多指症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多指(趾)症(たししょう)とは、先天性の形状異常のひとつであり、(足の場合は)が分離形成される段階で、1本の指(趾)が2本以上に分かれて形成される疾患のことである。結果として手足の指の数が6本以上となる。反対に、指の数が少ないのを欠指(趾)症という。手足の先天性異常では比較的多くの割合を占め、様々な症候群に合併する。

多指症のX線写真(左手) 骨格には不完全な部分が見られない。
多趾症のX線写真(左足) 中足骨の形態から小趾が2本あるとわかる

過剰な指(趾)が痕跡的に突き出るもの、細いでぶらぶらする指(趾)がつながっているもの(浮遊型)、完全な指(趾)の形を示すものまで見られさまざまである。

人種的には黒人に多く見られるが、どの人種にも見られ、日本人では手指の場合は拇指(親指)に、足趾の場合は第V趾に多く見られる。

ブラジルには、14人の家族全員が先天的に指の数が多い多指症である例がある[1]

現代、特に先進国では幼いうちに一本を切断し5本指とすることが多い。その際は指(趾)の大きさ、骨や関節、筋腱における異常を検討して切断指(趾)を決める。手術治療を行う場合は指の機能が確立される1歳時までに行うのが主流である。国や時代によっては尊ばれる身体的特徴となる場合もあり、「隋書」の西域伝によると、疏勒では「人手足皆六指产子非六指者不育(皆、手足の指が六指であり、産まれた子が六指に非ぬ場合は育てず)」という風習があったとの記述がある。

多指(趾)症の人物[編集]

なお「マリリン・モンローは左足が6本趾だった」という説があるが、これは誤りである。一枚の水着写真に写った足が光の加減で6本趾のように見えるものの、その数日後に撮られた写真、ならびにそれ以前に撮られた幼少期の写真ではいずれも5本趾であることが確認されている[3]

フィクション[編集]

  • 『時の六本指』(R・A・ラファティ著): 多指症を扱った短編SF。
  • ハンニバル・レクター(『羊たちの沈黙』など)
  • ドク(『HELLSING』)
  • 岩本虎眼(『シグルイ』):多指症を利用した精密な刀裁きを見せるが、仕官を志望する際に政敵にこれを利用されて失敗する。
  • 間久部緑郎(『ブラック・ジャック』第28話「指」) : 幼少時に6本指であったという設定。ただし、多指症への差別的表現や、出自に関する説が書かれたため本作は単行本未収録とされ、後に改作された第227話「刻印」では、幼少時の多指症という設定には触れられていない(幼少時の一コマのみで指が6本で描かれているだけである)。
  • アンジェローニ家のご先祖(篠田真由美著『アベラシオン』): ハプスブルク家にも6本指の人物が存在したことから、彼がハプスブルク家の末裔である証拠とされた。両手の中指が二本ずつある。足は不明。
  • 程蝶衣(『さらば、わが愛/覇王別姫』の主人公): 出生時に左手が6本指であったという設定。そのため京劇俳優養成所への入所を断られそうになり、母親は幼い主人公の6本目の指を切断する。
  • ドン・カバリア(トリックスター):右手の指が6本ある。左手は普通に5本指。足は不明。
  • 右代宮金蔵うみねこのなく頃に):両足の趾が6本ある。死体の身元確認の際に多趾症であることが手がかりとなった。
  • ガタカ』に登場するピアニスト:指が多い欠点を利点に変えているというエピソード。
  • 『螺旋』(サンティアーゴ・パハーレス著):原稿に6本指の指紋がついていたことを手がかりに覆面作家を探しに行くと、6本指の人ばかり数多く暮らす村にたどりつく。

脚注[編集]

  1. ^ “ブラジルの6本指家族、母国代表6度目のW杯優勝に向け応援”. (2014年6月23日). http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0EY0FW20140623 2014年6月27日閲覧。 
  2. ^ 吉川幸次郎「元明詩概説」岩波文庫、P186
  3. ^ 外部リンク(英文): "Marilyn did NOT have six toes on one foot!"

関連項目[編集]