ジョージ・ホール (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ホール
George Hall
George Hall 1874.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イングランドの旗 イングランド
ステップニー
生年月日 1849年3月29日
没年月日 1923年6月11日(満74歳没)
身長
体重
5' 7" =約170.2 cm
142 lb =約64.4 kg
選手情報
投球・打席 ??投左打
ポジション 外野手
初出場 1871年5月5日
最終出場 1877年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョージ・ウィリアム・ホール(George William Hall、1849年3月29日 - 1923年6月11日)は、19世紀に活躍したメジャーリーグベースボールプロ野球選手。ポジションは外野手イングランドステップニー生まれ。利き腕不詳、左打ち。ナショナルリーグの初代『本塁打王』となったが、1877年の八百長事件に加担し永久追放処分となった。

経歴[編集]

1871年にアメリカ最初のプロ野球リーグである「ナショナル・アソシエーション」が発足した際、ワシントン・オリンピックスに入団しプロ選手となった。1872年から2年間所属したボルチモア・カナリーズでは、88試合に出場し.340前後の打率を残す。守備では主にセンターを守っていた。

1874年にボストン・レッドストッキングス(現:アトランタ・ブレーブス)に移籍しリーグ優勝を経験し、翌年から2年間はフィラデルフィア・アスレチックス(現在のオークランド・アスレチックスとは無関係)に所属した。ホールの通算本塁打数は13本だが、うち9本をアスレチックス在籍時に放っており、1875年の4本塁打はリーグ2位、ナショナルリーグ初年度の5本塁打はリーグ最多の成績であった。

1876年に所属していたアスレチックスがリーグを除名(遠征費が払えず最後まで試合を消化しなかったため)されたことを受け、1877年にルイビル・グレイズに所属する。ルイビルでも打率.323、8本の三塁打を打つなどの活躍をしたが、同年グレイズが起こした八百長試合に加担したとして、ジム・デブリンほか4選手とともに永久追放処分を受けた。1923年にニューヨークで死去。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
365 1671 538 68 54 13 377 251 9* 28 37 - - .322 .337 .451

獲得タイトル・記録[編集]

  • ナショナルリーグ最多本塁打:1876年

出典・外部リンク[編集]