1926年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1926年のできごとを記す。1926年4月13日に開幕し10月10日に全日程を終えた。ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが、アメリカンリーグニューヨーク・ヤンキースが優勝。ワールドシリーズはセントルイス・カージナルスが制した。

できごと[編集]

規則の改訂[編集]

  • 従来よりも柔らかいコルク芯のボールが導入された。
  • 第3ストライクで投手が暴投した場合の三振が記録されなくなった。
  • 犠牲フライの規則が変更となり、フライにより走者が得点した場合だけでなく、一塁から二塁または二塁から三塁に進塁した場合でも、その打席は打数に加えられなくなった。
  • 外野フェンスが本塁から250フィート未満の場合、そのフェンスを超えても二塁打とされた。

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 ニューヨーク・ヤンキース 91 63 .591 --
2 クリーブランド・インディアンス 88 66 .571 3.0
3 フィラデルフィア・アスレチックス 83 67 .553 6.0
4 ワシントン・セネタース 81 69 .540 8.0
5 シカゴ・ホワイトソックス 81 72 .529 9.5
6 デトロイト・タイガース 79 75 .513 12.0
7 セントルイス・ブラウンズ 62 92 .403 29.0
8 ボストン・レッドソックス 46 107 .301 44.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
1 セントルイス・カージナルス 89 65 .578 --
2 シンシナティ・レッズ 87 67 .565 2.0
3 ピッツバーグ・パイレーツ 84 69 .549 4.5
4 シカゴ・カブス 82 72 .532 7.0
5 ニューヨーク・ジャイアンツ 74 77 .490 13.5
6 ブルックリン・ロビンス 71 82 .464 17.5
7 ボストン・ブレーブス 66 86 .434 22.0
8 フィラデルフィア・フィリーズ 58 93 .384 29.5

ワールドシリーズ[編集]

  • ヤンキース 3 - 4 カージナルス
10/2 – カージナルス 1 - 2 ヤンキース
10/3 – カージナルス 6 - 2 ヤンキース
10/5 – ヤンキース 0 - 4 カージナルス
10/6 – ヤンキース 10 - 5 カージナルス
10/7 – ヤンキース 3 - 2 カージナルス
10/9 – カージナルス 10 - 2 ヤンキース
10/10 – カージナルス 3 - 2 ヤンキース

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ヘイニー・マナシュ (DET) .378
本塁打 ベーブ・ルース (NYY) 47
打点 ベーブ・ルース (NYY) 150
得点 ベーブ・ルース (NYY) 139
安打 ジョージ・バーンズ (CLE) 216
サム・ライス (WS1)
盗塁 ジョニー・モスティル (CWS) 35

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジョージ・ウール (CLE) 27
敗戦 ミルト・ガストン (SLA) 18
ポール・ザーニシャー (BOS)
防御率 レフティ・グローブ (PHA) 2.51
奪三振 レフティ・グローブ (PHA) 194
投球回 ジョージ・ウール (CLE) 318⅓
セーブ フィルッポ・マーベリー (WS1) 22

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 バブルス・ハーグレイブ (CIN) .353
本塁打 ハック・ウィルソン (CHC) 21
打点 ジム・ボトムリー (STL) 120
得点 キキ・カイラー (PIT) 113
安打 エディ・ブラウン (BSN) 201
盗塁 キキ・カイラー (PIT) 35

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ピート・ドノヒュー (CIN) 20
レイ・クレマー (PIT)
リー・メドウズ (PIT)
フリント・レム (STL)
敗戦 ジェシー・ペティ (BRO) 17
チャーリー・ルート (CHC)
防御率 レイ・クレマー (PIT) 2.61
奪三振 ダジー・ヴァンス (BRO) 140
投球回 ピート・ドノヒュー (CIN) 285⅔
セーブ チック・デービース (NYG) 6

表彰[編集]

シーズンMVP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]