アントニオ・アルフォンセカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントニオ・アルフォンセカ
Antonio Alfonseca
Antonio Alfonseca, Cards vs Phillies, June 24, 2007.jpg
フィリーズ時代(2007年6月24日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ
生年月日 1972年4月16日(42歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
250 lb =約113.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 アマチュア・フリーエージェントとしてモントリオール・エクスポズと契約
初出場 1997年6月17日 デトロイト・タイガース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アントニオ・アルフォンセカAntonio Alfonseca, 1972年4月16日 - )は、ドミニカ共和国ラ・ロマーナ州ラ・ロマーナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

1989年モントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)に入団し、プロ入り。1992年12月の球団拡張ドラフトで新球団フロリダ・マーリンズ(現マイアミ・マーリンズ)へ移籍。1997年6月17日デトロイト・タイガース戦でメジャーデビューを果たし、初勝利を記録。この年、レギュラーシーズン17試合すべてリリーフで登板した。チームはワイルドカードでポストシーズン進出。アルフォンセカはロースターから漏れたが、アレックス・フェルナンデスの故障によりリーグチャンピオンシップシリーズの後、ロースター入りを果たした[1]。ワールドシリーズでは3試合に登板し、6.1回を無失点に抑え、球団史上初のワールドチャンピオンの一員となった。

1998年にメジャーに定着。4月27日コロラド・ロッキーズ戦でメジャー初セーブを挙げ、シーズントータルで58試合に登板し、8セーブを記録した。登板数、セーブ数はともにチーム2位となった[2]1999年は昨年より防御率を0.8点以上改善し、7月11日にシーズン初セーブを記録すると以後クローザーとして起用され、21セーブを記録した。2000年にリーグ最多の45セーブを記録し、球団タイ記録となった。チームの勝利の57%でセーブを記録し、セーブ成功率は91.8%(45/49)で佐々木主浩の92.5%(37/40)に次ぐ両リーグ2位となった[3]

2001年は28セーブを記録し、9月18日に通算100セーブを達成し、9月22日に通算270試合目の登板し、ロブ・ネンの球団記録を更新した[4]。翌年の開幕前の3月にトレードシカゴ・カブスへ移籍した。移籍1年目の2002年は19セーブを記録したが、9回もセーブ機会で記録できずに終わった。オフには投球を安定させるため首脳陣から9キログラムの減量を厳命された[5]。しかし、2003年は60試合に登板するも防御率は5.83に終わり、デビュー年以来のマイナー降格も経験した。

シーズン終了後、アトランタ・ブレーブスへ1年総額150万ドル出来高100万ドルで移籍[6]。迎えた2004年シーズン、79試合に登板し、防御率は2.57と自己ベストを更新。2005年は4年ぶりに古巣マーリンズへ復帰。4月は防御率1.59だったものの、4月22日から故障者リスト入りメジャーに復帰したのは7月26日[7]。復帰後、防御率は8月が5.79で、9月は7.56だった[8]

2006年テキサス・レンジャーズへ移籍。怪我のため19試合の登板に終わった。2007年フィラデルフィア・フィリーズへ。5月25日にクローザーのブレット・マイヤーズが故障者リスト入りとなり、マイヤーズが離脱中はクローザーとして起用され[9]5月26日に5年ぶりにセーブを記録した。2008年は一度もメジャーやマイナーリーグのマウンドに上がること無くシーズンを終了した。

特徴[編集]

球速が最高で100mph(約161km/h)近くまで達する速球に、スライダーチェンジアップを交えた投球をする。

両手両足が全て6本指という多指症で、"El Pulpo" (スペイン語で「タコ」の意)や"Six Fingers" というニックネームをつけられたことがあった。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 FLA 17 0 0 0 0 1 3 0 -- .250 123 25.2 36 3 10 3 1 19 1 0 16 14 4.91 1.79
1998 58 0 0 0 0 4 6 8 -- .400 316 70.2 75 10 33 9 3 46 1 0 32 32 4.08 1.53
1999 73 0 0 0 0 4 5 21 5 .444 325 77.2 79 4 29 6 4 46 1 0 28 28 3.24 1.39
2000 68 0 0 0 0 5 6 45 0 .455 311 70.0 82 7 24 3 1 47 0 2 35 33 4.24 1.51
2001 58 0 0 0 0 4 4 28 0 .500 268 61.2 68 6 15 3 5 40 2 0 24 21 3.06 1.35
2002 CHC 66 0 0 0 0 2 5 19 0 .286 330 74.1 73 5 36 3 3 61 1 0 34 33 4.00 1.47
2003 60 0 0 0 0 3 1 0 9 .750 296 66.1 76 7 27 3 2 51 0 0 43 43 5.83 1.55
2004 ATL 79 0 0 0 0 6 4 0 13 .600 313 73.2 71 5 28 5 0 45 5 0 24 21 2.57 1.34
2005 FLA 33 0 0 0 0 1 1 0 8 .500 118 27.1 29 2 14 4 2 16 1 0 15 15 4.94 1.57
2006 TEX 19 0 0 0 0 0 0 0 8 ---- 74 16.0 23 3 7 0 0 5 0 0 10 10 5.63 1.88
2007 PHI 61 0 0 0 0 5 2 8 15 .714 236 49.2 65 3 27 6 1 24 1 0 31 30 5.44 1.85
通算:11年 592 0 0 0 0 35 37 129 58 .486 2710 613.0 677 55 250 45 22 400 13 2 292 280 4.11 1.51
  • 2007年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Antonio Alfonseca 1997 Career Highlights” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  2. ^ 1998 Florida Marlins Statistics and Roster - Baseball-Reference.com” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  3. ^ Antonio Alfonseca 2000 Career Highlights” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  4. ^ Antonio Alfonseca 2001 Career Highlights” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  5. ^ 『メジャー・リーグ・ベースボール オフィシャルイヤーブック2003』ベースボールマガジン社、2003年、ISBN 9784583612232、71頁
  6. ^ 月刊メジャー・リーグ』2004年3月号、ベースボールマガジン社、2004年、雑誌 08625-3、45頁
  7. ^ Antonio Alfonseca 2005 Career Highlights” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  8. ^ Antonio Alfonseca 2005 Pitching Splits - Baseball-Reference PI” (英語). 2008年6月7日閲覧。
  9. ^ Antonio Alfonseca 2007 Career Highlights” (英語). 2008年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]