1984年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1984年のワールドシリーズ
チーム 勝数
デトロイト・タイガースAL 4
サンディエゴ・パドレスNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月9日 - 10月15日
MVP アラン・トランメル(DET)
ALCS DET 3-0 KC
NLCS SD 3-2 CHC
のちの殿堂表彰者 スパーキー・アンダーソン
(DET/監督)
ディック・ウィリアムズ(SD/監督)
リッチ・ゴセージ(SD)
トニー・グウィン(SD)
チーム情報
デトロイト・タイガース(DET)
監督 スパーキー・アンダーソン
シーズン成績 104勝58敗
サンディエゴ・パドレス(SD)
監督 ディック・ウィリアムズ
シーズン成績 92勝70敗
ワールドシリーズ
 < 1983 1985 > 

1984年のワールドシリーズは、1984年10月9日から10月15日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第81回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ西地区の覇者カンザスシティ・ロイヤルズを破り1968年以来16年ぶり出場のデトロイト・タイガースナショナルリーグ東地区の覇者シカゴ・カブスを破り初出場を果たしたサンディエゴ・パドレスとの対戦となった。結果は4勝1敗でデトロイト・タイガースが16年ぶり4回目の優勝。

MVPは打率.450、2本塁打、6打点の成績をあげたアラン・トランメルが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月9日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 1 0 0 0 2 0 0 0 0 3 8 0
パドレス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 8 1
  1. : ジャック・モリス (1-0)  : マーク・サーモンド (0-1)  
  2. :  DET – ラリー・ハーンドン (1)
  3. 観客動員数: 57,908人 試合時間: 3時間18分

第2戦 10月10日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 7 3
パドレス 1 0 0 1 3 0 0 0 X 5 11 0
  1. : アンディ・ホーキンス (1-0)  : ダン・ペトリー (0-1)  S: クレイグ・レファーツ (1)  
  2. :  SD – カート・ベバッカ (1)
  3. 観客動員数: 57,911人 試合時間: 2時間44分

第3戦 10月13日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パドレス 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 10 0
タイガース 0 4 1 0 0 0 0 0 X 5 7 0
  1. : ミルト・ウィルコックス (1-0)  : ティム・ローラー (0-1)  S: ウィリー・ヘルナンデス (1)  
  2. :  DET – マーティ・カスティーヨ (1)
  3. 観客動員数: 51,970人 試合時間: 3時間11分

第4戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パドレス 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 5 2
タイガース 2 0 2 0 0 0 0 0 X 4 7 0
  1. : ジャック・モリス (2-0)  : エリック・ショウ (0-1)  
  2. :  SD – テリー・ケネディ (1)  DET – アラン・トランメル 2 (2)
  3. 観客動員数: 52,130人 試合時間: 2時間20分

第5戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
パドレス 0 0 1 2 0 0 0 1 0 4 10 1
タイガース 3 0 0 0 1 0 1 3 X 8 11 1
  1. : アウレリオ・ロペス (1-0)  : アンディ・ホーキンス (1-1)  S: ウィリー・ヘルナンデス (2)  
  2. :  SD – カート・ベバッカ (2)  DET – カーク・ギブソン 2 (2) ランス・パリッシュ (1)
  3. 観客動員数: 51,901人 試合時間: 2時間55分

エピソード[編集]

参考文献[編集]