マイク・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・スコット
Mike Scott
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタモニカ
生年月日 1955年4月26日(59歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト2巡目
初出場 1979年4月18日
最終出場 1991年4月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・ウォーレン・スコットMichael Warren Scott, 1955年4月26日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタモニカ出身。

経歴[編集]

ニューヨーク・メッツ[編集]

1976年MLBドラフトニューヨーク・メッツから2巡目に指名を受け入団。1979年4月18日モントリオール・エクスポズ戦でメジャーデビュー。1980年9月28日のセントルイス・カーディナルス戦でメジャー初完投・初完封を無四球で飾った。1981年50日間に及ぶストライキによるシーズンの中断・短縮もあり5勝10敗。1982年は6月以降リリーフでの登板が多くなり、7勝13敗・防御率5.14と不調だった。12月10日に1選手との交換トレードでヒューストン・アストロズに移籍。

ヒューストン・アストロズ[編集]

移籍1年目の1983年は故障で出遅れるが10勝。1984年は途中6連敗を喫するなど5勝11敗に終わる。オフにデトロイト・タイガースの投手コーチだったロジャー・クレイグからスプリットフィンガード・ファストボールを伝授される。1985年は前半戦で8勝・防御率2.76を記録。後半戦は防御率3.92ながら10勝を挙げ、シーズン通算で18勝8敗・防御率3.29を記録。1986年は前半戦で9勝を挙げ、オールスターゲームに初選出される。9月25日、恩師クレイグが監督を務めるサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で13三振を奪ってノーヒッターを達成。18勝10敗・防御率2.22・306奪三振、いずれもリーグトップの275.1イニング・5完封・WHIP0.92を記録して最優秀防御率最多奪三振の二冠を獲得するなど、チームの6年ぶりの地区優勝に大きく貢献。ナショナルリーグで右投手がシーズン300奪三振以上を記録したのは、20世紀以降ではJ・R・リチャード以来2人目の快挙だった。古巣メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発して5安打14奪三振で完封勝利を挙げ、ドワイト・グッデンとの投手戦を制した。第4戦でも3安打無四球1失点で完投勝利を挙げるが、チームはそれ以外の試合で全て敗れ、2勝4敗で敗退した。しかし活躍が評価されてシリーズMVPを受賞。敗退チームからの選出はリーグ史上初だった。オフにサイ・ヤング賞を初受賞し[1]MVPの投票でも10位に入った[2]。オフに日米野球でメジャーリーグ選抜の一員として来日し、日本でもスプリットフィンガード・ファストボール旋風を巻き起こした。

1987年は自身初の開幕投手を務める。前半戦で10勝5敗・防御率2.76の成績を残し、オールスターゲームでは先発投手を務めた。終盤でやや調子を落としたが、16勝13敗・防御率3.23・233奪三振を記録した。1988年は開幕から6連勝。6月12日アトランタ・ブレーヴス戦では9回2死までノーヒットに抑え、1安打無四球完封勝利[3]。途中故障による離脱もあったが、14勝8敗・防御率2.92・190奪三振を記録した。1989年5月19日ピッツバーグ・パイレーツ戦で7回までノーヒットに抑えて完封勝利を挙げる[4]など前半戦で14勝5敗・防御率2.58を記録し、2年ぶりにオールスターゲームに選出されるが登板機会はなし。後半戦は6勝に留まるが、20勝10敗・防御率3.10・172奪三振を記録し、最多勝利のタイトルを獲得。サイ・ヤング賞の投票ではマーク・デイヴィスに次ぐ2位に入った。1990年は開幕から不調で負けが先行。6月8日シンシナティ・レッズ戦では6回までに13奪三振。試合は両チーム無得点のまま延長に入り、10回に1点を失うがその裏に逆転し、キャリアハイの15奪三振完投勝利を挙げる[5]。その後はやや持ち直したが好投しても援護に恵まれない事が多く、9勝13敗に終わった。1991年は故障の影響で開幕から2試合連続でノックアウトされると故障者リスト入りし、そのまま現役を引退した[6]不正投球(スカッフボール。ボールに傷を付けることで変化が増す)疑惑を持たれたこともあったが[7][8]、これについては肯定も否定もしなかったという。

1992年にアストロズでの背番号33』が球団の永久欠番に指定された。

日本のゲームメーカー、ナムコが1987年に発売した野球ゲーム「プロ野球ファミリースタジアム'87」に登場する「すこつと」のモデルになっている。本家同様、驚異的なスピードのフォークボールを投げる。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 NYM 18 9 0 0 0 1 3 0 -- .250 229 52.1 59 4 20 3 0 21 1 1 35 31 5.33 1.51
1980 6 6 1 1 1 1 1 0 -- .500 132 29.1 40 1 8 1 0 13 1 0 14 14 4.30 1.64
1981 23 23 1 0 0 5 10 0 -- .333 551 136.0 130 11 34 1 1 54 1 2 65 59 3.90 1.21
1982 37 22 1 0 0 7 13 3 -- .350 670 147.0 185 13 60 3 2 63 1 2 100 84 5.14 1.67
1983 HOU 24 24 2 2 2 10 6 0 -- .625 612 145.0 143 8 46 0 5 73 4 4 67 60 3.72 1.30
1984 31 29 0 0 0 5 11 0 -- .313 675 154.0 179 7 43 4 3 83 2 2 96 80 4.68 1.44
1985 36 35 4 2 0 18 8 0 -- .692 922 221.2 194 20 80 4 3 137 7 2 91 81 3.29 1.24
1986 37 37 7 5 3 18 10 0 -- .643 1065 275.1 182 17 72 6 2 306 3 0 73 68 2.22 0.92
1987 36 36 8 3 2 16 13 0 -- .552 1010 247.2 199 21 79 6 4 233 10 2 94 89 3.23 1.12
1988 32 32 8 5 3 14 8 0 -- .636 875 218.2 162 19 53 6 8 190 1 1 74 71 2.92 0.98
1989 33 32 9 2 1 20 10 0 -- .667 924 229.0 180 23 62 12 3 172 7 0 87 79 3.10 1.06
1990 32 32 4 2 1 9 13 0 -- .409 871 205.2 194 27 66 6 1 121 1 3 102 87 3.81 1.26
1991 2 2 0 0 0 0 2 0 -- .000 35 7.0 11 2 4 1 1 3 0 0 10 10 12.86 2.14
通算:13年 347 319 45 22 13 124 108 3 -- .534 8571 2068.2 1858 173 627 53 33 1469 39 19 908 813 3.54 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baseball Awards Voting for 1986” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ Baseball Awards Voting for 1986” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  3. ^ Jun 12, 1988, Braves at Astros Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  4. ^ May 19, 1989, Pirates at Astros Play by Play and Box Score” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  5. ^ Jun 8, 1990, Reds at Astros Box Score and Play by Play” (英語). Baseball-Reference.com. 2013年2月17日閲覧。
  6. ^ これにより彼の代名詞ともいえるスプリットフィンガード・ファーストボールが『デス・ピッチ』と呼ばれるようになり、使い手が少なくなったとも言われる。
  7. ^ Great Scott's power burned brightest in '86
  8. ^ Voice of '86: Astros pitcher Mike Scott

外部リンク[編集]