ボビー・ボニーヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボビー・ボニーヤ
Bobby Bonilla
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク市ブロンクス区
生年月日 1963年2月23日(51歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手, 三塁手, 一塁手
プロ入り 1981年 アマチュア・フリーエージェントとしてピッツバーグ・パイレーツと契約
初出場 1986年4月9日 ミルウォーキー・ブルワーズ
最終出場 2001年10月7日 ヒューストン・アストロズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ボビー・ボニーヤRoberto Martin Antonio "Bobby" Bonilla , 1963年2月23日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークブロンクス区出身の元プロ野球選手。(外野手または三塁手一塁手)。右投両打。

主に1980年代後半から1990年代にかけて活躍した。先祖はプエルトリコ人。

来歴[編集]

ピッツバーグ・パイレーツまで[編集]

1986年4月9日シカゴ・ホワイトソックスでメジャーデビューを果たすが、そのシーズン途中にピッツバーグ・パイレーツに移籍。両球団合計で138試合に出場するが、打率.256、3本塁打と目立った活躍はなかった。当時パイレーツは下位を低迷。財政難もあって高給取りのベテランを放出していた。名将ジム・リーランド(現デトロイト・タイガース監督)を迎え、チームの若返りを図り、当時23歳のボニーヤもそれにマッチすることとなる。

1987年、主に三塁手として起用されたボニーヤは打率.300、15本塁打、77打点と活躍。1988年には159試合で打率.274、24本塁打、100打点の活躍でチームの2位浮上に貢献。また、この年初のオールスター出場を果たした。1990年には外野(ライト)に転向し、レフトバリー・ボンズセンターアンディ・バンスライクとともにナショナルリーグ屈指の外野トリオを形成し、チームは1990年1991年に2年連続地区優勝を果たす。特に1990年には32本塁打、120打点を記録し、MVPに選ばれたボンズに引けを取らない大活躍をした。1991年も18本塁打だが100打点を記録。

しかし、もともと財政難のチームでは年俸が高騰した選手を抱えきれず、ボニーヤもフリーエージェントとなった。ボニーヤの放出後、パイレーツは1992年にもナ・リーグ東地区(当時)優勝(3連覇)を果たすが、全て西地区優勝チームにプレイオフで敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。また、1993年以降はプレイオフはおろか、勝率5割からも遠ざかっている。

ニューヨーク・メッツ以後[編集]

1992年に当時メジャー最高額となる契約でニューヨーク・メッツに移籍。メッツは同時期にエディ・マレービンス・コールマンブレット・セイバーヘイゲン(交換トレードでの獲得)とも高額契約を結ぶ。中でもマレー、ボニーヤ、ハワード・ジョンソンの三人のスイッチヒッターでクリーンナップを固めるという構想であったが、これらはメッツにとっても、またボニーヤにとっても転落の始まりであった。

1991年の5位(6チーム中)からの巻き返しを図ったメッツであったが、1992年は変わらず5位。7チームとなった1993年には新球団フロリダ・マーリンズよりも下の最下位に終わった。東中西三地区に再編され、232日間に及ぶ長期ストライキのためシーズンが途中で終わった1994年こそ5チーム中3位であったが、ペイロール(年俸総額)の高い割には良い成績とは言えなかった。 ボニーヤも地元記者とのトラブルもあり、成績は奮わず、1995年終盤にボルチモア・オリオールズに放出された。

この1995年は28本塁打、99打点。翌1996年にも28本塁打、116打点の活躍を見せ、1997年にはかつての恩師・リーランド率いるマーリンズに移籍した。

球団創設5年目のマーリンズはこの年、初のワールドシリーズ進出を果たし、クリーブランド・インディアンスを破って初の栄冠に輝いた。ボニーヤもこの年17本塁打、96打点と活躍を見せ、ワールドチャンピオンの栄誉に輝いた。 しかし、マーリンズもまた深刻な財政難のため、栄冠に貢献した選手を抱えることができず、ボニーヤも翌1998年マイク・ピアッツァらとのトレードでロサンゼルス・ドジャースに移籍(ピアッツァもすぐのちにメッツに移籍)。この年の不振もあって、1999年にはメッツに放出された。

1999年にメッツはワイルドカードでプレイオフ進出を果たし、ワールドシリーズ進出を賭けてアトランタ・ブレーブスと対戦するが敗北。そのシリーズの第6戦で、途中交代したボニーヤはチームメイトのリッキー・ヘンダーソンとロッカーでトランプに興じたため、メッツを解雇された(一方のヘンダーソンにはお咎めなしであったが、ヘンダーソンも翌2000年途中にシアトル・マリナーズに放出された)。 メッツとの間には契約が残っていたが、残りの590万ドルを2011年以後に支払うことで合意し、これによってボニーヤは2011年から2035年までの間に、利息を含む約3,000万ドル(正確には2,983万1,205ドル)の25分の1を毎年7月1日に手にすることとなる。

2000年はそのブレーブスと契約するが、不振のため一年で解雇され、セントルイス・カージナルスでプレイした2001年を最後に引退している。

ナ・リーグ在籍時に記録した247本塁打は、ナ・リーグのスイッチヒッターのレコードである。

詳細情報[編集]

受賞歴・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1986 CWS 75 271 234 27 63 10 2 2 83 26 4 1 2 1 33 2 1 49 4 .269 .361 .355 .716
PIT 63 225 192 28 46 6 2 1 59 17 4 4 3 0 29 1 1 39 5 .240 .342 .307 .649
'86計 138 496 426 55 109 16 4 3 142 43 8 5 5 1 62 3 2 88 9 .256 .352 .333 .685
1987 141 515 466 58 140 33 3 15 224 77 3 5 0 8 39 4 2 64 8 .300 .351 .481 .832
1988 159 681 584 87 160 32 7 24 278 100 3 5 0 8 85 19 4 82 4 .274 .366 .476 .842
1989 163 698 616 96 173 37 10 24 302 86 8 8 0 5 76 20 1 93 10 .281 .358 .490 .848
1990 160 686 625 112 175 39 7 32 324 120 4 3 0 15 45 9 1 103 11 .280 .322 .518 .840
1991 157 680 577 102 174 44 6 18 284 100 2 4 0 11 90 8 2 67 14 .302 .391 .492 .883
1992 NYM 128 506 438 62 109 23 0 19 189 70 4 3 0 1 66 10 1 73 11 .249 .348 .432 .780
1993 139 582 502 81 133 21 3 34 262 87 3 3 0 8 72 11 0 96 12 .265 .352 .522 .874
1994 108 460 403 60 117 24 1 20 203 67 1 3 0 2 55 9 0 101 10 .290 .374 .504 .878
1995 80 351 317 49 103 25 4 18 190 53 0 3 0 2 31 10 1 48 11 .325 .385 .599 .984
BAL 61 263 237 47 79 12 4 10 129 46 0 2 0 2 23 0 1 31 11 .333 .392 .544 .936
'95計 141 614 554 96 182 37 8 28 319 99 0 5 0 4 54 10 2 79 22 .329 .388 .576 .964
1996 159 692 595 107 171 27 5 28 292 116 1 3 0 17 75 7 5 85 13 .287 .363 .491 .854
1997 FLA 153 648 562 77 167 39 3 17 263 96 6 6 0 8 73 8 5 94 18 .297 .378 .468 .846
1998 28 110 97 11 27 5 0 4 44 15 0 1 0 1 12 1 0 22 6 .278 .355 .454 .809
LAD 72 270 236 28 56 6 1 7 85 30 1 1 0 5 29 3 0 37 10 .237 .315 .360 .675
'98計 100 380 333 39 83 11 1 11 129 45 1 2 0 6 41 4 0 59 16 .249 .326 .387 .713
1999 NYM 60 141 119 12 19 5 0 4 36 18 0 1 0 2 19 1 1 16 4 .160 .277 .303 .580
2000 ATL 114 278 239 23 61 13 3 5 95 28 0 0 0 1 37 2 1 51 3 .255 .356 .397 .753
2001 STL 93 198 174 17 37 7 0 5 59 21 1 1 0 0 23 3 1 53 4 .213 .308 .339 .647
通算:16年 2113 8255 7213 1084 2010 408 61 287 3401 1173 45 57 5 97 912 128 28 1204 169 .279 .358 .472 .830
  • 各年度の太字はリーグ最高

関連項目[編集]

外部リンク[編集]