アーロン・ハラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーロン・ハラング
Aaron Harang
アトランタ・ブレーブス #34
Aaron Harang on September 12, 2013.jpg
メッツ時代(2013年9月12日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1978年5月9日(35歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
260 lb =約117.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1999年 ドラフト6巡目でテキサス・レンジャーズから指名
初出場 2002年5月25日 タンパベイ・デビルレイズ
年俸 $7,000,000(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アーロン・マイケル・ハラング(Aaron Michael Harang, 1978年5月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手投手)。現在はMLBアトランタ・ブレーブスに所属。

経歴[編集]

1996年ボストン・レッドソックスからドラフト22巡目で指名されたが、契約せずサンディエゴ州立大学へ進学。

プロ入り[編集]

1999年テキサス・レンジャーズからドラフト6巡目で指名され入団。

アスレチックス時代[編集]

2000年11月17日、トレードでオークランド・アスレチックスへ移籍した。

2002年5月25日メジャーデビューを果たし、デビュー戦で7回無失点10奪三振とティム・ハドソンに次ぐオークランド移転後の球団史上2人目となる2桁奪三振を奪った投手となった[1]。メジャー2試合目の6月3日の登板では4回まで無失点に抑え、メジャーデビューから11回連続無失点を記録し、1978年ジョン・ジョンソンが記録したデビューから10回連続無失点のオークランド移転後の球団記録を更新[1]。この年5勝4敗、防御率4.83を記録した。

レッズ時代[編集]

2003年シーズン途中の7月30日にホセ・ギーエンとのトレードでシンシナティ・レッズへ移籍。

2004年は6月4日から6月25日にかけて故障者リスト入りとなったが、ポール・ウィルソンの11勝に次ぐチーム2番目の勝ち星を挙げた。2005年には防御率3.83、11勝、163三振を記録しいずれもチーム1位だった[2]。また、投手としての連続打席無安打の記録を更新しそうになった。メジャーリーグ記録は1991年アンディ・ベネスによる50打数ノーヒットだが、ハラングは49打数ノーヒットまで達した[3]

2006年には初の開幕投手を務める。リーグ1位タイの16勝、奪三振は球団史上13年ぶりに200の大台を上回り[4]ジェイク・ピービーを1つ上回るリーグ最多216三振を記録した。1956年にサイ・ヤング賞が制定されて以降、最多勝最多奪三振のタイトルを同一年に記録したナ・リーグの投手11人全員がサイ・ヤング賞を受賞しているが、過小評価されており[5][6]、投票では0ポイント。

2007年のとして550万ドルを要求したのに対し、球団側は425万ドルを提示したが、2007年2月6日に4年総額3,650万ドル、5年目の2011年は球団オプションの契約で合意[7]。2007年シーズンは自己最多タイの16勝を挙げ、奪三振は自己最高の218を記録。7月23日のブルワーズ戦では10回まで投げ、チームは延長12回に2対1で勝利。ナ・リーグで1試合に10回以上投げたのは2005年4月23日のマーク・マルダー以来2年ぶり[8]

2008年はリーグワーストタイの17敗を喫した。

2009年虫垂切除術を行った。

2010年11月3日にFAとなった。

パドレス時代[編集]

2010年12月3日にサンディエゴ・パドレスと契約。

2011年10月31日にFAとなった。

ドジャース時代[編集]

2011年12月8日にロサンゼルス・ドジャースと2年契約を結んだ。

2012年6月7日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で通算100勝を達成。

マリナーズ時代[編集]

2013年4月6日、ラモン・ヘルナンデスとのトレードでコロラド・ロッキーズに移籍。4月11日、スティーブン・ヘンスリーとのトレードでシアトル・マリナーズに移籍した。移籍後は、5勝11負、防御率5.76と振るわず、8月26日にDFAとなり[9]、8月31日に解雇された。

メッツ時代[編集]

2013年9月1日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。AAAのラスベガス・フィフティワンズでプレーした後、メジャーに昇格した。10月31日にFAとなった。

ブレーブス時代[編集]

2014年2月15日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[10]が、3月24日に放出された。同日にアトランタ・ブレーブスと1年契約に合意した[11]

獲得タイトル[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2002 OAK 16 15 0 0 0 5 4 0 0 .556 354 78.1 78 7 45 2 3 64 1 0 44 42 4.83 1.57
2003 7 6 0 0 0 1 3 0 0 .250 136 30.1 41 5 9 0 0 16 0 1 19 18 5.34 1.65
CIN 9 9 0 0 0 4 3 0 0 .571 191 46.0 48 6 10 0 1 26 3 0 28 27 5.28 1.26
'03計 16 15 0 0 0 5 6 0 0 .455 327 76.1 89 11 19 0 1 42 3 1 47 45 5.31 1.41
2004 28 28 1 1 0 10 9 0 0 .526 711 161.0 177 26 53 5 5 125 7 0 90 87 4.86 1.43
2005 32 32 1 0 1 11 13 0 0 .458 887 211.2 217 22 51 3 8 163 6 0 93 90 3.83 1.27
2006 36 35 6 2 1 16 11 0 0 .593 993 234.1 242 28 56 8 8 216 6 1 109 98 3.76 1.27
2007 34 34 2 1 1 16 6 0 0 .727 948 231.2 213 28 52 3 8 218 12 1 100 96 3.73 1.14
2008 30 29 1 1 1 6 17 0 0 .261 793 184.1 205 35 50 5 2 153 2 0 104 98 4.78 1.38
2009 26 26 2 1 0 6 14 0 0 .300 703 162.1 186 24 43 6 4 142 6 0 82 76 4.21 1.41
2010 22 20 0 0 0 6 7 0 0 .462 504 111.2 139 16 38 0 4 82 9 0 71 66 5.32 1.59
2011 SD 28 28 0 0 0 14 7 0 0 .667 719 170.2 175 20 58 4 3 124 3 0 73 69 3.64 1.37
2012 LAD 31 31 0 0 0 10 10 0 0 .500 786 179.2 167 14 85 10 4 131 4 0 85 72 3.61 1.40
2013 SEA 22 22 2 2 1 5 11 0 0 .313 526 120.1 133 21 28 1 5 87 3 0 81 77 5.76 1.34
NYM 4 4 0 0 0 0 1 0 0 .000 100 23.0 20 5 12 0 1 26 1 0 10 9 3.52 1.39
'13計 26 26 2 2 1 5 12 0 0 .294 626 143.1 153 26 40 1 6 113 4 0 91 86 5.40 1.35
通算:12年 325 319 15 8 5 110 116 0 0 .487 8351 1945.1 2041 257 590 47 56 1573 63 3 989 925 4.28 1.35
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Aaron Harang 2002 Career Highlights” (英語). 2008年4月25日閲覧。
  2. ^ 2005 Cincinnati Reds Statistics and Roster - Baseball-Reference.com 2008年1月26日閲覧.
  3. ^ Aaron Harang 2005 Career Highlights” (英語). 2008年4月25日閲覧。
  4. ^ Aaron Harang 2006 Career Highlights” (英語). 2008年4月25日閲覧。
  5. ^ 出野哲也 「夏のトレード出世株ランキング アーロン・ハラング [CIN #39]」 『月刊スラッガー』2008年10月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌15509-10、29頁。
  6. ^ 村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、342項。ISBN 978-4-331-51213-5
  7. ^ Sheldon, Mark (2007年2月6日). “Reds sign Harang to four-year deal” (英語). MLB.com. 2009年7月29日閲覧。
  8. ^ Allegri, Patrick (2007年7月24日). “Valentin wins it after Harang's gem” (英語). MLB.com. 2009年7月29日閲覧。
  9. ^ Harang DFA'd; top prospect Walker could fill spot
  10. ^ Indians sign RHP Aaron Harang”. MLB.com Indians Press Release (2014年2月15日). 2014年2月16日閲覧。
  11. ^ Braves agree to terms with Aaron Harang on one-year contract”. MLB.com Braves Press Release (2014年3月24日). 2014年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]