42 〜世界を変えた男〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
42 〜世界を変えた男〜
42
監督 ブライアン・ヘルゲランド
脚本 ブライアン・ヘルゲランド
製作 トーマス・タル
製作総指揮 ジェイソン・クラーク
ディック・クック
ジョン・ジャシュニ
出演者 チャドウィック・ボーズマン
ハリソン・フォード
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ドン・バージェス
編集 ケヴィン・スティット
ピーター・マクナルティ
製作会社 レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年4月12日
日本の旗 2013年11月1日[1]
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[2]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $92,924,954[2]
テンプレートを表示

42 〜世界を変えた男〜』(42 せかいをかえたおとこ、原題: 42)は、2013年制作のアメリカ合衆国の映画

アフリカ系アメリカ人初のメジャーリーガーとなったジャッキー・ロビンソンを描いた作品。タイトルの「42」とはロビンソンが付けていた背番号で、現在アメリカの全ての野球チーム(メジャーはもとより、マイナーリーグ独立リーグアマチュア野球に至るまで)で永久欠番となっている。

アメリカとカナダでは公開から3日で、2730万ドル(約27億円)を売り上げて初登場1位となり[3]、野球映画史上最高のオープニング記録を打ち立てた[4]

あらすじ[編集]

1947年、ブルックリン・ドジャース(ロサンゼルス・ドジャースの前身)のゼネラルマネージャーブランチ・リッキーは、ニグロリーグでプレーしていたアフリカ系アメリカ人ジャッキー・ロビンソンを見出し、彼をチームに迎え入れる事を決める。

だが、当時はまだ黒人差別が激しく、メジャーリーグ白人だけのものだった事から、彼の入団は球団内外に大きな波紋を巻き起こす。

案の定、ロビンソンは他球団はもとより、味方であるはずのチームメイトやファンからも差別を受けてしまい、孤独な闘いを強いられる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジャッキー・ロビンソン チャドウィック・ボーズマン 三宅健太
ブランチ・リッキー ハリソン・フォード 勝部演之
レイチェル・ロビンソン ニコール・ベハーリー 根本圭子
レオ・ドローチャー クリストファー・メローニ 落合弘治
ウェンデル・スミス アンドレ・ホランド 小森創介
ピー・ウィー・リース ルーカス・ブラック あべそういち
ラルフ・ブランカ ハミッシュ・リンクレイター 野沢聡
ディクシー・ウォーカー ライアン・メリマン
カービー・ヒグビー ブラッド・バイアー
エディ・スタンキー ジェシー・ルケン
ベン・チャップマン アラン・テュディック
レッド・バーバー ジョン・C・マッギンリー
ダッチ・レナード C・J・ニコースキー
クレイ・ホッパー ブレット・カレン
ハロルド・パロット T・R・ナイト

主な受賞[編集]

2013年のハリウッド映画祭において、本作に出演したハリソン・フォードが功労賞を受賞した。[5]

第38回報知映画賞で作品賞(海外)を受賞[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 『ジャッキー・ロビンソン物語』 The Jackie Robinson Story - 1950年制作、アルフレッド・E・グリーン監督、ロビンソンが本人役で出演。

外部リンク[編集]