1961年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1961年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
シンシナティ・レッズNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月4日 - 10月9日
MVP ホワイティ・フォード(NYY)
のちの殿堂表彰者 ヨギ・ベラ(NYY)
ホワイティ・フォード(NYY)
ミッキー・マントル(NYY)
フランク・ロビンソン(CIN)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ラルフ・ホーク
シーズン成績 109勝53敗
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 フレッド・ハッチンソン
シーズン成績 93勝61敗
ワールドシリーズ
 < 1960 1962 > 

1961年のワールドシリーズは、1961年10月4日から10月9日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第58回ワールドシリーズ。アメリカンリーグが2年連続出場のニューヨーク・ヤンキース。ナショナルリーグは1940年以来21年ぶり出場のシンシナティ・レッズとの対戦となった。結果は4勝1敗でニューヨーク・ヤンキースが3年ぶり19回目の優勝。

MVPは2勝0敗、防御率0.00、7奪三振の成績をあげたホワイティー・フォードが受賞。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
ヤンキース 0 0 0 1 0 1 0 0 X 2 6 0
  1. : ホワイティー・フォード(1-0)  : ジム・オーツール(0-1)  
  2. :  CIN – なし  NYY – エルストン・ハワード(1) ビル・スコーロン(1)
  3. 観客動員数: 62,397人 試合時間: 2時間11分

第2戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 2 1 1 0 2 0 6 9 0
ヤンキース 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 4 3
  1. : ジョーイ・ジェイ(1-0)  : ラルフ・テリー(0-1)  
  2. :  CIN – ゴーディ・コールマン(1)  NYY – ヨギ・ベラ(1)
  3. 観客動員数: 63,083人 試合時間: 2時間43分

第3戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 1 1 1 3 6 1
レッズ 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
  1. : ルイス・アローヨ(1-0)  : ボブ・パーキー(0-1)  
  2. :  NYY – ロジャー・マリス(1) ジョニー・ブランチャード(1)
  3. 観客動員数: 32,589人 試合時間: 2時間15分

第4戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 1 1 2 3 0 0 7 11 0
レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. : ホワイティー・フォード(2-0)  : ジム・オーツール(0-2)  S: ジム・コーツ(1)  
  2. :  NYY – なし  CIN – なし
  3. 観客動員数: 32,589人 試合時間: 2時間27分

第5戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 5 1 0 5 0 2 0 0 0 13 15 1
レッズ 0 0 3 0 2 0 0 0 0 5 11 3
  1. : バド・ダレー(1-0)  : ジョーイ・ジェイ(1-1)  
  2. :  NYY – ジョニー・ブランチャード(2) ヘクター・ロペス(1)  CIN – フランク・ロビンソン(1) ウォーリー・ポスト(1)
  3. 観客動員数: 32,589人 試合時間: 3時間5分

参考文献[編集]