アルヴィン・ダーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルヴィン・ダーク
Alvin Dark
Alvin Dark 1953.jpg
1953年当時のダーク
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州コマンチ
生年月日 1922年1月7日
没年月日 2014年11月13日(満92歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1946年
初出場 1946年7月14日 (MLB)
最終出場 1960年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アルヴィン・ダーク(Alvin Ralph Dark、1922年1月7日 - 2014年11月13日)はアメリカ合衆国の元メジャーリーグ選手、監督である。オクラホマ州コマンチ生まれ。

ダークはルイジアナ・ラファイエット大学時代は野球だけでなくアメリカンフットボールでも活躍し、1945年のNFLドラフトフィラデルフィア・イーグルスから指名されたが、兵役後野球を選択した。

1946年にボストン・ブレーブスと契約、7月14日にデビューしこの年15試合に出場した。

翌1947年はマイナーAAAでプレーし、1948年からメジャーに定着した。

1948年、ダークは遊撃手として137試合に出場、打率.322、3本塁打、48打点を記録、新人王に選ばれた(この年までは両リーグ通じて1名が新人王に選出)。またMVP投票でも第3位となった。

1950年にニューヨーク・ジャイアンツへ移籍、1951年と1954年のワールドシリーズに出場した。1955年にルー・ゲーリッグ賞の第1回受賞者となった。

1956年途中にセントルイス・カージナルスへ移籍、1958年途中にはシカゴ・カブスへ、1960年にフィラデルフィア・フィリーズへと移籍を繰り返し、1960年途中から古巣ブレーブス(当時はミルウォーキーに移転していた)へ戻り、同年限りで引退した。

通算14シーズンで1828試合に出場し7219打数2089安打.289、126本塁打、757打点を記録した。

1961年ジャイアンツの監督に就任、翌1962年にはナショナルリーグ優勝を果たし1964年まで務めた。1965年にシカゴ・カブスで1年コーチをした後1966年からカンザスシティ・アスレチックスを2年、続いて1968年から1971年途中までクリーブランド・インディアンズを率いた。1970年と1971年はゼネラルマネージャーも兼任した。1974年にオークランド・アスレチックス監督に就任し1974年のワールドシリーズを制した。翌年も地区優勝を果たしたがこの年限りで退任。1977年にサンディエゴ・パドレスの監督に就任したが成績不振で途中退任、シーズン後半はシカゴ・カブスのコーチに復帰した。監督としては13シーズンで1950試合に指揮を執り、994勝954敗勝率5割1分の成績を残した。

2014年11月13日、92歳で死去[1]

記録・表彰[編集]

メジャーリーグ

メジャーリーグ通算成績[編集]

































O
P
S
1828 7219 2089 358 72 126 1064 757 59 534 430 54 95 .289 .333 .411 .744

脚注[編集]

  1. ^ ダーク元監督が死去 ジャイアンツとアスレチックスをWシリーズ導く スポニチアネックス 2014年11月14日

出典・外部リンク[編集]