ホーマー・ベイリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホーマー・ベイリー
Homer Bailey
シンシナティ・レッズ #34
HomerBaileyP.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ラグランジ
生年月日 1986年5月3日(28歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト1巡目(全体7位)シンシナティ・レッズから指名
初出場 2007年6月8日 クリーブランド・インディアンス
年俸 $5,350,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・デウィット "ホーマー" ベイリー(David Dewitt "Homer" Bailey, 1986年5月3日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ラグランジ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在はMLBシンシナティ・レッズに所属。ホーマーはあだ名。

経歴[編集]

ラグランジ高校時代の通算成績は41勝4敗、防御率0.98、298イニングを投げ536奪三振。2004年ドラフトシンシナティ・レッズから1巡目(全体7位)の指名を受け入団。

球団は故障を防ぐため2005年まで1試合75球の投球制限を課した[2]。この投球制限がなくなった2006年はシーズン途中にAA級へ昇格を果たし、ピッツバーグで行われたオールスター・フューチャーズゲームに選出され勝利投手となった[3]

2007年6月8日ジャスティン・アップトンに次ぐこの年のリーグ2番目の若さでメジャーデビューを果たした。しかし、スタミナに問題があり、9回の先発登板でクオリティ・スタートは1回しかなかった[4]

故障や制球難で伸び悩んだものの、2010年5月12日ピッツバーグ・パイレーツ戦で初完投・初完封を記録。2011年にはチーム2位タイの9勝を挙げた。

2012年9月28日PNCパークで行われたパイレーツ戦で球団史上15人目のノーヒットノーランを達成した。また、このノーヒットノーラン達成が2012年度ノーヒッター7回目(完全試合と継投での達成を含む)の達成となり、近代野球以降でのメジャーリーグ最多タイ記録となっている。

2013年7月2日グレートアメリカンボールパークでのサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で、自身2度目のノーヒットノーランを達成した。

2014年2月20日にレッズと総額1億500万ドルの6年契約に合意した[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 CIN 9 9 0 0 0 4 2 0 0 .667 205 45.1 43 3 28 1 3 28 1 1 32 29 5.76 1.57
2008 8 8 0 0 0 0 6 0 0 .000 180 36.1 59 8 17 1 0 18 4 1 36 32 7.93 2.09
2009 20 20 0 0 0 8 5 0 0 .615 496 113.1 115 12 52 1 3 86 6 0 61 57 4.53 1.47
2010 19 19 1 1 1 4 3 0 0 .571 465 109.0 109 11 40 6 3 100 3 1 55 54 4.46 1.37
2011 22 22 0 0 0 9 7 0 0 .563 561 132.0 136 18 33 2 5 106 4 0 68 65 4.43 1.28
2012 33 33 2 1 0 13 10 0 0 .565 874 208.0 206 26 52 3 8 168 3 0 97 85 3.68 1.24
2013 32 32 2 1 1 11 12 0 0 .478 849 209.0 181 20 54 2 10 199 5 2 85 81 3.49 1.12
通算:7年 143 143 5 3 2 49 45 0 0 .521 3630 853.0 849 98 276 16 32 705 26 5 434 403 4.25 1.32
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Homer Bailey Contract, Salaries, and Transactions” (英語). Spotrac.com. 2013年3月30日閲覧。
  2. ^ 「注目のルーキーたち 明日のスターを探せ!」『スラッガー』2007年5月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-5、55頁
  3. ^ 2006 All-Star Futures Game Early outburst lifts U.S. past World” (英語). 2008年7月7日閲覧。
  4. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、259項。ISBN 978-4-331-51300-2
  5. ^ Mark Sheldon (2014年2月20日). “Bailey, Reds agree to six-year, $105 million deal”. MLB.com. 2014年2月21日閲覧。

外部リンク[編集]