ドミノ・ピザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドミノ・ピザ
Domino’s Pizza, Inc.
Domino pizza logo.svg
種類 public
市場情報 NYSEDPZ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州アナーバー
設立 1960年
業種 サービス業
事業内容 宅配ピザ
代表者 Tom Monaghan 創業者
J. Patrick Doyle CEO
従業員数 14万5000人
外部リンク http://www.dominos.com/
テンプレートを表示
ドミノ・ピザ本社ビル
ドミノ・ピザが出店している国(赤)

ドミノ・ピザDomino’s Pizza, Inc.)は、アメリカの宅配ピザチェーン店。現在世界の60カ国で10,000店舗以上を展開している

概要[編集]

1960年アメリカミシガン州イプシランティの学生街にあった「ドミニックス・ピッツァ」という小さなピザショップを、創業者のトーマス・S・モナハンが買収した。これが、ドミノ・ピザの始まりである。

「手作りならではの味を食卓へ届ける」、「30分を超えた場合は50セント引き」というシステムが、アメリカでたくさんの支持を集めた。このシステムは、アメリカだけでなく、アジアヨーロッパオーストラリアなど、世界中で親しまれている。

現在の本社は、ミシガン州アナーバーにある。

日本での展開[編集]

株式会社ドミノ・ピザ ジャパン
Domino's Pizza Japan,Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 101-0032
東京都千代田区岩本町1-10-3 紀繁ビル4,5階
設立 1964年3月
業種 小売業
事業内容 宅配ピザチェーン「ドミノ・ピザ」運営
代表者 代表取締役社長 スコット・オルカー
資本金 16億6731万円
売上高 192億円(2012年3月現在)
従業員数 正社員350名・アルバイト約4800名
主要株主 株式会社ベインキャピタル 100%
外部リンク http://www.dominos.jp/corporate/
テンプレートを表示

日本では株式会社ドミノ・ピザ ジャパンが展開。

同社は、本家の米国ドミノ・ピザ社とフランチャイズ契約を締結して、1985年昭和60年)9月30日に東京・恵比寿で1号店をオープンした。その後は様々な宅配チェーンが参入しているが、宅配バイクや厨房機器など店舗運営システムの多くは同社が日本で最初に導入している。

本家アメリカのドミノ・ピザは、主に自動車にて配達を行っているが、開業当時、日本の道路事情にあった配達手段として、通称「ドミノジャイロ」と呼ばれる三輪バイク(ホンダジャイロに屋根を付けて改造)を開発した。

日本では☆や♡の形の生地が注文可能である(テレビ朝日シルシルミシル』で放送)。

ちなみに、1985年(昭和60年)に日本国内で営業開始したばかりのドミノ・ピザに浅野秀則(後にピザーラを展開する株式会社フォーシーズ社長に就任)がフランチャイズ加盟申請するも直営店主義を理由に断られ、浅野は自ら宅配ピザチェーンを設立することを決意し、1987年(昭和62年)4月に東京・目白で1号店をオープンしたのがピザーラが誕生したきっかけである。

ドミノ・ピザ ジャパン[編集]

2010年平成22年)3月までの沿革はヒガ・インダストリーズ#旧会社も参照。

創業当時の社名は株式会社ワイ・ヒガコーポレーション。創業者はハワイ生まれ日系3世のアーネスト・エム・比嘉。

  • 1985年昭和60年)、米国ドミノ・ピザとライセンス契約を結ぶ。第1号店を東京・恵比寿にオープン。
  • 1994年平成6年)、株式会社ワイ・ヒガコーポレーションから、株式会社ヒガ・インダストリーズに社名変更。
  • 2004年(平成16年)、地方においてフランチャイズ契約による店舗を展開する。
  • 2006年(平成18年)8月、株式会社ダスキンと資本業務提携したことから、大株主は大和証券系の投資ファンド「大和SMBCキャピタル」が約44%出資し、株式会社ダスキンが同じく約44%となった[1]。この年からアメリカのファストカジュアル形式のサンドイッチチェーンであるクイズノス・サブQuiznos Sub)とのフランチャイズ契約を締結し、2006年(平成18年)から日本において同ブランドのチェーン展開を行ったが、2009年(平成21年)に撤退している。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月、ダスキンは、相乗効果が見込めないことから、保有する全株式44%を、アメリカのドミノ・ピザ社の筆頭株主であるベインキャピタルに約26億4000万円で売却[2]。ベインキャピタルは、すべての株式を取得して完全子会社化を予定。
    • 2月、ベインキャピタルの完全子会社となる。また、代表取締役社長には、スコット・オルカーが就任。
    • 3月、株式会社ドミノ・ピザ ジャパン(英文社名:Domino's Pizza Japan,Inc.)に社名変更。
  • 2013年(平成25年)、日本国内で250店舗目となる小田原店をオープン。

なお、アーネスト・エム・比嘉は現在、別会社「ヒガ・インダストリーズ」(旧称「ヒガ・インターナショナル」)の会長だが、ドミノ・ピザ ジャパンとの資本関係はない。

コラボ[編集]

プロモーション活動[編集]

割引券がゲットできるコラボアプリ[編集]

ジー・モードによって制作されたゲームアプリが2005年(平成17年)2月28日より配信された。ゲームで一定の条件をクリアすると割引クーポンが発行され実際に利用できる。現在もダウンロードできるがプレイはできず、注文専用のアプリになっている。

時給250万円のアルバイト募集[編集]

ドミノピザの日本進出25周年記念として、2010年(平成22年)11月に「時給250万円」のアルバイト社員1名を募集するキャンペーンを発表した。応募資格は18歳以上であれば経験不問とされ、採用選考は『テレビブロス』が担当し、清水ミチコ光浦靖子岩井志麻子辛酸なめ子の計四名が面接官となって最終面接を行った。

応募総数10895名の中から選ばれたのは宮城県在住の主婦で、仕事内容は調布飛行場から飛行機に乗り伊豆大島までピザの配達を行うというものだった。[3]

The 25th Anniversary イケメンドミノ25コンテスト[編集]

2011年(平成23年)1月14日から2月6日にかけてホームページ上にて投票によってドミノ・ピザスタッフ26名の中から1名イケメンを決めようというイベントが開催されていたが、暫定一位だったNo.15(社員)を抜いて、No.11が数時間で100万票以上獲得して1位に浮上するなど、かつてネット上で問題となった川崎祭と類似した大量投票が目立つようになった。そのため、投票システムの不備を理由にイベントは中止となった。

Domino's App feat. 初音ミク[編集]

2013年(平成25年)7月17日から2014年(平成26年)3月9日までVOCALOIDである初音ミクとコラボし、iOSアプリで提供されたサービス、AR拡張現実)を利用し初音ミクの写真が取れる「ソーシャルピザカメラ」やアプリからの注文で届く「スペシャルボックス」を利用したPizza Stage Live、注文回数に合わせて壁紙が貰える壁紙コレクションなどさまざまなサービスが行われた。 サービス終了後でもソーシャルピザカメラなどのサービスは利用可能。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]