ビンス・コールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィンス・コールマン
Vince Coleman
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ジャクソンヴィル
生年月日 1961年9月22日(52歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 外野手
プロ入り 1982年 ドラフト10巡目
初出場 1985年4月18日
最終出場 1997年4月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ヴィンセント・モーリス・コールマンVincent Maurice Coleman, 1961年9月22日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手アメリカ合衆国フロリダ州ジャクソンヴィル出身。ニックネームは「Vincent Van Go」。

経歴[編集]

セントルイス・カージナルス[編集]

フロリダA&M大学時代の1981年に65盗塁を記録し、大学野球のシーズン最多盗塁記録を樹立。同年のMLBドラフトフィラデルフィア・フィリーズから20巡目に指名を受けるが契約せず。1982年のMLBドラフトでセントルイス・カージナルスから10巡目に指名を受け入団。

1983年はA級で本塁打0ながら打率.350・出塁率.431、マイナーリーグのシーズン最多記録となる145盗塁を記録[1]

1984年はAAA級で101盗塁を記録するなど、長打力はないものの俊足ぶりを如何なく発揮。

1985年は開幕をAAA級で迎えたが直後にメジャー昇格、4月18日モントリオール・エクスポズ戦でメジャーデビューし、2盗塁を記録する。その後もハイペースで盗塁を積み重ねてレギュラーを獲得し、ロニー・スミス放出後はレフトに定着。最終的に20世紀以降ではモーリー・ウィルスルー・ブロックリッキー・ヘンダーソンに次ぐ史上4人目のシーズン100盗塁となる110盗塁を記録して最多盗塁のタイトルを獲得し、チームの地区優勝に貢献。ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは試合前の練習で足を故障して離脱。チームはリーグ優勝を果たしたが、カンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズには出場できず、チームも3勝4敗で敗退した。ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では20勝を挙げたトム・ブラウニングら他の有力候補を押しのけて満票で受賞した。

1986年は打率.232ながら2年連続の100盗塁となる107盗塁を記録し盗塁王を獲得。

1987年は打率.289・180安打・121得点・109盗塁を記録する。3年連続100盗塁は20世紀以降では唯一の記録である[2]。チームは2年ぶりの地区優勝を果たす。サンフランシスコ・ジャイアンツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは1盗塁に終わるが、チームはリーグ優勝。ミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは6盗塁を記録したが打率.143、両チーム最多の10三振を喫するなど不振で、チームも3勝4敗で敗退。

1988年は自身初のオールスターゲームに選出され、先発出場を果たした。同年は81盗塁で連続100盗塁は途切れたが、4年連続の盗塁王。1989年は2年連続でオールスターゲームに選出される。自身最少の65盗塁だったが、5年連続の盗塁王を獲得。

1990年は終盤に故障者リスト入りするもののキャリアハイの打率.292・6本塁打を記録し、77盗塁で6年連続の盗塁王を獲得した。オフにフリーエージェントとなり、12月5日ニューヨーク・メッツと4年総額1195万ドルで契約。

ニューヨーク・メッツ[編集]

移籍1年目の1991年は故障で72試合の出場に留まり、期待を大きく裏切る。また「ジャッキー・ロビンソンについて何も知らない」と発言して、ファンや関係者を呆れさせた。

1992年も故障で71試合の出場に終わり、盗塁も自己最少の24。

1993年は4月にクラブハウスでゴルフクラブを振り回し、チームメイトのドワイト・グッデンの腕を負傷させる。シーズンでは大きな故障もなくまずまずの成績を残していたが、7月にドジャー・スタジアムの駐車場でサインを求めてきた大勢のファンに点火した爆竹を投げ込んで負傷させるという事件を起こし、200時間の地域奉仕活動を宣告される。これを受けて球団は残りシーズンの出場停止処分を科した。

カンザスシティ・ロイヤルズ[編集]

1994年1月5日ケビン・マクレイノルズとの交換トレードでロイヤルズに移籍。同年は1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られたが、104試合の出場で打率.240ながらケニー・ロフトンに次ぐリーグ2位の50盗塁、自己最多の12三塁打を記録し、復活の兆しを見せる。

1995年は好調だったが、8月15日に後日発表選手との交換トレードでシアトル・マリナーズに移籍。

シアトル・マリナーズ[編集]

移籍後も好調を維持し、シーズン通算で打率.288・42盗塁を記録してチームの逆転地区優勝に貢献。ニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズでは第2戦でアンディ・ペティットから本塁打を放つものの打率.217に終わる。クリーブランド・インディアンスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは4盗塁を記録するが打率.100に終わり、チームも2勝4敗で敗退。オフにフリーエージェントとなった。

以後[編集]

1996年1月20日シンシナティ・レッズと契約。33試合の出場で12盗塁を記録したものの打率.155に終わり、6月18日に解雇。6月30日カリフォルニア・エンゼルスとマイナー契約するがメジャー昇格はならず、オフに再びフリーエージェントとなる。

1997年1月9日デトロイト・タイガースと契約するが、打率.071の大不振で4月16日に解雇され、そのまま現役引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 STL 151 692 636 107 170 20 10 1 213 40 110 25 5 1 50 1 0 115 3 .267 .320 .335 .655
1986 154 670 600 94 139 13 8 0 168 29 107 14 3 5 60 0 2 98 4 .232 .301 .280 .581
1987 151 702 623 121 180 14 10 3 223 43 109 22 5 1 70 0 3 126 7 .289 .363 .358 .721
1988 153 679 616 77 160 20 10 3 209 38 81 27 8 5 49 4 1 111 4 .260 .313 .339 .652
1989 145 624 563 94 143 21 9 2 188 28 65 10 7 2 50 0 2 90 4 .254 .316 .334 .650
1990 124 539 497 73 145 18 9 6 199 39 77 17 4 1 35 1 2 88 6 .292 .340 .400 .740
1991 NYM 72 318 278 45 71 7 5 1 91 17 37 14 1 0 39 0 0 47 3 .255 .347 .327 .674
1992 71 261 229 37 63 11 1 2 82 21 24 9 2 1 27 3 2 41 1 .275 .355 .358 .713
1993 92 399 373 64 104 14 8 2 140 25 38 13 3 2 21 1 0 58 2 .279 .316 .375 .691
1994 KC 104 477 438 61 105 14 12 2 149 33 50 8 4 5 29 0 1 72 2 .240 .285 .340 .625
1995 75 324 293 39 84 13 4 4 117 20 26 9 2 1 27 1 1 48 7 .287 .348 .399 .747
SEA 40 176 162 27 47 10 2 1 64 9 16 7 3 0 10 1 1 32 1 .290 .335 .395 .730
'95計 115 500 455 66 131 23 6 5 181 29 42 16 5 1 37 2 2 80 8 .288 .343 .398 .741
1996 CIN 33 94 84 10 13 1 1 1 19 4 12 2 1 0 9 0 0 31 0 .155 .237 .226 .463
1997 DET 6 15 14 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .071 .133 .071 .204
通算:13年 1371 5970 5406 849 1425 176 89 28 1863 346 752 177 48 24 477 12 15 960 45 .264 .324 .345 .669
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • ルーキー・オブ・ザ・イヤー:1985年
  • 盗塁王 6回:1985年 - 1990年
  • MLBオールスターゲーム選出 2回:1988年, 1989年
  • 連続盗塁成功:50(1988年9月18日 - 1989年7月26日:MLB記録)

脚注[編集]

  1. ^ 2012年ビリー・ハミルトンが155盗塁を記録して更新。
  2. ^ 19世紀では、1889年 - 1891年にビリー・ハミルトンが3年連続100盗塁を記録している。

外部リンク[編集]