1970年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1970年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ボルチモア・オリオールズAL 4
シンシナティ・レッズNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月10日 - 10月15日
MVP ブルックス・ロビンソン(BAL)
ALCS BAL 3-0 MIN
NLCS CIN 3-0 PIT
のちの殿堂表彰者 アール・ウィーバー(BAL/監督)
ジム・パーマー(BAL)
ブルックス・ロビンソン(BAL)
フランク・ロビンソン(BAL)
スパーキー・アンダーソン
(CIN/監督)
ジョニー・ベンチ(CIN)
トニー・ペレス(CIN)
チーム情報
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
監督 アール・ウィーバー
シーズン成績 108勝54敗
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 102勝60敗
ワールドシリーズ
 < 1969 1971 > 

1970年のワールドシリーズは、1970年10月10日から10月15日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第67回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ西地区の覇者ミネソタ・ツインズを前年に続き破り2年連続の出場のボルチモア・オリオールズナショナルリーグ東地区の覇者ピッツバーグ・パイレーツを破り1961年以来9年ぶりの出場のシンシナティ・レッズとの対戦となった。結果は4勝1敗でボルチモア・オリオールズが4年ぶり2回目の優勝。

MVPは打率.429、2本塁打、6打点の成績をあげたブルックス・ロビンソンが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オリオールズ 0 0 0 2 1 0 1 0 0 4 7 2
レッズ 1 0 2 0 0 0 0 0 0 3 5 0
  1. : ジム・パーマー (1-0)  : ゲーリー・ノーラン (0-1)  S: ピート・リッカート (1)  
  2. :  BAL – ブーグ・パウエル (1) ブルックス・ロビンソン (1) エルロッド・ヘンドリックス (1)  CIN – リー・メイ (1)
  3. 観客動員数: 51,381人 試合時間: 2時間24分

第2戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オリオールズ 0 0 0 1 5 0 0 0 0 6 10 2
レッズ 3 0 1 0 0 1 0 0 0 5 7 0
  1. : トム・フィーバス (1-0)  : ミルト・ウィルコックス (0-1)  S: ディック・ホール (1)  
  2. :  BAL – ブーグ・パウエル (2)  CIN – ボビー・トーラン (1) ジョニー・ベンチ (1)
  3. 観客動員数: 51,381人 試合時間: 2時間26分

第3戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 9 0
オリオールズ 2 0 1 0 1 4 1 0 X 9 10 1
  1. : デーブ・マクナリー (1-0)  : トニー・クロニンガー (0-1)  
  2. :  BAL – ドン・ビュフォード (1) フランク・ロビンソン (1) デーブ・マクナリー (1)
  3. 観客動員数: 51,773人 試合時間: 2時間09分

第4戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 1 1 0 1 0 0 3 0 6 8 3
オリオールズ 0 1 3 0 0 1 0 0 0 5 8 0
  1. : クレイ・キャロル (1-0)  : エディ・ワット (0-1)  
  2. :  CIN – ピート・ローズ (1) リー・メイ (2)  BAL – ブルックス・ロビンソン (2)
  3. 観客動員数: 53,007人 試合時間: 2時間26分

第5戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 6 0
オリオールズ 2 2 2 0 1 0 0 2 X 9 15 0
  1. : マイク・クェイヤー (1-0)  : ジム・メリット (0-1)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン (2) マーブ・レッテマンド (1)
  3. 観客動員数: 45,341人 試合時間: 2時間35分

参考文献[編集]