ヌードルズ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヌードルズ・ハーン
Noodles Hahn
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テネシー州ナッシュビル
生年月日 1879年4月29日
没年月日 1960年2月6日(満80歳没)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
初出場 1899年4月18日
最終出場 1906年6月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


ヌードルズ・ハーン(Frank George "Noodles" Hahn ,1879年4月29日 - 1960年2月6日)は、主に1900年代に活躍したアメリカメジャーリーグの野球選手。ポジションは投手テネシー州ナッシュビル生まれ。左投げ左打ち。メジャーの実働は8年ながら20勝を4度、また3年連続でのリーグ最多奪三振を記録した。

経歴[編集]

幼い頃、父親がナッシュビルのピアノ工場に勤めており、ハーンはいつも父親に昼食のスープ麺を届けていたことで、友達から「ヌードルズ」と綽名をつけられたそうだが、[1]本人は何故そういう呼ばれ方をされていたか、その理由を知らなかった。

16歳の時にサザンリーグのチャタヌーガのチームに参加し、その後ウェスタンリーグで投げていた所を当時のシンシナティ・レッズのオーナーだったジョン・ブラッシュの目にとまり、1899年にレッズからメジャーリーグにデビューを果たした。ハーンは1年目から剛速球と鋭いカーブを武器に23勝8敗と活躍し、奪三振145はリーグトップ、また防御率2.68はリーグ3位の成績だった。1900年シーズンは勝ち星に恵まれなかったが、奪三振数は2年続けてリーグトップとなり、1900年7月12日の試合ではノーヒットノーランを達成する。1901年にも奪三振239を記録し、奪った三振の数は3年続けてリーグ最多となった。この年レッズはチーム全体で52勝しかできなかったが、ハーンはそのうちの22勝を挙げている。

ハーンの活躍に当時創設間もないボストン・アメリカンズが高給でのオファーを出し引き抜きを図ったこともあった。自身も1900年にレッズと契約の問題を起こしたりしていたのだが、シンシナティを気に入っていたというハーンは移籍を拒み、1904年までレッズのエースとして多くのイニングを投げ続けた。しかし1905年、ハーンはそれまでの投げすぎもあって腕を痛め、この年13試合に登板しただけで8月にレッズから放出されてしまう。1906年にニューヨーク・ハイランダースと契約したが、6試合に登板しただけでメジャーリーグから引退した。

前後するが、ハーンは絶頂期だった23歳の時に、野球選手を引退した後の職業のことを考えて獣医師の学校に通っており、引退後はその学歴を生かしてアメリカ政府の獣医の検査官をしながら、定期的にクロスリー・フィールドを訪れて打撃練習の投手をつとめたりしていた。自身が68歳になる1946年まで、ハーンはクロスリー・フィールドに自分のロッカーを持っていたそうである。1960年にノースカロライナ州で死去。

通算成績[編集]

投手成績[編集]

数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。























防御率
243 231 2029.1 130 25 94 0 917 1916 27 381 52 28 574 2.55

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:244試合、731打数129安打、本塁打2、打点52、打率.176

脚注[編集]

  1. ^ SABRのバイオグラフィーによれば、母親が作ったスープ麺を売る手伝いをしていたため等、他にも綽名の由来となる説はいくつかあるという。

出典・外部リンク[編集]