アンディ・バンスライク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・ヴァンスライク
Andy Van Slyke
シアトル・マリナーズ コーチ #43
Van Slyke.JPG
タイガース時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ユティカ
生年月日 1960年12月21日(53歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
192 lb =約87.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1979年 ドラフト1巡目(全体6位)
初出場 1983年6月17日
最終出場 1995年10月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

アンドルー・ジェイムズ・ヴァンスライクAndrew James Van Slyke, 1960年12月21日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手アメリカ合衆国ニューヨーク州ユティカ出身。

人物・来歴[編集]

1979年MLBドラフトセントルイス・カージナルスから1巡目(全体6位)に指名を受け入団。1983年はAAA級で打率.368・出塁率.445・長打率.582[1]の好成績を挙げ、6月17日シカゴ・カブス戦でメジャーデビュー[2]。同年は打率.262・8本塁打・21盗塁の成績。1984年は打率.244・7本塁打に終わるが、出塁率.354・28盗塁を記録する。1985年ライトのポジションに定着し、打率.259・13本塁打・34盗塁を記録してチームの地区優勝に貢献。ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.091に終わる[3]が、チームはリーグ優勝を果たす。カンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズでも打率.091と不振[3]で、チームも王手をかけてから3連敗を喫し3勝4敗で敗退した。1986年は打率.270・13本塁打・21盗塁の成績だった。1987年開幕直前の4月1日トニー・ペーニャとの交換トレードで、他2選手と共にピッツバーグ・パイレーツに移籍。

同年は6月からセンターに転向[4]。打率.293・21本塁打・82打点・34盗塁・11三塁打を記録し、打撃面で飛躍する。1988年オールスターゲームに初選出される。打率.288・25本塁打・100打点・30盗塁、リーグトップの15三塁打の成績で、シルバースラッガー賞ゴールドグラブ賞を初受賞。以後1992年まで五年連続して同賞を受賞する。1987年頃には「自分がゴールドグラブ賞を獲るためには、3割30本100打点ぐらい打たないと無理だね」と語っていた。というのも、当時のナ・リーグのゴールドグラブ賞は殿堂入りの好打者トニー・グウィンや、強打者のアンドレ・ドーソンエリック・デービスデール・マーフィーらが「常連」であったからなのだが、打撃面の成長もあってか1988年から5年連続での受賞に結びついた。また、この年と1992年にはシルバースラッガー賞を受賞している。

当時のパイレーツはレフトバリー・ボンズライトボビー・ボニーヤと強打者揃いで、その真ん中にあって好守・巧打と俊足を誇り、リーグ最強の外野陣の声もあがった(ただしボンズとは仲が悪く、試合中に口論をしたこともあった)。

1990年から1992年のチームのナ・リーグ東地区3連覇にも貢献するが、チームはこの間一度もワールドシリーズ出場はならなかった。1992年にリーグ最多の199安打を打って、自己最高の打率.324を記録。ボニーヤは1991年限りでニューヨーク・メッツへ、ボンズも1992年限りでサンフランシスコ・ジャイアンツにそれぞれフリーエージェントで移籍し、外野トリオも解体。バンスライク自身も1993年以後は成績が下降し、1995年にはボルチモア・オリオールズに移籍するが、わずか17試合に出場したのみでフィラデルフィア・フィリーズに再度移籍し、その年限りで現役を引退した。

2006年より、パイレーツ時代の監督ジム・リーランドが監督を務めるデトロイト・タイガースで一塁ベースコーチを務める。2006年にはリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズにも出場。2007年オールスターでも一塁ベースコーチを務めた。2009年のシーズン終了後、タイガースを退団した。

息子、アンディ・バンスライク・ジュニアスコット・バンスライクはいずれもマイナーリーガーとなっている。アンディ・ジュニアはカージナルスのマイナー組織でプレイ。スコットは2012年ロサンゼルス・ドジャースでメジャー昇格し、親子メジャーリーガーとなった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1983 STL 101 361 309 51 81 15 5 8 130 38 21 7 2 3 46 5 1 64 4 .262 .357 .421 .777
1984 137 426 361 45 88 16 4 7 133 50 28 5 0 2 63 9 0 71 5 .244 .354 .368 .723
1985 146 475 424 61 110 25 6 13 186 55 34 6 1 1 47 6 2 54 7 .259 .335 .439 .774
1986 137 470 418 48 113 23 7 13 189 61 21 8 1 3 47 5 1 85 2 .270 .343 .452 .795
1987 PIT 157 630 564 93 165 36 11 21 286 82 34 8 3 3 56 4 4 122 6 .293 .359 .507 .866
1988 154 659 587 101 169 23 15 25 297 100 30 9 1 13 57 2 1 126 8 .288 .345 .506 .851
1989 130 531 476 64 113 18 9 9 176 53 16 4 1 4 47 3 3 100 13 .237 .308 .370 .677
1990 136 567 493 67 140 26 6 17 229 77 14 4 3 4 66 2 1 89 6 .284 .367 .465 .832
1991 138 577 491 87 130 24 7 17 219 83 10 3 0 11 71 1 4 85 5 .265 .355 .446 .801
1992 154 685 614 103 199 45 12 14 310 89 12 3 0 9 58 4 4 99 9 .324 .381 .505 .886
1993 83 353 323 42 100 13 4 8 145 50 11 2 0 4 24 5 2 40 13 .310 .357 .449 .806
1994 105 430 374 41 92 18 3 6 134 30 7 0 0 2 52 7 2 72 9 .246 .340 .358 .698
1995 BAL 17 68 63 6 10 1 0 3 20 8 0 0 0 0 5 1 0 15 1 .159 .221 .317 .538
PHI 63 246 214 26 52 10 2 3 75 16 7 0 0 2 28 1 2 41 6 .243 .333 .350 .684
'95計 80 314 277 32 62 11 2 6 95 24 7 0 0 2 33 2 2 56 7 .224 .309 .343 .652
通算:13年 1658 6478 5711 835 1562 293 91 164 2529 792 245 59 12 61 667 55 27 1063 94 .274 .349 .443 .792
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Andy Van Slyke Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月7日閲覧。
  2. ^ 1983 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月7日閲覧。
  3. ^ a b Postseason Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月7日閲覧。
  4. ^ 1987 Batting Gamelogs” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]