ラスベガス・フィフティワンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラスベガス・フィフティワンズ
Las Vegas 51s

ネバダ州ラスベガス
創設: 1919年
  • AAA(1983年 - )
所属リーグ
所属メジャーリーグ
歴代チーム名
  • ラスベガス・フィフティワンズ(2001年 - )
  • ラスベガス・スターズ(1983年 - 2000年)
  • スポケーン・インディアンス(1973年 - 1982年)
  • ポートランド・ビーバーズ(1919年 - 1972年)
歴代本拠地

収容人員: 9,334人

  • フェアグラウンズ・レクレーショナルパーク(1973年 - 1983年)
  • シビック・スタジアム(1956年 - 1972年)
  • ボーン・ストリートパーク(1919年 - 1955年)
獲得マイナーリーグタイトル
リーグ優勝 1986・1988
地区優勝 1983・1984・1986・1987
1988・1992・1996・2002
オーナー: スティーブンス・ベースボール・グループ
GM:
監督: ウォーリー・バックマン

ラスベガス・フィフティワンズLas Vegas 51s)は、アメリカ合衆国ネバダ州ラスベガスに本拠地をおくマイナーリーグの野球チームである。ニューヨーク・メッツ傘下のAAA級チーム。愛称は同州のエリア51に由来(ロゴもグレイ)。パシフィック・コーストリーグでプレイする。キャッシュマン・フィールドを本拠地球場としている。

2005年には中村紀洋が在籍。101試合に出場した。また、元日本ハムで、2008年から親球団の打撃コーチに就任したマイク・イースラー2007年まで打撃コーチを務めていた。

2011年から2年間は広島楽天で監督を務めたマーティ・ブラウンが監督として指揮を執った。

経歴[編集]

1919年に「ポートランド・ビーバーズ」として創設。

1961年セントルイス・カージナルスと提携。

1962年カンザスシティ・アスレチックスと提携。

1964年クリーブランド・インディアンスと提携。

1970年ミルウォーキー・ブルワーズと提携。

1971年ミネソタ・ツインズと提携。

1972年にインディアンスと再び提携。

1973年テキサス・レンジャーズと提携。チーム名を「スポケーン・インディアンス」に改名。

1976年にブルワーズと再び提携。

1978年シアトル・マリナーズと提携。

1982年カリフォルニア・エンゼルスと提携。

1983年からパシフィック・コーストリーグに編入し、サンディエゴ・パドレスと提携。チーム名を「ラスベガス・スターズ」に改名。

2001年ロサンゼルス・ドジャースと提携。チーム名を「ラスベガス・フィフティワンズ」に改名。

2008年9月22日にトロント・ブルージェイズと2010年までの2年契約に合意[1]

2010年9月21日にブル―ジェイズと2012年までの2年契約に合意した[2]

2012年9月17日にニューヨーク・メッツと提携することを発表した[3]

選手名鑑[編集]

現役選手[編集]

投手

捕手

内野手

外野手

* 40人ロースター
** 制限選手

2014年4月1日更新   
[公式サイト(英語)より:ロースター 選手の移籍・故障情報]

過去の主な所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jordan Bastian (2008年9月22日). “Jays welcome Las Vegas 51s into fold”. MLB.com. 2014年1月26日閲覧。
  2. ^ Blue Jays extend agreement with Las Vegas”. MLB.com Blue Jays Press Release (2010年9月21日). 2014年1月26日閲覧。
  3. ^ Mets and Las Vegas 51s sign player development contract”. MLB.com Mets Press Release (2012年9月17日). 2014年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]