マイク・キンケード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・キンケード
Mike Kinkade
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州
生年月日 1973年5月6日(40歳)
身長
体重
185 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手捕手一塁手
プロ入り 1995年 MLBドラフト9巡目
初出場 MLB / 1998年9月8日
NPB / 2004年4月2日
最終出場 MLB / 2003年9月28日
NPB / 2004年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 2000年
オリンピック
男子 野球
2000 野球

マイク・キンケードMichael Arthur Kinkade , 1973年5月6日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州出身の元プロ野球選手。ポジションは主に三塁手だが、投手以外の全ポジションをこなす。2004年阪神タイガースに所属し、「キンちゃん」の愛称で呼ばれた。

来歴・人物[編集]

ワシントン州立大学在学中の1994年ミルウォーキー・ブルワーズからドラフト19巡目で指名されるが拒否。翌1995年に再びブルワーズから9巡目で指名され契約。

1998年ニューヨーク・メッツに移籍し、同年9月にメジャーデビュー。1999年4月29日サンディエゴ・パドレス戦でダン・ミセリからメジャー初本塁打を打った。

2000年シドニーオリンピック野球アメリカ合衆国代表として出場し、金メダルを獲得した。またこの年の途中にボルチモア・オリオールズに移籍。翌年から出番が増え始め、2002年からはロサンゼルス・ドジャースに2シーズン所属した後、2004年に阪神に入団。

オープン戦では打率4割をマークするなど好調で、内外野に加えて捕手まで守れるというユーティリティープレイヤーであったことから期待は大きかったが、シーズンに入ると死球の多さに悩まされ、戦線離脱を繰り返した。開幕戦の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)は暴言を吐いたとして、開幕戦では46年ぶりとなる退場処分を受け[1]、開幕7試合目の4月9日中日ドラゴンズ戦で通算6個目の死球をマーチン・バルガスから頭部に受けて途中退場(バルガスは危険球で退場処分)[1]5月11日読売ジャイアンツ戦では死球で左手薬指を骨折し、以降は二軍暮らしが続いた。

その後、8月に入りジョージ・アリアスが不振に陥ったために一軍に昇格する。8月10日横浜ベイスターズ戦で代打でヒットを打ち、翌日の試合ではアリアスに代わって一塁手スタメン出場したが、この試合でダイビングキャッチを試みた際に再び負傷。そのまま二軍に逆戻りし、結局この年限りで退団した。

その後、同年のオフにNPBに新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得するという報道が一部で流れたが実現には至らず、クリーブランド・インディアンスと契約し3Aでプレー。その後2006年にはフロリダ・マーリンズ2007年にはシカゴ・カブスニューヨーク・ヤンキースなどのマイナーでプレー。2008年シアトル・マリナーズの3Aでプレーし引退。

2011年現在、マリナーズ傘下A-(ショートシーズンAクラス)のエバレット・アクアソックスで打撃コーチを務めている。

プレースタイル[編集]

日本ではわずか26試合の出場に留まったが、その26試合で死球が12個と非常に多かった。キンケードの打撃フォームは極端にホームベースに近付いて構えるのが特徴であったが、その分死球が多くなるのではという不安の声がオープン戦の頃から聞かれており、シーズンに入ると、ほぼ2試合に1個のペースで死球を受け、死球を受けるかどうかが注目される珍しい選手であった。4月21日の中日戦では、「わざと右膝を出した」との理由で死球を取り消されたこともある。

打撃は、パワーと広角に打ち分ける柔軟さを活かしたバッティングが持ち味で、阪神入団後のキャンプではパワーを活かした飛距離抜群の柵越えを連発していた。また本塁打を打ったときに全力疾走する姿は萩本欽一にちなんで「キンちゃん走り」と呼ばれた。

守備は、本職の外野の他に一塁、三塁、そして捕手もこなすこともでき、守備機会のあった多くのポジションをどれも無難にこなした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 NYM 3 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1999 28 51 46 3 9 2 1 2 19 6 1 0 0 0 3 2 0 9 1 .196 .245 .413 .658
2000 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
BAL 3 8 7 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 .429 .429 .571 1.000
'00計 5 10 9 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 0 1 0 1 0 .333 .333 .444 .778
2001 61 177 160 19 44 5 0 4 61 16 2 1 0 0 14 3 0 31 8 .275 .333 .381 .715
2002 LAD 37 60 50 7 19 5 0 2 30 11 1 0 0 0 4 6 0 10 2 .380 .426 .600 1.026
2003 88 191 162 25 35 7 0 5 57 14 1 3 0 0 13 16 2 38 8 .216 .282 .352 .634
2004 阪神 26 102 86 13 20 1 1 3 32 7 1 0 0 0 4 0 12 19 6 .233 .353 .372 .725
MLB:6年 222 491 429 56 110 20 1 13 171 48 5 4 0 0 34 28 2 89 19 .256 .314 .399 .713
NPB:1年 26 102 86 13 20 1 1 3 32 7 1 0 0 0 4 0 12 19 6 .233 .353 .372 .725

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 33(1998年 - 2000年)
  • 39(2000年)
  • 17(2001年)
  • 7(2002年 - 2003年)
  • 22(2004年)

脚注[編集]

  1. ^ a b ベースボールマガジン2005年冬季号131ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]