1980年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1980年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
カンザスシティ・ロイヤルズ 3
ニューヨーク・ヤンキース 0
シリーズ情報
試合日程 10月8日 - 10月10日
MVP フランク・ホワイト(KC)
チーム情報
カンザスシティ・ロイヤルズ(KC)
監督 ジム・フレイ
シーズン成績 97勝65敗(西地区優勝)
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ディック・ハウザー
シーズン成績 103勝59敗(東地区優勝)

 < 1979
ALCS
1980

1981 > 

 < 1979
NLCS
1980

1981 > 
1980ワールドシリーズ

1980年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1980 American League Championship Series, ALCS)は、1980年10月8日から10月10日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1980年の対戦は、東地区ニューヨーク・ヤンキースと、西地区カンザスシティ・ロイヤルズとの対戦となった。結果は、3勝0敗でカンザスシティ・ロイヤルズが球団初となるリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.545、1本塁打、3打点の成績を残したフランク・ホワイトが受賞した。

なお、第2戦でヤンキースの三塁ベースコーチ、マイク・フェラーロが判断ミス。 ロイヤルズが1点をリードして迎えた8回表ヤンキースの攻撃で、一塁走者ウィリー・ランドルフが打者ボブ・ワトソンの二塁打で、フェラーロの指示で本塁に突っ込み、タッチアウト。 ヤンキースオーナーのジョージ・スタインブレナーは激怒し、フェラーロの即時解任を言い渡したが、ヤンキースのディック・ハウザーが拒絶。 このシリーズの終了後に、スタインブレナーはハウザーを解任した。ハウザーは翌1981年のシーズン途中にロイヤルズ監督に就任し、1985年にはチームをワールドシリーズ初優勝に導く。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月8日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 2 0 0 0 0 0 0 0 2 10 1
ロイヤルズ 0 2 2 0 0 0 1 2 X 7 10 0
  1. : ラリー・グーラ (1–0)  : ロン・ギドリー (0–1)  
  2. :  NYY – リック・セロン (1) ルー・ピネラ (1)  KC – ジョージ・ブレット (1)
  3. 観客動員数: 42,598人 試合時間: 3時間00分

第2試合 10月9日[編集]

ミズーリ州カンザスシティ - ロイヤルズ・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 8 0
ロイヤルズ 0 0 3 0 0 0 0 0 X 3 6 0
  1. : デニス・レナード (1–0)  : ルディ・メイ (0–1)  S: ダン・クイゼンベリー (1)  
  2. :  NYY – グレイグ・ネトルズ (1)
  3. 観客動員数: 42,633人 試合時間: 2時間51分

第3試合 10月10日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロイヤルズ 0 0 0 0 1 0 3 0 0 4 12 1
ヤンキース 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 8 0
  1. : ダン・クイゼンベリー (1–0)  : リッチ・ゴセージ (0–1)  
  2. :  KC – フランク・ホワイト (1) ジョージ・ブレット (2)
  3. 観客動員数: 56,588人 試合時間: 2時間59分

参考文献[編集]