3.80 1.26
1991 36 36 1 0 0 14 14 0 -- .500 983 230.1 241 32 56 4 4 115 3 1 124 107 4.18 1.29
1992 16 16 0 0 0 6 5 0 -- .545 386 87.0 108 6 56 4 4 115 3 1 49 49 5.07 1.56
1993 21 20 0 0 0 7 7 0 -- .500 505 114.0 159 15 20 2 1 53 1 1 61 60 4.74 1.57
1994 7 7 2 1 0 3 1 0 -- .750 169 40.2 34 8 13 1 1 22 1 0 20 19 4.20 1.16
1995 KC 2 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 49 10.0 13 2 5 0 0 3 0 0 9 9 8.10 1.80
通算:12年 302 300 31 12 6 123 90 0 -- .577 8066 1921.0 1931 236 511 61 32 1000 25 13 913 841 3.94 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]