エベッツ・フィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エベッツ・フィールド
Ebbets Field
エベッツ・フィールド
施設データ
所在地 55 Sullivan Place
Brooklyn, New York 11225
座標 北緯40度39分54秒 西経73度57分29秒 / 北緯40.66500度 西経73.95806度 / 40.66500; -73.95806座標: 北緯40度39分54秒 西経73度57分29秒 / 北緯40.66500度 西経73.95806度 / 40.66500; -73.95806
起工 1912年7月6日
開場 1913年4月5日
閉場 1957年9月24日
取り壊し 1960年2月23日
所有者 ブルックリン・ドジャース
グラウンド 天然芝
建設費 75万ドル
設計者 Clarence Randall Van Buskirk
建設者 Castle Brothers, Inc.
使用チーム • 開催試合
ブルックリン・ドジャース (開場 ~ 閉場) 、
ブルックリン・ライオンズ(1926年) 、
ブルックリン・ドジャース (NFL)(1930年 ~ 1944年) 、 ブルックリン・ドジャース (AAFC)(1946年 ~ 1948年)
収容能力
25,000人(開場時) 、32,000人(1932年)
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 348 ft (約106.1 m)
左中間 - 351 ft (約107.0 m)
中堅 - 393 ft (約119.8 m)
右中間 - 352 ft (約107.3 m)
右翼 - 297 ft (約90.5 m)
バックネット - 72 ft (約21.9 m)
フェンス 左翼 ~ 左中間 - 9.87 ft (約3.0 m)
中堅 - 20 ft (約6.1 m)
右中間 ~ 右翼 - 38 ft (約11.6 m)

エベッツ・フィールドEbbets Field )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州にかつてあったスタジアムMLBブルックリン・ドジャース(現ロサンゼルス・ドジャース)のホーム球場である。アメリカンフットボールでは、NFLブルックリン・ライオンズが1926年の1年限り(1年でチーム解散)、ブルックリン・ドジャースが1930年から1944年まで、AAFCブルックリン・ドジャースが1946年から1948年まで、それぞれ本拠地にしていた。

球場の歴史[編集]

ブルックリン・ドジャースは、1883年に創設された球団である。1902年、チャーリー・エベッツはハリー・ファンデルホーストから球団を買収した。ハリーが球団買収にあたり出した条件は「チームをブルックリンから移転させないこと」だった。

エベッツは球団を手に入れたものの、当時の本拠地ワシントン・パークに不満をもっていた。そのため、小さい木造の球場から、鉄筋コンクリートでできた新球場に移転する計画を立てた。しかし、その計画を実行するための資金が不足していた。

エベッツはスター選手を他球団に売り払って資金を得たが、それでも貯まった金額は少なめだった。そこでエベッツは、新球場建設地を地価の安い場所にすることにした。選ばれたのは、マンハッタン橋から3マイル南に離れたゴミ捨て場だった。エベッツは1905年から、40人近い地権者一人一人と交渉を始め、1912年に新球場建設に十分な土地を取得した。

建設は1912年7月6日に開始。9ヶ月の工事を経て、1913年4月5日に開場した。右翼ポール際からバックネット裏を通って三塁側まで2層のスタンドをもち、23,000人まで収容できる新球場は、エベッツが自身の名を冠し「エベッツ・フィールド」と名付けた。同時にチーム名も「ロビンス」に変更された(1932年から「ドジャース」になる)。

イタリア産の大理石を使用した球場正面などがファンに好評で、1916年や1920年にはナ・リーグ優勝するなどチームも好調だったため、エベッツ・フィールドには多くの観客が詰めかけた。ドジャースは「ブルックリンの象徴」とも言える存在になっていった。ブルックリンを歩いていると、周りのアパートの窓からドジャースの試合を中継するラジオが流れ、試合経過が手に取るようにわかったという。

1926年には外野席が設けられ、1931年にはそれが2層になり、1938年には照明灯が設置されるなど、エベッツ・フィールドは改修を繰り返した。1946年からの10年間で、ドジャースはナ・リーグ(8球団)の全収入の44パーセントを稼いだ。

しかしその一方で、1950年からドジャースのオーナーに就任したウォルター・オマリーは、球団の移転を考え始めていた。32,000人収容の球場では(駐車場の小ささも含めて)手狭になってきたうえ、ウォール街から地下鉄で20分という立地条件に対して、夜間の治安悪化を懸念する声が出始めていた。オマリーと市は協議したが、市側の示した新しい土地と駐車場に関する提案に、オマリーは首を縦には振らなかった。

最終的にドジャースはロサンゼルスへの移転を決定した。人口や産業の伸びが期待され、飛行機の発達で移動もスムーズに行えるようになったことが決め手だった。ファンの抗議は激しかったが、決定が覆ることはなかった。1957年9月24日、エベッツ・フィールドでの最後の試合が開催されたが、観客は6,700人ほどしか集まらなかった。

1960年2月23日に取り壊されたエベッツ・フィールドの跡地には現在はアパートが建っている。そこには、かつてエベッツ・フィールドがあったことを示す記念碑が飾られている。

外野の広さの変遷[編集]

跡地に建てられた「エベッツ・フィールド・アパートメンツ」。1972年に「ジャッキー・ロビンソン・アパートメンツ」と改称した
年度 左 翼 中 堅 右 翼
1913 419 不明 301
1914 410 450 300
1921 418.75 450 296.17
1922 418.75 450 292
1926 383.67 450 301
1930 382.83 466 296.08
1931 384 447 295.92
1932 353 399.42 295.92
1934 356.33 399.42 296.5
1936 356.33 399 296.5
1938 365 402 297
1939 357 400 297
1940 365 400 297
1942 356 400 297
1947 357 399 297
1948 343 384 297
1953 348 384 297
1955 343 393 297
1957 348 393 297

※単位はフィート、1フィート≒30.48センチ

主要な出来事[編集]

前本拠地:
ワシントン・パーク
1898 - 1912
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地
1913 - 1957
次本拠地:
ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
1958 - 1961
先代:
スポーツマンズ・パーク
1948年
MLBオールスターゲーム
開催場
第16回(1949年
次代:
コミスキー・パーク
1950年