1940年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1940年のワールドシリーズ
チーム 勝数
シンシナティ・レッズNL 4
デトロイト・タイガースAL 3
シリーズ情報
試合日程 10月2日 - 10月8日
のちの殿堂表彰者 ビル・マケシュニー(CIN/監督)
アーニー・ロンバルディ(CIN)
アール・アベリル(DET)
チャーリー・ゲーリンジャー(DET)
ハンク・グリーンバーグ(DET)
チーム情報
シンシナティ・レッズ(CIN)
監督 ビル・マケシュニー
シーズン成績 100勝53敗
デトロイト・タイガース(DET)
監督 デル・ベイカー
シーズン成績 90勝64敗
ワールドシリーズ
 < 1939 1941 > 

1940年のワールドシリーズは、1940年10月2日から10月8日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第37回ワールドシリーズ。アメリカンリーグは5年ぶり出場のデトロイト・タイガースと、ナショナルリーグが前年惜しくも優勝を逃したシンシナティ・レッズとの対戦となった。結果は4勝3敗でシンシナティ・レッズが前年の雪辱を果たし21年ぶり2回目の優勝。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月2日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 5 0 0 2 0 0 0 0 7 10 1
シンシナティ 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 8 3
  1. : ボボ・ニューサム(1-0)  : ポール・デリンジャー(0-1)  
  2. :  DET – ブルース・キャンベル(1)  CIN – なし
  3. 観客動員数: 31,793人

第2戦 10月3日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 2 0 0 0 0 1 0 0 0 3 3 1
シンシナティ 0 2 2 1 0 0 0 0 0 5 9 0
  1. : バッキー・ウォルターズ(1-0)  : スクールボーイ・ロー(0-1)  
  2. :  DET – なし  CIN – ジミー・リップル(1)
  3. 観客動員数: 30,640人

第3戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 10 1
タイガース 0 0 0 1 0 0 4 2 X 7 13 1
  1. : トミー・ブリッジーズ(1-0)  : ジム・ターナー(0-1)  
  2. :  CIN – なし  DET – ピンキー・ヒギンズ(1) ルディ・ヨーク(1)
  3. 観客動員数: 52,877人

第4戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ 2 0 1 1 0 0 0 1 0 5 11 1
タイガース 0 0 1 0 0 1 0 0 0 2 5 1
  1. : ポール・デリンジャー(1-1)  : ディジー・トラウト(0-1)  
  2. :  CIN – なし  DET – なし
  3. 観客動員数: 54,093人

第5戦 10月6日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 3 0
タイガース 0 0 3 4 0 0 0 1 X 8 13 0
  1. : ボボ・ニューサム(2-0)  : ジュニア・トンプソン(0-1)  
  2. :  CIN – なし  DET – ハンク・グリーンバーグ(1)
  3. 観客動員数: 55,189人

第6戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0
シンシナティ 2 0 0 0 0 1 0 1 X 4 10 2
  1. : バッキー・ウォルターズ(2-0)  : スクールボーイ・ロー(0-2)  
  2. :  DET – なし  CIN – バッキー・ウォルターズ(1)
  3. 観客動員数: 30,481人

第7戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 7 0
シンシナティ 0 0 0 0 0 0 2 0 X 2 7 1
  1. : ポール・デリンジャー(2-1)  : ボボ・ニューサム(2-1)  
  2. :  DET – なし  CIN – なし
  3. 観客動員数: 26,854人

外部リンク[編集]