1972年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1972年のワールドシリーズ
チーム 勝数
オークランド・アスレチックスAL 4
シンシナティ・レッズNL 3
シリーズ情報
試合日程 10月14日 - 10月22日
MVP ジーン・テナス(OAK)
ALCS OAK 3-2 DET
NLCS CIN 3-2 PIT
のちの殿堂表彰者 ディック・ウィリアムズ(OAK/監督)
ローリー・フィンガーズ(OAK)
キャットフィッシュ・ハンター(OAK)
レジー・ジャクソン(OAK)
スパーキー・アンダーソン
(CIN/監督)
ジョニー・ベンチ(CIN)
ジョー・モーガン(CIN)
トニー・ペレス(CIN)
チーム情報
オークランド・アスレチックス(OAK)
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 93勝62敗
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 95勝59敗
ワールドシリーズ
 < 1971 1973 > 

1972年のワールドシリーズは、1972年10月14日から10月22日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第69回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ東地区の覇者デトロイト・タイガースを破り、1931年以来41年ぶりの出場のオークランド・アスレチックスナショナルリーグ東地区の覇者ピッツバーグ・パイレーツを破り2年ぶりの出場のシンシナティ・レッズとの対戦となった。結果は4勝3敗でオークランド・アスレチックスが42年ぶり6回目の優勝。

MVPは打率.348、4本塁打、9打点の成績をあげたジーン・テナスが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

第1戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3 4 0
レッズ 0 1 0 1 0 0 0 0 0 2 7 0
  1. : ケン・ホルツマン (1-0)  : ゲーリー・ノーラン (0-1)  S: ヴァイダ・ブルー (1)  
  2. :  OAK – ジーン・テナス 2 (2)
  3. 観客動員数: 52,918人 試合時間: 2時間18分

第2戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 9 2
レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 6 0
  1. : キャットフィッシュ・ハンター (1-0)  : ロス・グリムズリー (0-1)  S: ローリー・フィンガーズ (1)  
  2. :  OAK – ジョー・ルディ (1)
  3. 観客動員数: 53,224人 試合時間: 2時間26分

第3戦 10月18日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 4 2
アスレチックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 2
  1. : ジャック・ビリンガム (1-0)  : ブルームーン・オドム (0-1)  S: クレイ・キャロル (1)  
  2. 観客動員数: 49,410人 試合時間: 2時間24分

8回の表、ランナーを二人置いてジョニー・ベンチに打席が回った。フルカウントになったところで、監督のディック・ウィリアムズとバッテリーが集まって話し合った。プレーが再開されると捕手のジーン・テナスが立ち上がって一塁を指差した。ベンチは敬遠されると思ってボールを待った。投手のロリー・フィンガースが振りかぶると、テナスは突然座ってボールを待ち構えた。ベンチは騙され、見逃し三振に打ち取られてしまった。

第4戦 10月19日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 7 1
アスレチックス 0 0 0 0 1 0 0 0 2 3 10 1
  1. : ローリー・フィンガーズ (1-0)  : クレイ・キャロル (0-1)  
  2. :  OAK – ジーン・テナス (3)
  3. 観客動員数: 49,410人 試合時間: 2時間06分

第5戦 10月20日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッズ 1 0 0 1 1 0 0 1 1 5 8 0
アスレチックス 0 3 0 1 0 0 0 0 0 4 7 2
  1. : ロス・グリムズリー (1-1)  : ローリー・フィンガーズ (1-1)  S: ジャック・ビリンガム (1)  
  2. :  CIN – ピート・ローズ (1) デニス・メンキー (1)  OAK – ジーン・テナス (4)
  3. 観客動員数: 49,410人 試合時間: 2時間26分

第6戦 10月21日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 7 1
レッズ 0 0 0 1 1 1 5 0 X 8 10 0
  1. : ロス・グリムズリー (2-1)  : ヴァイダ・ブルー (0-1)  S: トム・ホール (1)  
  2. :  CIN – ジョニー・ベンチ (1)
  3. 観客動員数: 52,737人 試合時間: 2時間21分

第7戦 10月22日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アスレチックス 1 0 0 0 0 2 0 0 0 3 6 1
レッズ 0 0 0 0 1 0 0 1 0 2 4 2
  1. : キャットフィッシュ・ハンター (2-0)  : ペドロ・ボーボン (0-1)  S: ローリー・フィンガーズ (2)  
  2. 観客動員数: 56,040人 試合時間: 2時間50分

参考文献[編集]