クロスリー・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスリー・フィールド
Crosley Field
クロスリー・フィールド(1920年)
施設データ
所在地 Findlay St. & Western Ave.
Cincinnati, Ohio
開場 1912年4月11日
閉場 1970年6月24日
取り壊し 1972年
所有者 パウエル・クロスリーJr.
グラウンド 天然芝
建設費 22万5000ドル
設計者 Harry Hake
旧称 レッドランド・フィールド(開場~1933年)
使用チーム • 開催試合
シンシナティ・レッズ(開場~閉場)
収容能力
25,000人(開場時) 、30,000人(1927年) 、
33,000人(1938年) 、30,000人(1948年) 、
29,980人(1952年) 、29,603人(1958年) 、
30,328人(1960年) 、30,274人(1961年) 、
29,603人(1964年) 、29,488人(閉場時)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 328 ft(約100.0 m)
左中間 - 380 ft(約115.8 m)
中堅 - 387 ft(約118.0 m)
右中間 - 383 ft(約116.7 m)
右翼 - 366 ft(約111.6 m)
バックネット - 78 ft(約23.8 m)
フェンス 左翼~右中間 - 18 ft(約5.5 m)
左中間スコアボード - 37 ft(約11.3 m)
右翼 - 10 ft(約3.0 m)

クロスリー・フィールドCrosley Field)はアメリカオハイオ州シンシナティにかつてあった野球場MLBシンシナティ・レッズが開場以来60年近くのあいだ本拠地にしていた。

1912年にレッドランド・フィールドRedland Field)という名称でオープン。1929年に起きた世界恐慌の影響で球団を経営する余裕がなくなったオーナーのシドニー・ウェイルが1934年、実業家のパウエル・クロスリー・ジュニアに45万ドルで球団を売却。同年、新オーナーの名をとって球場名が「クロスリー・フィールド」に変更された。

フィールドの特徴[編集]

  • テラス:左翼手の定位置やや後ろ付近からフェンスにかけてが急な上り坂になっている。1937年の大洪水で球場が21フィート(約6.4メートル)の高さまで水没した際に流れ込んだ土砂がそのまま残ったもの。フィールドを整備する際に平らにせず、球場の名物としてそのまま残した。

主要な出来事[編集]

外部リンク[編集]

前本拠地:
パレス・オブ・ザ・ファンズ
1902 - 1911
シンシナティ・レッズの本拠地
1912 - 1970
次本拠地:
リバーフロント・スタジアム
1970 - 2002
先代:
グリフィス・スタジアム
1937年
MLBオールスターゲーム
開催場
第6回(1938年
次代:
ヤンキー・スタジアム
1939年
先代:
シャイブ・パーク
1952年
MLBオールスターゲーム
開催場
第20回(1953年
次代:
ミュニシパル・スタジアムクリーブランド
1954年