1988年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1988年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックス 4
ボストン・レッドソックス 0
シリーズ情報
試合日程 10月5日 - 10月9日
MVP デニス・エカーズリー(OAK)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 トニー・ラルーサ
シーズン成績 104勝58敗(西地区優勝)
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 ジョー・モーガン
シーズン成績 89勝73敗(東地区優勝)

 < 1987
ALCS
1988

1989 > 

 < 1987
NLCS
1988

1989 > 
1988ワールドシリーズ

1988年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1988 American League Championship Series, ALCS)は、1988年10月5日から10月9日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1988年の対戦は、東地区ボストン・レッドソックスと、西地区オークランド・アスレチックスとの対戦となった。結果は、4勝0敗でオークランド・アスレチックスが14年ぶり13回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは4セーブ、防御率0.00、6奪三振の成績を残したデニス・エカーズリーが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月5日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 6 0
レッドソックス 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 0
  1. : リック・ハニーカット (1-0)  : ブルース・ハースト (0-1)  S: デニス・エカーズリー (1)  
  2. :  OAK – ホセ・カンセコ (1)
  3. 観客動員数: 34,104人 試合時間: 2時間55分

第2試合 10月6日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4 10 1
レッドソックス 0 0 0 0 0 2 1 0 0 3 4 1
  1. : ジーン・ネルソン (1-0)  : リー・スミス (0-1)  S: デニス・エカーズリー (2)  
  2. :  OAK – ホセ・カンセコ (2)  BOS – リッチ・ゲドマン (1)
  3. 観客動員数: 34,605人 試合時間: 3時間14分

第3試合 10月8日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 3 2 0 0 0 0 1 0 0 6 12 0
アスレチックス 0 4 2 0 1 0 1 2 X 10 15 1
  1. : ジーン・ネルソン (2-0)  : マイク・ボッディッカー (0-1)  S: デニス・エカーズリー (3)  
  2. :  BOS – マイク・グリーンウェル (1)
      OAK – カーネイ・ランスフォード (1) デーブ・ヘンダーソン (1) マーク・マグワイア (1) ロン・ハッシー (1)
  3. 観客動員数: 49,261人 試合時間: 3時間14分

第4試合 10月9日[編集]

カリフォルニア州オークランド - オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 0
アスレチックス 1 0 1 0 0 0 0 2 X 4 10 1
  1. : デーブ・スチュワート (1-0)  : ブルース・ハースト (0-2)  S: デニス・エカーズリー (4)  
  2. :  OAK – ホセ・カンセコ (3)
  3. 観客動員数: 49,406人 試合時間: 2時間55分

参考文献[編集]