ワイルドカードゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワイルドカードゲーム(英語: Wild Card Game)は、野球メジャーリーグベースボール(MLB)におけるポストシーズン試合のひとつ。地区優勝を逃したなかで勝率上位の2球団(ワイルドカード)が、ディビジョンシリーズ進出をかけて1試合で勝敗を決する。2012年のシーズンから導入された。

仕組み[編集]

アメリカンリーグ
西地区 中地区 東地区
ヒューストン・アストロズ シカゴ・ホワイトソックス ボルチモア・オリオールズ
ロサンゼルス・エンゼルス クリーブランド・インディアンス ボストン・レッドソックス
オークランド・アスレチックス デトロイト・タイガース ニューヨーク・ヤンキース
シアトル・マリナーズ カンザスシティ・ロイヤルズ タンパベイ・レイズ
テキサス・レンジャーズ ミネソタ・ツインズ トロント・ブルージェイズ
ナショナルリーグ
西地区 中地区 東地区
アリゾナ・ダイヤモンドバックス シカゴ・カブス アトランタ・ブレーブス
コロラド・ロッキーズ シンシナティ・レッズ マイアミ・マーリンズ
ロサンゼルス・ドジャース ミルウォーキー・ブルワーズ ニューヨーク・メッツ
サンディエゴ・パドレス ピッツバーグ・パイレーツ フィラデルフィア・フィリーズ
サンフランシスコ・ジャイアンツ セントルイス・カージナルス ワシントン・ナショナルズ

メジャーリーグベースボールの30球団は、15球団ずつがアメリカンリーグナショナルリーグに分かれ、さらに両リーグとも5球団ずつ東・中・西の3地区に分かれている(右表参照)。各球団は同リーグ同地区との対戦を中心に、レギュラーシーズン162試合を戦う。この結果、各地区で最も勝率が高い球団(計6球団)が地区優勝となる。地区優勝を果たした球団は、無条件で "ディビジョンシリーズ" (地区シリーズ)へ進出する。

地区優勝を逃した各リーグ12球団ずつのうち、地区に関係なく勝率上位2球団ずつがワイルドカードとなる。この2球団が地区シリーズ進出をかけて対戦する1試合が "ワイルドカードゲーム" である。試合の開催地は、レギュラーシーズンの勝率が高いほうの球団(第1ワイルドカード)の本拠地球場となる。勝った球団は地区シリーズに進出し、リーグ最高勝率の球団と対戦することになる。

なおレギュラーシーズン終了時点で、ある地区の首位に同率で複数球団が並びそのどちらかがワイルドカードとなる場合や、ワイルドカード2枠に3球団以上が並んだ場合、第2ワイルドカード1枠に2球団以上が並んだ場合などは、当該球団間でのプレイオフがワイルドカードゲームに先立ちレギュラーシーズンの延長として開催される。

導入の背景と意義[編集]

MLBでは1994年から東中西3地区制が導入され、これにともなって "ディビジョンシリーズ" (地区シリーズ)およびそこに進出するためのワイルドカード1枠が創設された[† 1]ポストシーズンは、それまで "リーグチャンピオンシップシリーズ" (リーグ優勝決定戦)→ "ワールドシリーズ" の2段階だったのが、地区シリーズ→リーグ優勝決定戦→ワールドシリーズの3段階になり、進出球団も4から8に倍増した。これらの改革は、レギュラーシーズンの消化試合減少につながって盛り上がりが増し[1]、テレビ放映権料をはじめとする収益が拡大するという結果をMLBにもたらした[2]

しかしその一方で、ワイルドカード制度がもたらす弊害もあった。たとえば、地区内で2球団が優勝争いしていても、ワイルドカードがあるためどちらもポストシーズンに出場できるとなれば、優勝争いが盛り上がらない[3]。また、ワイルドカード球団に対する地区優勝球団へのアドバンテージといえば、地区シリーズおよびリーグ優勝決定戦の開幕を本拠地で迎えられることくらいであったため、無理して地区優勝を狙わない球団も出てきた[4]

ワイルドカードゲームは、こうした状況を解消するために考案されたものである。地区優勝すれば無条件で地区シリーズに進出できるのに対し、ワイルドカードだった場合は一発勝負で負ければそこでシーズン終了となるため、必然的に地区優勝争いが重みを増すことになる[3]。加えてワイルドカード球団は、ワイルドカードゲームにエース投手をつぎ込んで勝ったとしても、地区シリーズではそのエース投手がシリーズ後半まで投げられない状態で、1日多く休養を得た地区優勝球団のエース投手と対戦しなければならなくなり、大きなハンデとなる[3]

歴代結果[編集]

アメリカンリーグ[編集]

開催年 第2ワイルドカード
(ビジター球団)
スコア 第1ワイルドカード
(ホーム球団)
2012 ボルチモア・オリオールズ 5-1 テキサス・レンジャーズ
2013 タンパベイ・レイズ 4-0 クリーブランド・インディアンス

ナショナルリーグ[編集]

開催年 第2ワイルドカード
(ビジター球団)
スコア 第1ワイルドカード
(ホーム球団)
2012 セントルイス・カージナルス 6-3 アトランタ・ブレーブス
2013 シンシナティ・レッズ 2-6 ピッツバーグ・パイレーツ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、その年は選手会によるストライキによってシーズンが途中で打ち切られ、ポストシーズンが全試合中止に追い込まれたため、実際の運用は翌1995年から。

出典[編集]

  1. ^ 李啓充 「Lee's Baseball Collumn "LAST INNING" シーリグの治世を振り返る」 『月刊スラッガー』2012年2月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、雑誌15509-2、90頁。
  2. ^ 菊地慶剛MLBのプレーオフを前に改めて考える、「ワイルドカード」制度が成功した理由。」 『Number Web』、2011年9月20日。2014年1月8日閲覧。
  3. ^ a b c 出野哲也 「新労使協定でMLBはどう変わる?」 『月刊スラッガー』2012年2月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、雑誌15509-2、72-74頁。
  4. ^ 豊浦彰太郎 「PLAYOFFS SCHEDULE 新制度導入でプレーオフはどう変わる?」 『月刊スラッガー』2012年11月号、日本スポーツ企画出版社、2012年、雑誌15509-11、41頁。