ハワード・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハワード・ジョンソン
Howard Johnson
シアトル・マリナーズ コーチ #10
Howard Johnson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州クリアウォーター
生年月日 1960年11月29日(53歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
178 lb =約80.7 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手(主に三塁手), 外野手
プロ入り 1979年 1月二次ドラフト1巡目(全米12位)でデトロイト・タイガースから指名
初出場 1982年4月14日
最終出場 1995年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ハワード・ジョンソンHoward Michael Johnson , 1960年11月29日 - )はアメリカMLBの元選手(三塁手遊撃手外野手)。右投両打。アメリカ合衆国フロリダ州クリアウォーター出身。ニックネームは「HO JO」(ホー ジョー、HOWARDのHOとJOHNSONのJOの部分を合わせた)。

経歴[編集]

デトロイト・タイガースまで[編集]

クリアウォーター高校では投手を務め、卒業時の1978年のドラフト会議でニューヨーク・ヤンキースから23巡目に指名されるが、セントピータース大学への進学をちらつかせて入団せず、翌年1月の追加ドラフトでデトロイト・タイガースから1巡指名され、契約した。

すぐに内野手に転向し、1981年にはAA級バーミンガムで22本塁打を打ち、翌1982年4月14日にメジャーデビューを果たした。しかし打率.188と不振で、5月にはマイナー降格となった。8月中旬にメジャーに再昇格を果たすと、9月には打率.405の好成績を収めた。翌1983年の開幕はメジャーで迎えることができたが、打撃不振のため5月には再びマイナー降格となり、そのまま再昇格はならなかった。1984年は主にトム・ブルッケンズとプラトーンでの起用で116試合に出場し、12本塁打を放つ。この年チームはワールドシリーズサンディエゴ・パドレスを破ってワールドチャンピオンとなった。シーズン終了後、ウォルト・テレルとの交換でニューヨーク・メッツに移籍した。

ニューヨーク・メッツ時代[編集]

1985年レイ・ナイトと三塁のポジションを争うが、ショートのラファエル・サンタナの打撃不振もあり、ショートで出場する機会も多かった。翌1986年はさらに新人ケビン・ミッチェル1989年ナ・リーグMVP、のちダイエーにも所属)と三人でサードを争うが、ナイトが開幕から好調で三塁に定着し、ジョンソンはショートを守る機会が多くなった。故障もあって88試合の出場にとどまったが、10本塁打を放った。蛇足だがこのシーズン、ミッチェルは投手・捕手・一塁以外全てのポジションで先発出場を果たすユーティリティー・プレイヤーであった。

1986年7月22日シンシナティ・レッズ戦では延長10回に乱闘で3選手が退場となり、2人のピッチャーが野手として出場する異常事態になったが、この試合の14回にジョンソンが3ランホームランを放って試合を決めている。この年メッツはワールドシリーズボストン・レッドソックスを破り、ジョンソン自身2個目のワールドシリーズリングを手にすることができた。ワールドシリーズでの先発出場は第2戦のみであった。

この年のオフにナイトがFAボルチモア・オリオールズに、ミッチェルがトレードサンディエゴ・パドレスに移籍したこともあり、1987年には開幕から三塁のポジションをつかんだ。この1987年には一気にブレイクし、157試合で打率こそ.265に終わったが、36本塁打99打点、さらに32盗塁を記録し、チームメイトのダリル・ストロベリーともども「The 30-30 Club」(30本塁打30盗塁)の一員となった。同じシーズンで同一チームで2人が30-30を達成するのは史上初であった。ただし守備の方は相変わらず不安定で三塁・遊撃合計で26失策を記録し、あわや史上初の「30-30-30」(最後の30は失策)を記録するところであった。この年の36本塁打はスイッチヒッターの本塁打のナ・リーグ記録(当時)を53年ぶりに更新した。

1988年は24本塁打を放つも、打率.230の低打率に終わる。この年終盤に鮮烈なデビューを果たした新人グレッグ・ジェフリーズを三塁に起用してジョンソンをトレードで放出するという噂もされたが、1989年には奮起。ジェフリーズを二塁に追いやり、36本塁打41盗塁を記録。オールスター初出場を果たし、シルバースラッガー賞も受賞した。

1991年に38本塁打30盗塁で通算3度目の「30-30」を達成したが、内野手としての自身の失策の多さと、右翼手ヒュービー・ブルックスの故障もあり、後半に外野に転向。三塁で18失策、遊撃で11失策、そして外野で2失策を記録し、ついに史上初の「30-30-30」を達成してしまった。ただしこの1991年には38本塁打・117打点でナ・リーグの2冠王に輝いている。1991年のシーズン38本塁打、及びナ・リーグでの通算209本塁打はいずれも当時スイッチヒッターのナ・リーグ記録であったが、前者は1996年にメッツの後輩トッド・ハンドリーが41本塁打で更新。後者も1997年に、一時メッツでチームメイトであったボビー・ボニーヤ(当時マーリンズ)によって更新された。

また、この年ナ・リーグの本塁打と打点の2冠王となったが、ナ・リーグのスイッチヒッターでこの2冠を獲得したのは2008年終了時点でジョンソンのみである。スイッチヒッターの打点王もナ・リーグ史上初で、2002年ランス・バークマンが2人目となった。

また、「30-30」を三回達成したのは、当時ボビー・ボンズバリー・ボンズの父)に次いで大リーグ史上二人目であった。現時点で他に3回以上達成したのはボビー、バリーのボンズの親子の他に、現役のアルフォンゾ・ソリアーノ(カブス)のみである。

1992年には外野に完全に転向するが打撃不振で、1993年には再び三塁に戻るも、この年も不振に終わる。1993年限りでフリーエージェントでメッツから移籍した。

以後[編集]

1994年には、その前年に新参入したコロラド・ロッキーズと契約したが、1994年から1995年のMLBストライキのため8月に終わったこのシーズンでの打率は.211に終わり、解雇される。 翌1995年シカゴ・カブスと契約したが、この年も.115の大不振に終わり、8月には解雇され、そのまま引退した。 1996年に、1998年からの新規参入が決まっていたタンパベイ・デビルレイズ傘下のマイナーリーグのコーチとなるが、1997年にメッツで現役復帰を試みるも失敗。その後、メッツとスカウトとして契約。 2001年以降はメッツ傘下のマイナーのコーチ・監督を歴任し、2007年にはメッツの一塁ベースコーチに昇格し、12シーズンぶりにメジャーのユニフォームに袖を通した。2008年は打撃コーチに配置変更され、2010年まで務める。前後するが、2007年のドラフト会議で、息子グレン・ジョンソンがメッツから36巡目に指名されている。

コルクバット疑惑[編集]

1987年には、あまりの急成長に、バットの芯にコルクを詰める「コルクバット」(ルール違反)疑惑が巻き起こった。疑惑をもったヒューストン・アストロズの監督ハル・ラニアーが、ある試合でジョンソンがホームランを打ったバットを回収し、X線検査を行ったところ、結果は「クロ」だったという。ただしその検査結果はあくまでも非公式なもので、他の試合も含めジョンソンのコルクバット使用は立証されず、あくまでも疑惑に終わり、処分は受けなかった。

逆にアストロズのビリー・ハッチャーがこの年9月のシカゴ・カブスとの試合中に、折れたバットからコルクが出てきて「現行犯」であったため、この試合の退場、罰金、及び10試合の出場停止処分を課せられている。ハッチャーは「自分のバットが全部折れたため、投手のデーブ・スミスからバットを借りた。」と言い、当のスミスは「あのバットは投手陣で打撃練習をする時に、『誰が一番打球を飛ばせるか』という賭けをする際に使用するバットだった。」と弁明していた。ジョンソンを挙げようとしたアストロズからコルクバット使用の現行犯が出てきたのは皮肉である。

詳細情報[編集]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1982 DET 54 173 155 23 49 5 0 4 66 14 7 4 1 0 16 1 1 30 3 .316 .384 .426 .810
1983 27 74 66 11 14 0 0 3 23 5 0 0 0 0 7 0 1 10 1 .212 .297 .348 .645
1984 116 402 355 43 88 14 1 12 140 50 10 6 4 2 1 1 40 67 6 .248 .324 .394 .718
1985 NYM 126 428 389 38 94 18 4 11 153 46 6 4 1 4 10 0 34 78 6 .242 .300 .393 .693
1986 88 253 220 30 54 14 0 10 98 39 8 1 1 0 31 8 1 64 2 .245 .341 .445 .786
1987 157 645 554 93 147 22 1 36 279 99 32 10 0 3 83 18 5 113 8 .265 .364 .504 .868
1988 148 594 495 85 114 21 1 24 209 68 23 7 2 8 86 25 3 104 6 .230 .343 .422 .765
1989 153 655 571 104 164 41 3 36 319 101 41 8 0 6 77 8 1 126 4 .287 .369 .559 .928
1990 154 668 590 89 144 37 3 23 256 90 34 8 0 9 69 12 0 100 7 .244 .319 .434 .753
1991 156 658 564 108 146 34 4 38 302 117 30 16 0 15 78 12 1 120 4 .259 .342 .535 .877
1992 100 410 350 48 78 19 0 7 118 43 22 5 0 3 55 5 2 79 7 .223 .329 .337 .666
1993 72 280 235 32 56 8 2 7 89 26 6 4 0 2 43 3 0 43 3 .238 .354 .379 .733
1994 COL 93 269 227 30 48 10 2 10 92 40 11 3 0 3 39 2 0 73 2 .211 .323 .405 .728
1995 CHC 87 206 169 26 33 4 1 7 60 22 1 1 0 2 34 0 1 46 2 .195 .330 .355 .685
通算:14年 1531 5715 4940 760 1229 247 22 228 2204 760 231 77 9 57 692 105 17 1053 61 .249 .340 .446 .786
  • 各年度の太字はリーグ最高

関連項目[編集]

外部リンク[編集]