フィラデルフィア・アスレチックス (1860-1876年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フィラデルフィア・アスレチックス(1874年)

ここでは、1871年から1876年まで、ペンシルベニア州フィラデルフィアを本拠地とし、ナショナル・アソシエーションメジャーリーグナショナルリーグに所属していたフィラデルフィア・アスレチックスPhiladelphia Athletics)について記述する。

球団史[編集]

1860年にジェームズ.N.カーンズによって、フィラデルフィアに『アスレチック・ベース・ボール・クラブ』が創設されたのが球団の始まりで、球団の愛称「アスレチックス」もクラブ名から一般に定着したものである。1860年代は実力のあるアマチュアチームとして有名だった。1871年にプロの野球リーグ「ナショナル・アソシエーション」が発足すると、アスレチックスもプロの球団として加盟し、リーグ初年度に強豪だったボストンシカゴを押さえてリーグ優勝を果たす。2年目以降も高い勝率を誇り、ナショナル・アソシエーション5年間の通算勝率は.657にもなる。

ナショナル・アソシエーションが解散した後、アスレチックスは1876年からナショナルリーグに加盟する。しかしチームは前年までの主力選手だったアンソンやマクブライドがシカゴやボストンに移籍してしまった後で、チームは2割台の勝率しか残せなかった。そのうちチームの財政が苦しくなり、遠征費が出せなくなったアスレチックスはシーズン終盤のゲームを消化することを拒否、同じ理由で試合が消化できなかったニューヨーク・ミューチュアルズともども、ナショナルリーグから除名されチームは消滅した。

本球団解散後も「フィラデルフィア・アスレチックス」を名乗るチーム(現在のオークランド・アスレチックスも含む)がいくつか誕生したが、これらの球団とは無関係である。

戦績[編集]

※1871年以降

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1871年 NA 28 21 7 .750 1位 ディック・マクブライド Jefferson Street Grounds
1872年 47 30 14 .682 4位 ディック・マクブライド
1873年 52 28 12 .549 5位 ディック・マクブライド
1874年 55 33 22 .600 3位 ディック・マクブライド
1875年 77 53 20 .726 2位 ディック・マクブライド
キャップ・アンソン
1876年 NL 60 14 45 .237 7位 アル・ライト

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:414(ウェス・フィッシャー)
  • 通算打点数:189(ウェス・フィッシャー)
  • 通算勝利数:149(ディック・マクブライド)
  • 通算奪三振:148(ディック・マクブライド)

出典・外部リンク[編集]