ジム・ホイットニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジム・ホイットニー
Jim Whitney
Jim Whitney.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州コンクリン
生年月日 1857年11月10日
没年月日 1891年5月21日(満33歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
172 lb =約78 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手外野手
初出場 1881年5月2日
最終出場 1890年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジム・ホイットニー(James Evans Whitney 、1857年11月10日 - 1891年5月21日)は、1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグの元野球選手。ポジションは投手外野手ニューヨーク州コークリン生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"Grasshopper Jim"グラスホッパー・ジム)。現在のアトランタ・ブレーブスなどで10年間活躍、1881年のナショナルリーグ最多勝利投手。

経歴[編集]

1881年に投手としてボストン・レッドキャップス(現アトランタ・ブレーブス)に入団する。外野手もこなす長身で細身の選手で、外野を駆け回る姿から「グラスホッパー」(=バッタ)のあだ名がついた。同年31勝を挙げてナショナルリーグの最多勝利投手となったが、これはこの年ホイットニーが他のどの投手よりも多く投げたためでもある。チームの全83試合のうち66試合に登板したホイットニーは、先発数、完投数、投球回、被安打、与四球、敗戦数などでリーグ1位の記録を残した。またこの年の暴投数は46にもなり、1883年まで3年続けてリーグ最多の暴投数を記録する。

最も活躍した1883年には37勝21敗の成績で、リーグ最多の345奪三振を挙げ、チームのリーグ優勝に貢献した。しかし5年目の1885年に、18勝32敗と大きく成績を落としてボストンを去ることになる。

その後いくつかの球団を渡り歩き、現役最後の1890年にはアメリカン・アソシエーションのフィラデルフィアでプレーした。野球選手としてはこの年が最後で、翌1891年5月にはニューヨーク州ビンガムトンで若くして亡くなっている。

通算成績[編集]

投手成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。























防御率
413 396 3496.1 191 26 204 2 1571 3598 79 411 27* 214 1154 2.97

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
550 2144 559 113 39 18 316 280 20* 211* 161 1* - .261 .313 .375

獲得タイトル・記録[編集]

  • 最多勝利:1回(1881年)
  • 最多奪三振:1回(1883年)
  • 通算暴投数:214(歴代7位)

出典・外部リンク[編集]