ウィル・マイヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィル・マイヤーズ
Wil Myers
タンパベイ・レイズ #9
Wil Myers on August 20, 2013.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ノースカロライナ州トマスビル
生年月日 1990年12月10日(23歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2009年 ドラフト3巡目でカンザスシティ・ロイヤルズから指名
初出場 2013年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウィリアム・ブラッドフォード・マイヤーズWilliam Bradford "Wil" Myers , 1990年12月10日 - )は、アメリカ合衆国ノースカロライナ州トマスビル出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBタンパベイ・レイズに所属。

経歴[編集]

2009年のMLBドラフト3巡目(全体91位)でカンザスシティ・ロイヤルズから指名を受ける。1巡目クラスの評価を受けながら、サウスカロライナ大学への進学を表明していたため指名順位が落ちたが、ロイヤルズは1巡目中位に相当する200万ドルの契約金を提示し、8月17日に入団が決まった[1][2]

2010年には1Aと1A+で打率.314、14本塁打、83打点、12盗塁、85四球OPS.934を記録。エリック・ホズマーマイク・ムスターカスと並ぶロイヤルズの超有望株となった。ベースボール・アメリカからは、マイナー全体で10位の有望株とされた。8位にはホズマー、9位にはムスターカスが入り、ロイヤルズから3人がトップ10にランクインした[3]

2011年捕手から外野手にコンバートされた。この年は2Aでプレーしたが、膝を痛めた影響で打率.254、8本塁打と振るわなかった[4]

2012年は2Aと3Aで打率.314、37本塁打、109打点と活躍。本塁打数はダリン・ラフの38本に次いでマイナー2位だった。9月には、ベースボール・アメリカのベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞に選定された[5]12月9日ジェームズ・シールズウェイド・デイビスとのトレードで、ジェイク・オドリッジマイク・モンゴメリーパトリック・レオナードと共にタンパベイ・レイズへ移籍した[6]

2013年はAAA級ダーラム・ブルズで開幕を迎え、6月17日にメジャー昇格を果たした[7]6月18日のダブルヘッダー1試合目・ボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー。6番・右翼でスタメン起用され4打数無安打に終わったが、ダブルヘッダー2試合目のレッドソックス戦で初安打を記録した。シーズンは88試合に出場し、13本塁打50打点5盗塁、打率.293でシーズンを終え、この年の新人王を受賞した。

詳細成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2013 TB 88 373 335 50 98 23 0 13 160 53 5 2 0 4 33 6 1 91 10 .293 .354 .478 .832
通算:1年 88 373 335 50 98 23 0 13 160 53 5 2 0 4 33 6 1 91 10 .293 .354 .478 .832
  • 2013年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 9 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Royals agree to deals with Myers, Dwyer MLB.com
  2. ^ Top Prospects #4: Wil Myers Royal Revival
  3. ^ 2011 Top 100 Prospects: 1-20 Baseball America.com
  4. ^ Prospect of the Day: Wil Myers, OF, Kansas City Royals Minor League Ball
  5. ^ Royals prospect Wil Myers named Baseball America Minor League Player of the Year royals.com
  6. ^ Royals To Acquire James Shields, Wade Davis MLBTradeRumors.com
  7. ^ Rays call up outfielder Wil Myers ESPN MLB

外部リンク[編集]