ブラッド・オースマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラッド・オースマス
Brad Ausmus
デトロイト・タイガース 監督 #7
Brad Ausmus 2014.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ニューヘイブン
生年月日 1969年4月14日(45歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1987年 ドラフト48巡目でニューヨーク・ヤンキースから指名
初出場 1993年7月28日
最終出場 2010年10月3日
年俸 $850,000(2010年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • デトロイト・タイガース (2014 - )

ブラッド・オースマスBradley David "Brad" Ausmus1969年4月14日 - )は、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブン出身の元プロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、MLBデトロイト・タイガースの監督を務める。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

1987年MLBドラフトニューヨーク・ヤンキースから48巡目で指名を受ける。元々ドラフト前にアイビー・リーグ所属のダートマス大学への進学を表明しており、交渉当初も契約拒否の意向だったが、マイナーリーグに所属しつつ大学に通うという条件で契約し入団。後に同大学卒業まで果たした。

1992年11月17日コロラド・ロッキーズの球団拡張に伴うドラフトで54巡目で移籍。

パドレス時代[編集]

1993年7月26日アンディ・アシュビーおよびダグ・ボッチャーとのトレードで、他2選手と共にサンディエゴ・パドレスへ移籍(他2選手は、ブルース・ハーストグレッグ・ハリス)。同年7月28日にメジャーデビューを果たす。

タイガース時代[編集]

1996年6月18日に、クリス・ゴメスおよびジョン・フラハティとのトレードで、他2選手と共にデトロイト・タイガースへ移籍(他2選手は、ラス・スパイアーアンドゥハー・セデーニョ)。

アストロズ時代[編集]

1996年12月10日に、ダリル・ウォードおよびホセ・リマトレバー・ミラーおよびクリストファー・ニコースキーとのトレードで、金銭と他4選手と共にヒューストン・アストロズへで移籍(他4選手は、トッド・ジョーンズオーランド・ミラーブライアン・ハンターダグ・ブロケイル)。

タイガース復帰[編集]

1999年1月14日に、ポール・バコら5選手とのトレードで、クリストファー・ニコースキーと共に古巣タイガースへ移籍(バコ以外の4選手は、ブライアン・パウエルディーン・クロウマーク・パーセイルスカルロス・ヴィッラロボス)。同年、オールスター初出場。

アストロズ復帰[編集]

2000年11月11日に、ロジャー・セデーニョおよびクリス・ホルトミッチ・メルスキーとのトレードで、他2選手と共に古巣アストロズへ移籍(他2選手とは、ネルソン・クルーズダグ・ブロケイル)。復帰初年度の2001年のスプリングトレーニングでは若手投手陣からThe Messiah(救世主)とからかい半分でニックネームを付けられたが、前年崩壊した投手陣を建て直してポストシーズン進出につなげるなど本当に救世主となった[2]。また、そのリードとリーグ2位の盗塁阻止率47.7%を記録したことが評価され、初のゴールドグラブ賞に輝いた。

2005年は、失策を前年の5つの半数以下となる1つに抑え、盗塁阻止率も前年の26.4%から31.6%に戻すなど、持ち前の好守と地肩の強さを披露。本職の捕手以外にも、メジャー昇格後初となる二塁手・遊撃手としても各1イニングずつプレーし、器用さもうかがわせた。ちなみに、遊撃手では併殺にからむなど、2度の打球処理の機会があったものの、二塁手では1度も打球処理の機会がなかった。また、打撃面でも2000年のタイガース在籍時以来、5年ぶりとなる出塁率.350以上・50四球以上をマークし、攻守ともにチームを支えた。

2006年は、5月11日時点でナ・リーグ2位の打率.341と出だしは好調であった。しかし、6月下旬 - 7月初旬にかけて、40打席連続無安打という不名誉なチーム記録を樹立するなど、大不振に陥ってしまった。また盗塁阻止率も22.1%と低調な数字に終わった。

ドジャース時代[編集]

2009年1月26日ロサンゼルス・ドジャースと100万ドル+出来高35万ドルで1年契約。

2010年10月3日、シーズン最終戦で引退した[3]

引退後[編集]

2012年には、第3回WBC予選のイスラエル代表の監督に就任する事が決まった。

監督時代[編集]

2013年11月3日に、勇退したジム・リーランドの後任としてタイガースの監督に就任する事が発表された[4]

選手としての特徴[編集]

ゴールドグラブ賞を3回受賞している。捕手以外に、一塁手二塁手三塁手遊撃手でのプレー経験もある。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1993 SD 49 166 160 18 41 8 1 5 66 12 2 0 0 0 6 0 0 28 2 .256 .283 .413 .696
1994 101 366 327 45 82 12 1 7 117 24 5 1 6 2 30 12 1 63 8 .251 .314 .358 .672
1995 103 369 328 44 96 16 4 5 135 34 16 5 4 4 31 3 2 56 6 .293 .353 .412 .765
1996 50 166 149 16 27 4 0 1 34 13 1 4 1 0 13 0 3 27 4 .181 .261 .228 .489
DET 75 261 226 30 56 12 0 4 80 22 3 4 5 2 26 1 2 45 4 .248 .328 .354 .682
'96計 125 427 375 46 83 16 0 5 114 35 4 8 6 2 39 1 5 72 8 .221 .302 .304 .606
1997 HOU 130 478 425 45 113 25 1 4 152 44 14 6 6 6 38 4 3 78 8 .266 .326 .358 .684
1998 128 472 412 62 111 10 4 6 147 45 10 3 3 1 53 11 3 60 18 .269 .356 .357 .713
1999 DET 127 527 458 62 126 25 6 9 190 54 12 9 3 1 51 0 14 71 11 .275 .365 .415 .780
2000 150 604 523 75 139 25 3 7 191 51 11 5 4 2 69 0 6 79 19 .266 .357 .365 .722
2001 HOU 128 461 422 45 98 23 4 5 144 34 4 1 6 2 30 6 1 64 13 .232 .284 .341 .625
2002 130 496 447 57 115 19 3 6 158 50 2 3 2 3 38 3 6 71 30 .257 .322 .353 .675
2003 143 509 450 43 103 12 2 4 131 47 5 3 4 5 46 1 4 66 8 .229 .303 .291 .594
2004 129 448 403 38 100 14 1 5 131 31 2 2 7 3 33 11 2 56 13 .248 .306 .325 .631
2005 134 451 387 35 100 19 0 3 128 47 5 3 7 1 51 8 5 48 17 .258 .351 .331 .682
2006 139 502 439 37 101 16 1 2 125 39 3 1 9 3 45 2 6 71 21 .230 .308 .285 .593
2007 117 397 349 38 82 16 3 3 113 25 6 1 4 1 37 3 6 74 11 .235 .318 .324 .642
2008 81 250 216 15 47 8 0 3 64 24 0 2 6 1 25 3 2 41 4 .218 .303 .296 .599
2009 LAD 36 107 95 9 28 4 0 1 35 9 1 0 5 0 5 0 2 21 1 .295 .343 .368 .712
2010 21 71 63 4 14 2 0 0 16 2 0 0 0 0 7 1 1 15 3 .222 .310 .254 .564
通算:18年 1971 7101 6279 718 1579 270 34 80 2157 607 102 53 82 37 634 69 69 1034 201 .251 .325 .344 .669
  • 各年度の太字はリーグ最高


年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン勝敗 年齢
2014 DET AL 中 162 90 72 .556 1 / 5 ALDS敗退 0勝3敗 45歳
通算 1年   162 90 72 .556     0勝3敗

脚注[編集]

  1. ^ Los Angeles Dodgers 2010 Player Salaries and Team Payroll” (英語). ESPN.com. 2010年10月10日閲覧。
  2. ^ 「30球団マンスリー・リポート ヒューストン・アストロズ」『月刊メジャー・リーグ』 2002年1月号 ベースボール・マガジン社 61頁
  3. ^ Dodger catcher Brad Ausmus retires after 18 seasons” (英語). examiner.com. 2010年10月10日閲覧。
  4. ^ Reports: Ausmus to be named next Tigers manager

外部リンク[編集]