ジェマ・アータートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェマ・アータートン
Gemma Arterton
Gemma Arterton
2013年
本名 Gemma Christina Arterton
生年月日 1986年1月12日(28歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ケント州グレーブゼント
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優・モデル
活動期間 2007年 -
配偶者 ステファノ・カテッリ(2010年 - )
主な作品
007 慰めの報酬
タイタンの戦い
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

ジェマ・クリスティーナ・アータートン(Gemma Christina Arterton, 1986年1月12日 - )は、イギリス女優

来歴[編集]

生い立ち[編集]

イングランドケント州グレーブゼント出身。父親は溶接工、母親は清掃員。生まれたときは両手に指が6本ずつあったが、手術で切断した[1][2]。1989年生まれの妹(ハンナ・ジェーン)がいる。補助金でロンドン王立演劇学校で学ぶ。

キャリア[編集]

2007年に演劇学校在学中にテレビ映画『Capturing Mary』でデビューし、卒業前に『恋の骨折り損』で舞台デビューした。また、同年公開の『聖トリニアンズ女学院』でケリー・ジョーンズ役をシエナ・ミラーとオーディションで争い、ジェマがケリー役を得て、映画デビューした。

2008年公開の『007 慰めの報酬』で約1500人の中からボンドガール(ストロベリー・フィールズ役)に選ばれた[3][4]。 だが実際映画の中ではちょい役で、メインのボンド・ガールは明らかにヒロインを演じ、ポスターにもボンドと2ショットで写っているオルガ・キュリレンコである。 2010年公開のディズニー映画プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』ではヒロインを演じた。

私生活[編集]

2007年には特殊効果技術者のジョン・ノーランと交際。2008年後半まではスペイン人スタントマン、エドワルド・ムニョスと交際し[5]、ムニョスをイギリスに連れて来て、お互いが相手の言葉を学ぶため、英語とスペイン語の教師を雇うほどだった[6]が、半年でアータートンの側から交際する時間がないという理由で破局[7][8]。2010年6月5日、イギリスのアパレル企業に勤めるイタリア人であるステファノ・カテッリとスペインアンダルシアで結婚式を挙げた[9]。2009年、ダウンロード・フェスティバルでプロポーズされたという。左耳の裏側に天使羽根タトゥーを入れている[10]チャールトン・アスレティックFCのファンである[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2007 Capturing Mary リザ テレビ映画
聖トリニアンズ女学院
St Trinian's
ケリー・ジョーンズ
2008 Three and Out フランキー・キャシディ
ロックンローラ
RocknRolla
ジューン
007 慰めの報酬
Quantum of Solace
ストロベリー・フィールズ
2009 パイレーツ・ロック
The Boat That Rocked
デジー
聖トリニアンズ女学院2
St. Trinian's II: The Legend of Fritton's Gold
ケリー・ジョーンズ
2010 タイタンの戦い
Clash of the Titans
イーオー
アリス・クリードの失踪
The Disappearance of Alice Creed
アリス・クリード
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
Prince of Persia: The Sands of Time
タミーナ王女
Tamara Drewe タマラ・ドリュー
2012 ヘンゼル & グレーテル
Hansel and Gretel: Witch Hunters
グレーテル
アンコール!!
Song for Marion
エリザベス
ビザンチウム
Byzantium
クララ

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2008 ジェイン・オースティンに恋して
Lost in Austen
エリザベス・ベネット
テス
Tess of the d'Urbervilles
テス・ダービフィールド

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ジェマ・アータートン、生まれたときは指が6本あった”. シネマトゥデイ. (2008年10月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0015496 2009年8月6日閲覧。 
  2. ^ Johnson, Chris (2008年10月8日). “'I was born with six fingers on each hand' reveals Bond Girl Gemma Arterton in startling interview” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1070549/I-born-fingers-hand-reveals-Bond-Girl-Gemma-Arterton-startling-interview.html 2009年8月6日閲覧。 
  3. ^ “007シリーズ22作目のボンドガールが正式決定!”. シネマトゥデイ. (2008年1月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0012450 2009年8月7日閲覧。 
  4. ^ Day, Elizabeth (2008年2月3日). “Introducing... Gemma Arterton, the new Bond girl” (英語). guardian.co.uk. http://www.guardian.co.uk/film/2008/feb/03/3 2009年8月7日閲覧。 
  5. ^ “007 actress Gemma finds a real-life Bond with Spanish stuntman” (英語). Mail Online. (2008年8月30日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1050914/007-actress-Gemma-finds-real-life-Bond-Spanish-stuntman.html 2009年8月6日閲覧。 
  6. ^ Graham, Caroline (2008年9月21日). “Lust in translation: Gemma Arterton moves Spanish lover, 19, into her London flat – and hires a language teacher” (英語). Mail Online. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1058805/Lust-translation-Gemma-Arterton-moves-Spanish-lover-19-London-flat--8211-hires-language-teacher.html 2009年8月6日閲覧。 
  7. ^ “『007/慰めの報酬』のボンドガール、ジェマ・アータートンが恋人と破局”. シネマトゥデイ. (2008年12月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0016231 2009年8月6日閲覧。 
  8. ^ “'We're too young': Bond girl Gemma Arterton ends it with her stuntman lover” (英語). Mail Online. (2008年12月7日). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1092525/Were-young-Bond-girl-Gemma-Arterton-ends-stuntman-lover.html 2009年8月6日閲覧。 
  9. ^ http://sify.com/news/arterton-weds-catelli-news-international-kgimadadjdj.html
  10. ^ http://www.musicrooms.net/showbiz/6708-Gemma-Arterton-Says-Getting-Her-Bikini-Line-Waxed-Worser-Than-Getting-Tattoo.html
  11. ^ http://twitter.com/CAFCofficial/status/11690884555

外部リンク[編集]