ジョー・マドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・マドン
Joe Maddon
シカゴ・カブス 監督
The skipper, Joe Maddon lr.jpg
レイズ監督時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ヘイズルトン
生年月日 1954年2月8日(60歳)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
MLB出場なし
監督・コーチ歴

ジョー・マドンJoseph John Maddon, 1954年2月8日 - )は、MLBシカゴ・カブスの監督。アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヘイズルトン出身。

経歴[編集]

マドンはラファイエットカレッジでは野球とアメリカンフットボールをプレーし、1976年に卒業。カリフォルニア・エンゼルスのマイナーで捕手としてプレーをしたもののメジャー昇格をすることのないまま現役を引退し、その後選手時代を含め31年間エンゼルスの組織に所属した。スカウト、打撃インストラクター、マイナーリーグの監督などを経て、1996年から2005年までエンゼルスのベンチコーチを務めた[1]。また1996年1999年には代理監督を数試合務めている。2002年にはマイク・ソーシア監督の下でワールドシリーズ制覇に貢献した。

2004年のシーズン前にはボストン・レッドソックスの監督候補となっていたが、結局テリー・フランコーナが選出され監督就任はならなかった。2005年11月5日にルー・ピネラの後任としてタンパベイ・デビルレイズ監督に就任。監督就任1年目の2006年2002年以来4年ぶりとなる、球団史上ワースト2位の101敗を喫し、2007年には66勝96敗・借金30でMLB最低勝率(.407)となったが、チーム名をレイズと改称した2008年は快進撃を続けて、一気に球団創設11年目で初の地区優勝・アメリカンリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズにまで進出。フィラデルフィア・フィリーズに敗れ、世界一はならなかったものの、監督としての手腕が評価され2008年のアメリカンリーグ最優秀監督に選出された[2]

2011年、監督としての手腕が評価され2011年のアメリカンリーグ最優秀監督に選出された。

2012年2月、監督としての契約を2015年まで3年間延長した。

2014年10月24日、レイズから退団が発表された(2015年が契約最終年だったが、本人の希望で契約を解除)[3]

2014年10月31日、カブスから新監督に迎えると発表された[4]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 プレーオフ勝敗
1996年 ANA AL 西 42 22 8 14 .364 4 / 4 監督代行
1999年 45 29 19 10 .655 4 / 4 監督代行
2006年 TB AL 東 52 162 61 101 .377 5 / 5
2007年 53 162 66 96 .407 5 / 5
2008年 54 162 97 65 .599 1 / 5 WS敗退 8勝8敗
2009年 55 162 84 78 .519 3 / 5
2010年 56 162 96 66 .593 1 / 5 ALDS敗退 2勝3敗
2011年 57 162 91 71 .562 2 / 5 ALDS敗退 1勝3敗
2012年 58 162 90 72 .556 3 / 5    
2013年 59 163 92 71 .564 2 / 5 ALDS敗退 2勝3敗
2014年 60 162 77 85 .475 4 / 5  
通算:11年 1510 781 729 .517     13勝17敗

太字はプレイオフ進出(ワイルドカードを含む)。

  • 2014年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Boston.com / Sports / Baseball / Red Sox
  2. ^ Joe Smith (2008年11月12日). “Tampa Bay Rays' Maddon named AL manager of the year”. Tampabay.com. 2008年11月12日閲覧。
  3. ^ レイズ名将マドン監督が退団”. 日刊スポーツ (2014年10月26日). 2014年11月2日閲覧。
  4. ^ カブス新監督にレイズ退団のマドン氏”. 日刊スポーツ (2014年11月1日). 2014年11月2日閲覧。