ランス・バークマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランス・バークマン
Lance Berkman
Lance Berkman on June 29, 2011.jpg
カージナルス時代(2011年6月29日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ウェイコ
生年月日 1976年2月10日(38歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1997年 MLBドラフト1巡目(全体16位)でヒューストン・アストロズから指名
初出場 1999年7月16日 タイガース
最終出場 2013年9月28日 エンゼルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリアム・ランス・バークマンWilliam Lance Berkman , 1976年2月10日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ウェイコ出身の元プロ野球選手一塁手外野手、左投両打。

かつてニックネームは体格と風貌から「ファット・エルヴィス(太ったエルヴィス・プレスリー)」と呼ばれていたが、2006年にバークマンがラジオ番組で「自分を何かに例えるならプーマだ」と自らニックネームを提案し、「ビッグ・プーマ (Big Puma)」が浸透していった[1]

現役ではマーク・テシェイラカルロス・ベルトランらと並んでMLBを代表するスイッチヒッター。シーズン40本塁打以上を2度記録しているが、他にこの記録を達成しているスイッチヒッターはMLB史上でもミッキー・マントルだけである[2]

経歴[編集]

4、5歳のころから父親に野球を教わる。投げるときは左、打つ時は右だったため、父親がファンだったミッキー・マントルのようなスイッチヒッターにすることを思いついた。家の裏に古タイヤを吊るし、毎日左右で50回ずつ打たせて練習させた。

ライス大学在籍時の1997年に打率.431・41本塁打・134打点の成績でウェスタン・アスレチック・カンファレンス三冠を達成[3]。ライス大学史上初のカレッジ・ワールドシリーズでバークマンは最優秀選手に選出された[3]。同年6月のドラフト1巡目(全体16位)でアストロズから指名を受け、プロ入り。直後からマイナーリーグA級キシミーで試合に出場。53試合の出場で打率.293・12本塁打・35打点という成績を残した。翌1998年にはAA級ジャクソンに昇格。ここでも122試合で打率.306・24本塁打・89打点と打ちまくり、シーズン途中でAAA級ニューオーリンズに昇格。打率こそ.271と平凡な数字に終わったが、17試合の出場で6本塁打・13打点を記録。

1999年も前年に引き続きニューオーリンズでプレイ。64試合の出場で打率.323・8本塁打・49打点という成績を記録し、シドニー五輪米国代表メンバーに選ばれた。しかし7月16日にメジャーデビューを果たしたため、代表入りは辞退している。メジャーでは打率.237と振るわなかった。翌2000年にメジャーに定着。114試合で打率.297・21本塁打・67打点を記録。また2000年は一時マイナーに落とされていた時期があったが、そこでは31試合で打率.330・6本塁打・27打点を記録している。

この活躍に伴い、シーズン終了後にロジャー・セデーニョをトレードでデトロイト・タイガースへ放出[4]2001年は完全に左翼のレギュラーポジションを奪取。55二塁打を放ち、スイッチヒッターとしてはMLB初となる50二塁打と30本塁打の同時達成を成し遂げた。また、オールスターゲームまでに21試合連続安打を記録し、自身初のオールスター出場を果たした。球団はバークマンと3年総額1050万ドルで契約延長[3]

2002年は開幕から好調。スイッチヒッターとしてオールスター前までに29本塁打を記録したが、これは1961年にミッキー・マントルが記録した29本塁打に並ぶ記録である。2年連続となるオールスター出場を果たし、最終的にはナ・リーグの打点王に輝いた。その活躍を評価され、MVPの投票では3位につけた。

2003年は数字が軒並み低下。2004年には復調し打率.300・30本塁打・100打点を超える成績を残し、地元開催となったオールスターに2年ぶりに選出され、試合前日に行われたホームランダービーではミゲル・テハダに次ぐ2位となった[5]。しかし、シーズン終了後にタッチ・フットボールに興じていた際に右膝の前十字靭帯を断裂してしまい、手術を受けることになった[3]

球団は2005年シーズン終了後にFAとなるバークマンと開幕前の3月に6年総額8500万ドルで契約延長した[6]。前年のけがのため初出場は5月6日と出遅れ、5月こそ1本塁打止まりだったものの、徐々に調子を上げ始め、9月だけで11本塁打を記録。チームをポストシーズン出場へと導き、そこでも14打点を挙げた。翌2006年に記録した45本塁打・136打点は自己最多で、本塁打・打点の球団記録保持者ジェフ・バグウェルの記録に本塁打は2本足りなかったが、打点を9年ぶりに1つ更新した[7]。MVP投票でも3位に入った。

2007年FAで移籍してきたカルロス・リーと並ぶ打線の軸として出場。左打席での打撃不振のため、打率.278・34本塁打・102打点と前年より成績を落とした。

2008年は、前半戦こそ三冠王を争うレベルの成績を残していたが、7月以降はわずか7本塁打しか放てず、29本塁打にとどまった。一方で、2年ぶりに打率.310以上を記録したほか、自己最多の18盗塁も記録した。

2009年7月に左脹脛の肉離れでDL入りを経験するなど、136試合の出場に終わった。最終成績は、2年ぶりに.270台の打率となる。本塁打は25本放ち、10年連続で20本塁打以上、四球97も、9年連続での90四球以上となった。

2010年、アストロズで85試合に出場していたが、打率.245、13本塁打と成績が低迷した。その後、7月末のトレード期限直前にマーク・メランソンジミー・パレデスとの交換でニューヨーク・ヤンキースへとトレードされる。ヤンキースでも37試合で打率.255に留まり、終盤戦ではツープラトン要員に格下げとなって起用された。結局2球団の通算打率、本塁打、出塁率、長打率、OPSが新人のシーズン以来最低の数字となった。オフにFAとなり、セントルイス・カージナルスと1年契約を結んだ。

2011年は4年ぶりの30本塁打となる31本を放つなど打撃が復活し、カムバック賞を受賞した。また自身初のワールドシリーズ制覇にも、第6戦で逆転の2ランホームラン、10回裏に同点タイムリーを放つなどして貢献した。

2012年は膝を痛めてしまい2度の手術、32試合の出場に留まった。

2013年1月5日、引退もささやかれたが、テキサス・レンジャーズと1年1000万ドルで契約した[8]。2011年に「TEXは昨年ワールドシリーズに出場したが、今年の戦力は平均レベル。エイドリアン・ベルトレと長期契約を結んだのは間違いだ」と発言していたため、入団が決まってから謝罪した。10月31日、1200万ドルの契約オプションをレンジャーズが破棄したためFAとなった[9]

2014年1月29日に現役引退を表明した[10]。2月12日には4月5日に行われるアストロズ対エンゼルス戦で、2月11日に引退したロイ・オズワルトと共に古巣・アストロズと1日契約を結び、引退セレモニーを行うことが発表された[11]

選手としての特徴[編集]

アストロズ時代には打者に有利なミニッツ・メイド・パークでプレイしていた事もプラスに働き、フル出場したシーズンには大抵30~40本塁打を放っている。また、ミートも上手く通算打率も.300を超えている。三振はやや多いが、選球眼も優れており、毎年100個前後の四球を選んでいる。

スイッチヒッターだが、右打席ではあまり数字を残していない。MLB全体では右投手の方が多いので、左打席の方が多くなるのは当然だが、打率・出塁率長打率の3つを見てみると、その差は歴然である。これほど成績に開きがあり、2006年は左打席で9.5打席に1本の本塁打を放っている。これは、58本塁打を放った2006年のナ・リーグMVPライアン・ハワード(10.0打席)や、49本塁打のアルバート・プホルス(10.9打席)を凌ぐペースである。バークマン自身は右打席へのこだわりがあり、2004年のオールスターゲーム前日に開催されたホームランダービーでは、右打席で本塁打を連発していた[2]

もともと一塁手だったが、絶大な人気と実績を誇る主砲ジェフ・バグウェルがいたため、メジャーでのプレー機会を考え、外野手コンバートされた。バグウェルの引退後は一塁手に定着したものの、現在でもマイク・ラムらが好調な際は外野を守ることがある。長く外野を守っていたので、一塁守備は平均レベルだが、年々上達してきている。外野守備も守備範囲は広くないものの堅実で、3ポジションとも守ることができる。

性格は良く、2009年にセシル・クーパー監督が解任された時は自身の不振がチームの不振の一因となったこともあり「責任を痛感している」と語った。敬虔なクリスチャンで、若手と気さくに接するまとめ役となっている。

詳細情報[編集]

打席別打撃成績[編集]

打席別 試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 四球 三振 打率 出塁率 長打率 OPS
左打席 1754 4936 1501 338 25 316 1001 967 1017 .304 .420 .575 .995
右打席 866 1555 404 84 5 50 233 234 283 .260 .360 .417 .777
  • 2013年度シーズン終了時[12]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1999 HOU 34 106 93 10 22 2 0 4 36 15 5 1 0 1 12 0 0 21 2 .237 .321 .387 .708
2000 114 417 353 76 105 28 1 21 198 67 6 2 0 7 56 1 1 73 6 .297 .388 .561 .949
2001 156 688 577 110 191 55 5 34 358 126 7 9 0 6 92 5 13 121 8 .331 .430 .620 1.051
2002 158 692 578 106 169 35 2 42 334 128 8 4 0 3 107 20 4 118 10 .292 .405 .578 .982
2003 153 658 538 110 155 35 6 25 277 93 5 3 1 3 107 13 9 108 10 .288 .412 .515 .927
2004 160 687 544 104 172 40 3 30 308 106 9 7 0 6 127 14 10 101 10 .316 .450 .566 1.016
2005 132 565 468 76 137 34 1 24 245 82 4 1 0 2 91 12 4 72 18 .293 .411 .524 .934
2006 152 646 536 95 169 29 0 45 333 136 3 2 0 8 98 22 4 106 11 .315 .420 .621 1.041
2007 153 668 561 95 156 24 2 34 286 102 7 3 0 5 94 11 8 125 11 .278 .386 .510 .896
2008 159 665 554 114 173 46 4 29 314 106 18 4 0 5 99 18 7 108 13 .312 .420 .567 .986
2009 136 562 460 73 126 31 1 25 234 80 7 4 0 4 97 14 1 98 13 .274 .399 .509 .907
2010 85 358 298 39 73 16 1 13 130 49 3 2 0 0 60 4 0 70 12 .245 .372 .436 .808
NYY 37 123 106 9 27 7 0 1 37 9 0 0 0 0 17 3 0 15 6 .255 .358 .349 .707
'10計 122 481 404 48 100 23 1 14 167 58 3 2 0 0 77 7 0 85 18 .248 .368 .413 .781
2011 STL 145 587 488 90 147 23 2 31 267 94 2 6 0 4 92 17 3 93 7 .301 .412 .547 .959
2012 32 97 81 12 21 7 1 2 36 7 2 0 0 0 14 3 2 19 3 .259 .381 .444 .826
2013 TEX 73 294 256 27 62 10 1 6 92 34 0 0 0 0 38 3 0 52 7 .242 .340 .359 .700
通算:15年 1879 7814 6491 1146 1905 422 30 366 3485 1234 86 48 1 54 1201 160 66 1300 147 .293 .406 .537 .943
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡田弘太郎 「知られざる強打者 君はバークマンを見たか」『月刊スラッガー』2008年9月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-9、28 - 30項。
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、333項。ISBN 978-4-331-51213-5
  3. ^ a b c d Lance Berkman Biography” (英語). JockBio. 2008年9月22日閲覧。
  4. ^ The Ballplayers - Lance Berkman” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年9月22日閲覧。
  5. ^ Home Run Derby (2000-2008)” (英語). baseball-almanac.com. 2008年9月22日閲覧。
  6. ^ Astros, Berkman reach six-year deal Outfielder's contract now runs through 2010 season” (英語). MLB.com. 2008年9月22日閲覧。
  7. ^ Houston Astros Batting Leaders” (英語). Baseball-Reference.com. 2008年9月22日閲覧。
  8. ^ Rangers Sign Lance Berkman MLB Trade Rumors
  9. ^ Texas Rangers decline $12 million contract option for Lance Berkman The Dallas Morning News
  10. ^ Richard Justice (2014年1月29日). “After 15-year career, Berkman decides to retire”. MLB.com. 2014年1月31日閲覧。
  11. ^ Astros announce plans to honor Berkman, Oswalt”. MLB.com Astros Press Release (2014年2月12日). 2014年2月13日閲覧。
  12. ^ Lance Berkman Career Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]