トミー・ハーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トミー・ハーパーTommy Harper , 1940年10月19日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した野球選手。外野手(主に左翼手)。右投右打。アメリカ合衆国ルイジアナ州オークグローブ出身。

人物・来歴[編集]

メジャー7球団でプレイした右打ちの外野手。

1962年4月9日シンシナティ・レッズよりメジャーデビューし、1963年以後はおおむねレギュラーとして起用される。盗塁こそそこそこ多いが、打率が低く、1968年にはクリーブランド・インディアンスに移籍。

1969年に新設されたシアトル・パイロッツに移籍し、初試合となった4月8日カリフォルニア・エンゼルス戦では、一番打者に起用されて球団史上最初の打者となる。いきなり二塁打を放ち、球団史上最初の安打を記録。マイク・ヘイガンの本塁打で生還し、球団史上初得点を記録。このシーズンは73盗塁を記録して、ア・リーグ最多盗塁のタイトルを獲得。

1970年、チームはミルウォーキーに移転して「ブルワーズ」となるが、4月7日の開幕戦(エンゼルス戦)でも一番打者として起用された。この年は主に三塁手として起用されたが、いずれも自己最多の打率.296、31本塁打、82打点をあげ、さらに37盗塁とあわせてメジャー史上5人目(6回目)の「30-30」(30本塁打30盗塁)を記録。オールスターゲームにも出場した。

1972年にはボストン・レッドソックスに移籍。1973年には54盗塁で自己2度目の盗塁王に輝く。1975年以後は3チームを転々として、1976年限りで現役を引退。

引退後はコーチ等を歴任。2001年2002年の2シーズンはレッドソックスの一塁ベースコーチを務めた。

受賞歴・記録[編集]

ハイライト[編集]

所属チーム[編集]

通算打撃成績[編集]

エピソード[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]