ベルティヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン=ルイ島にあるベルティヨンと、その店頭にできる行列。2003年撮影。

ベルティヨン(またはベルティオン : Berthillon)は、フランスパリ4区サン=ルイ島内に本店を置くアイスクリームを中心にした飲食店である。

概要[編集]

1954年創業。サン=ルイ島内中央を東西に貫くサン=ルイ=アン=リル通り29番地から31番地に店舗を構える(座標:北緯48度51分6.1秒東経2度21分24.1秒)。このサン=ルイ=アン=リル通りには他にもアイスクリームを売る店舗が並んでいるが、日本旅行ガイドブックではこの店だけを紹介していることが多い。隣りのシテ島にあるノートルダム寺院からサン=ルイ橋を経て徒歩約5分である。また、最寄駅はセーヌ川の対岸にあるパリメトロ7号線ポン・マリー駅で、そこからマリー橋を経て徒歩約4分である。なお、店名のベルティヨンは創業者の名前であり、現在はその子孫であるショーヴァン家が経営している。

特徴[編集]

店舗は通りに面した売店と、併設喫茶店により構成されている。アイスクリームとシャーベットレシピが70種以上あるとされる。それらは牛乳砂糖クリームココアバニラ果物等の自然の材料のみで作られ、防腐剤人工甘味料食品添加物を用いないのが特徴とされる。一方、併設喫茶店ではイチゴのメルバが名物とされる(メルバは一般的にはを使ったピーチ・メルバを指すことが多い)。

なお、パリの多くの家族経営店がそうであるように、このベルティヨンも、夏季の一時期休業となる(8月の最後の2週間であることが多い。日本の旅行ガイドブックでは7月下旬~8月としているものもある)。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]