ミッチ・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッチ・ジョーンズ
Mitch Jones
DSC04405 Mitch Jones.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ユタ州ユタ郡
生年月日 1977年10月15日(36歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1999年 MLBドラフト7巡目
初出場 NPB / 2007年6月29日
MLB / 2009年6月16日
最終出場 NPB / 2008年4月20日
MLB / 2009年6月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミッチ・ジョーンズMitchell C. "Mitch" Jones, 1977年10月15日 - )は、アメリカ合衆国ユタ州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

経歴[編集]

前年まで在籍した小笠原道大新庄剛志の退団より激減したチーム本塁打数を補うために、また打線の中軸として期待されていたアンディ・グリーンの不振もあって、右の長距離砲を求めていた北海道日本ハムファイターズ2007年シーズン途中に獲得。ポジションは外野手であったが、日本ハムでは一塁手として起用されることが多かった。

長打力不足を解消するための獲得となったが、ドアスイングが直らず、懸念された三振の多い粗い打撃のみが目立ってしまう。そのせいもあって二軍生活が多く、結局球団史上初の連覇にはまったく貢献できなかった。それでも、9月18日に翌シーズンの契約が正式決定した。球団フロントは「日本の野球に慣れれば成績は上向く」と判断して、2年契約を打ち切らずに翌年の戦力構想に残すとしていた。

2008年オープン戦から比較的好調を維持していたが、開幕直前に脇腹を痛めて二軍スタートとなった。その後、4月11日に一軍登録され、その日の対千葉ロッテマリーンズ戦(千葉マリンスタジアム)6番・レフトで即先発出場し、2安打を放ち、更に決勝のホームを踏んだ。しかし、三振の多い粗い打撃が解消されることはなく、2年目もチームに貢献することは出来なかった。

同年6月9日、球団から退団が発表され、事実上の解雇となった。同日アメリカへ帰国、ラスベガス・フィフティワンズに復帰した。その後、傘下のAAA級チームがアルバカーキ・アイソトープスに変更になったために移籍した。

2009年はAAA級でホームランを35本を放ち本塁打王を獲得した。また、同年にロサンゼルス・ドジャースメジャーデビューを果たしている。

2010年アトランタ・ブレーブス傘下のAAA級グウィンネット・ブレーブスでプレー。 7月30日、金銭トレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍。移籍後はAAA級インディアナポリス・インディアンスでプレーした。

人物[編集]

応援歌はかつてのマイク・イースラーのものが受け継がれたが、イースラーは前所属のドジャース傘下のAAA級ラスベガス・フィフティワンズで打撃コーチを務めており、ジョーンズは来日直前にイースラーから日本野球についてレクチャーを受けている。

打撃成績が非常に悪かったためあまり知られていないが、二軍の本拠地鎌ヶ谷では自主的にグラウンドの水まきを行ったり、誰よりも熱心に練習に励むなど、その人間くさい性格を見せていた。映画「インディ・ジョーンズ」の主題曲「レイダース・マーチ」に歌詞が充てられた応援歌も作られ、一軍では登場曲にこの曲を使っていた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 日本ハム 30 102 94 3 15 6 1 1 26 7 1 0 1 1 4 0 2 32 2 .160 .208 .277 .485
2008 8 27 27 2 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 10 0 .111 .111 .148 .259
2009 LAD 8 15 13 1 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0 .308 .400 .385 .785
NPB:2年 38 129 121 5 18 7 1 1 30 7 1 0 1 1 4 0 2 42 2 .149 .188 .248 .435
MLB:1年 8 15 13 1 4 1 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 2 6 0 .308 .400 .385 .785

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 15 (2007年 - 2008年)
  • 17 (2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]