ジョッコ・コンラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョッコ・コンラン
Jocko Conlan
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗イリノイ州シカゴ
生年月日 1899年12月6日
没年月日 1989年4月16日(満89歳没)
身長
体重
5' 7.5" =約171.5 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手審判員
初出場 1934年7月6日
最終出場 1935年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1974年
選出方法 ベテランズ委員会選出(審判員)

ジョッコ・コンラン(John Bertrand "Jocko" Conlan、1899年12月6日 - 1989年4月16日)は、アメリカメジャーリーグの野球選手、後に審判。1899年イリノイ州シカゴ生まれ。選手時代のポジションは外野手。愛称の"ジョッコ"は『猿』のこと。審判の際のハッスルぶりに由来する。

経歴と功績[編集]

野球の審判になる前から、ボクシングレフェリーの資格を持っていた。1934年シカゴ・ホワイトソックスから外野手としてデビューするが、人生の転機となったのは2年目の1935年のことで、セントルイス・ブラウンズとの試合中、審判のうちの一人レッド・オームズビーが発熱のため試合を離れ、コンランがその代わりを務めることになった(当時は一試合審判二人制が普通であった)。コンランは審判職を気に入り、その年で選手を引退して審判としてのキャリアを歩むことになる。 以後、メジャーリーグでの審判歴は24年に及んだ。的確な判定と持ち前の明るいキャラクターで、選手や監督たちの信頼は厚かったという。またコンランにはいくつかのトレードマークがあった。当時のリーグ審判の服装は、普通のネクタイにインサイドプロテクターが基本だったが、彼はその経歴から水玉模様の蝶ネクタイと、空気式のアウトサイドプロテクターを許されていた。1965年に審判職を退職。1974年、ベテラン委員会により、審判としては4人目のアメリカ野球殿堂入りを果たす。1989年アリゾナ州スコッツデールで死去。89歳。なお息子のジョン・バートランド・コンラン(w:John Bertrand Conlan)は、5年間アメリカ下院議員を務めた経歴を持つ。

選手成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
128 365 96 18 4 0 55 32 5 13 33 2 17 .263 .328 .334

審判歴[編集]

レギュラーシーズン:3613試合
ワールドシリーズ:27試合(1945,1950,1954,1957,1961年)
オールスターゲーム:6試合(1943,1947,1950,1953,1958,1962年)

在職中の出来事[編集]

出典・外部リンク[編集]