奇形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奇形(きけい、代用字。本来の用字は畸形畸型)とは、主に生物が先天的に肉眼形態上の異常を持っていることを指す。その結果として機能障害をきたすこともある。また、形態上の異常ではない疾患(純粋な機能異常である)精神発達遅滞内分泌障害は奇形とは呼ばれないことが多いが、これらが奇形に合併することも多い。

多指症のX線写真(左手) 通常5本のはずの指が6本ある。

なお、「奇形」は代用表記であることを前述したが、もともと「奇形」は「めずらしい形」という意味を持つ別の語である[1]。例えば芸術作品などにおいて、標準から大きく外れた形態を持つ作品などを「奇形」と表現することもあるが、これが「形」の元からある使い方である。

発生[編集]

動物においては、胎児が成長する段階のなかでも器官が形成される胚芽期に外因・内因の影響を受けることが重要な条件となる。逆に、妊娠後期は器官がほぼ完成されているため外的な有害作用を受けても、奇形という結果につながる可能性は比較的低い。 植物においては、外的要因によるものがほとんどである。

微生物やウイルスにおいては、奇形というよりも突然変異と呼称するべき状況が多く見られ、特に病原体となる細菌やウイルスの突然変異は、対抗手段未開発の新種疾患になるものが多いとして恐れられている。

奇形の原因になりうる要因としては以下のようなものが挙げられる。

心奇形[編集]

先天性心疾患とも。内部リンク参照のこと。

母斑[編集]

母斑とは、皮膚の奇形をいう言葉。内部リンク参照のこと。

化学物質による奇形[編集]

サリドマイド薬禍のように有害物質が奇形の原因になることがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『広辞林』 初版/新訂版。「畸形」の代用表記として定着してしまったため、現在では本来の意味としての使用が事実上できなくなってしまっている。