2007年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2007年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ボストン・レッドソックスAL 4
コロラド・ロッキーズNL 0
シリーズ情報
試合日程 10月24日 - 10月28日
MVP マイク・ローウェル(BOS)
ALCS BOS 4-3 CLE
NLCS COL 4-0 ARI
チーム情報
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 テリー・フランコーナ
シーズン成績 96勝66敗
コロラド・ロッキーズ(COL)
監督 クリント・ハードル
シーズン成績 90勝73敗
ワールドシリーズ
 < 2006 2008 > 

2007年のワールドシリーズは、2007年10月24日から10月28日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第103回ワールドシリーズ。アメリカンリーグ中地区の覇者クリーブランド・インディアンスを破り3年ぶり出場のボストン・レッドソックスナショナルリーグ西地区の覇者アリゾナ・ダイヤモンドバックスを破り球団創設15年目にして初出場を果たしたコロラド・ロッキーズとの対戦となった。この年のオールスターゲームアメリカンリーグが勝利したため、ボストン・レッドソックスに第1・2・6・7戦を本拠地フェンウェイ・パークで開催できるホームアドバンテージが与えられた。結果は4戦スウィープでボストン・レッドソックスが3年ぶり7回目の優勝。

MVPは打率.400、1本塁打、4打点の成績をあげたマイク・ローウェルが初選出。

エピソード[編集]

  • 両チームとも日本人が所属し、ワールドチャンピオンをかけて対決することや、過去最多3人の日本人(コロラド・ロッキーズからは松井稼頭央が、ボストン・レッドソックスからは岡島秀樹松坂大輔が出場)することもあり、日本でも注目されていた。特に岡島、松坂の両投手は日本人投手がワールドシリーズで登板するのは初めて(先に登板したのは岡島)で、第3戦では先発した松坂が日本人投手のワールドシリーズ初勝利を記録。
  • ロッキーズは10月22日にインターネットで本拠地で開催する入場券を販売をしたが、90分間に850万回のアクセスのため、システム障害が起きてしまい販売を一時停止した。「外部からの悪意ある攻撃があった」[1] とロッキーズが主張し、FBIが調査に乗り出した。23日には販売が再開され、2時間半で5万枚以上が売れた。
  • ワールドシリーズ史上初めて水曜日開幕となった。これはテレビ局の意向でこれまでは土曜日に第1戦を行っていたが、アメリカの家庭は土曜日の夜はほとんど外出してテレビを見ないためである[2]

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月24日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッキーズ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
レッドソックス 3 1 0 2 7 0 0 0 × 13 17 0
  1. : ジョシュ・ベケット(1-0)  : ジェフ・フランシス(0-1)  
  2. :  BOS – ダスティン・ペドロイア (1)
  3. 観客動員数: 36,733人 試合時間: 3時間30分

第2戦 10月25日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロッキーズ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 5 0
レッドソックス 0 0 0 1 1 0 0 0 × 2 6 1
  1. : カート・シリング(1-0)  : ウバルド・ヒメネス(0-1)  S: ジョナサン・パペルボン(1)  
  2. 観客動員数: 36,370人 試合時間: 3時間39分

第3戦 10月27日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 0 6 0 0 0 0 3 1 10 15 1
ロッキーズ 0 0 0 0 0 2 3 0 0 5 11 0
  1. : 松坂大輔(1-0)  : ジョシュ・フォッグ(0-1)  S: ジョナサン・パペルボン(2)  
  2. :  COL – マット・ホリデイ(1)
  3. 観客動員数: 49,983人 試合時間: 4時間19分

第4戦 10月28日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 1 0 0 0 1 0 1 1 0 4 9 0
ロッキーズ 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3 7 0
  1. : ジョン・レスター(1-0)  : アーロン・クック(0-1)  S: ジョナサン・パペルボン(3)  
  2. :  BOS – マイク・ローウェル(1) ボビー・キールティ(1)  COL – ブラッド・ホープ (1) ギャレット・アトキンス(1)
  3. 観客動員数: 50,041人 試合時間: 3時間35分

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=8015 FBI、販売妨害を調査 Wシリーズのチケット 10月28日閲覧
  2. ^ 『中日スポーツ』2007年10月26日付、5面 開幕アラカルト

外部リンク[編集]