1985年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1985年のできごとを記す。1985年4月8日に開幕し10月27日に全日程を終えた。アメリカンリーグカンザスシティ・ロイヤルズが、ナショナルリーグセントルイス・カージナルスが優勝。ワールドシリーズはカンザスシティ・ロイヤルズが制した。

できごと[編集]

最終成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 トロント・ブルージェイズ 99 62 .615
2 ニューヨーク・ヤンキース 97 64 .602 2.0
3 デトロイト・タイガース 84 77 .522 15.0
4 ボルティモア・オリオールズ 83 78 .516 16.0
5 ボストン・レッドソックス 81 81 .500 18.5
6 ミルウォーキー・ブルワーズ 71 90 .441 28.0
7 クリーブランド・インディアンス 60 102 .370 39.5
西地区
1 カンザスシティ・ロイヤルズ 91 71 .562
2 カルフォルニア・エンゼルス 90 72 .556 1.0
3 シカゴ・ホワイトソックス 85 77 .525 6.0
4 ミネソタ・ツインズ 77 85 .475 14.0
5 オークランド・アスレチックス 77 85 .475 14.0
6 シアトル・マリナーズ 74 88 .457 17.0
7 テキサス・レンジャーズ 62 99 .385 28.5

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 セントルイス・カージナルス 101 61 .623
2 ニューヨーク・メッツ 98 64 .605 3.0
3 モントリオール・エクスポズ 84 77 .522 16.5
4 シカゴ・カブス 77 84 .478 23.5
5 フィラデルフィア・フィリーズ 75 87 .463 26.0
6 ピッツバーグ・パイレーツ 57 104 .354 43.5
 
西地区
1 ロサンゼルス・ドジャース 95 67 .586
2 シンシナティ・レッズ 89 72 .553 5.5
3 ヒューストン・アストロズ 83 79 .512 12.0
4 サンディエゴ・パドレス 83 79 .512 12.0
5 アトランタ・ブレーブス 66 96 .407 29.0
6 サンフランシスコ・ジャイアンツ 62 100 . 383 33.0
 

オールスターゲーム[編集]

  • ナショナルリーグ 6 - 1 アメリカンリーグ
MVP:ラマー・ホイト (SD)

ポストシーズン[編集]

リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
           
アメリカンリーグ    
  トロント・ブルージェイズ 3
  カンザスシティ・ロイヤルズ 4  
 
  カンザスシティ・ロイヤルズ 4
    セントルイス・カージナルス 3
ナショナルリーグ  
  セントルイス・カージナルス 4
  ロサンゼルス・ドジャース 2  

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

アメリカンリーグ[編集]
  • ブルージェイズ 3 - 4 ロイヤルズ
10/8 – ロイヤルズ 1 - 6 ブルージェイズ
10/9 – ロイヤルズ 5 - 6 ブルージェイズ
10/11 – ブルージェイズ 5 - 6 ロイヤルズ
10/12 – ブルージェイズ 3 - 1 ロイヤルズ
10/13 – ブルージェイズ 0 - 2 ロイヤルズ
10/15 – ロイヤルズ 5 - 3 ブルージェイズ
10/16 – ロイヤルズ 6 - 2 ブルージェイズ
MVP:ジョージ・ブレット (KC)
ナショナルリーグ[編集]
  • ドジャース 2 - 4 カージナルス
10/9 – カージナルス 1 - 4 ドジャース
10/10 – カージナルス 2 - 8 ドジャース
10/12 – ドジャース 2 - 4 カージナルス
10/13 – ドジャース 2 - 12 カージナルス
10/14 – ドジャース 2 - 3 カージナルス
10/16 – カージナルス 7 - 5 ドジャース
MVP:オジー・スミス (STL)

ワールドシリーズ[編集]

  • ロイヤルズ 4 - 3 カージナルス
10/19 – カージナルス 3 - 1 ロイヤルズ
10/20 – カージナルス 4 - 2 ロイヤルズ
10/22 – ロイヤルズ 6 - 1 カージナルス
10/23 – ロイヤルズ 0 - 3 カージナルス
10/24 – ロイヤルズ 6 - 1 カージナルス
10/26 – カージナルス 1 - 2 ロイヤルズ
10/27 – カージナルス 0 - 11 ロイヤルズ
MVP:ブレット・セイバーヘイゲン (KC)

個人タイトル[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ウェイド・ボッグス (BOS) .368
本塁打 ダレル・エバンス (DET) 40
打点 ドン・マッティングリー (NYY) 145
得点 リッキー・ヘンダーソン (NYY) 146
安打 ウェイド・ボッグス (BOS) 240
盗塁 リッキー・ヘンダーソン (NYY) 80

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ロン・ギドリー (NYY) 22
敗戦 マット・ヤング (SEA) 19
防御率 デーブ・スティーブ (TOR) 2.48
奪三振 バート・ブライルベン (CLE/MIN) 206
投球回 バート・ブライレブン (CLE/MIN) 293⅔
セーブ ダン・クイゼンベリー (KC) 37

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ウィリー・マギー (STL) .353
本塁打 デール・マーフィー (ATL) 37
打点 デーブ・パーカー (CIN) 125
得点 デール・マーフィー (ATL) 118
安打 ウィリー・マギー (STL) 216
盗塁 ビンス・コールマン (STL) 110

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ドワイト・グッデン (NYM) 24
敗戦 ホセ・デレオン (PIT) 19
防御率 ドワイト・グッデン (NYM) 1.53
奪三振 ドワイト・グッデン (NYM) 268
投球回 ドワイト・グッデン (NYM) 276⅔
セーブ ジェフ・リアドン (MON) 41

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ドン・マッティングリー (NYY) ウィリー・マギー (STL)
サイヤング賞 ブレット・セイバーヘイゲン (KC) ドワイト・グッデン (NYM)
最優秀新人賞 オジー・ギーエン (CWS) ビンス・コールマン (STL)
最優秀監督賞 ボビー・コックス (TOR) ホワイティ・ハーゾク (STL)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 ロン・ギドリー (NYY) リック・ラッシェル (PIT)
捕手 ランス・パリッシュ (DET) トニー・ペーニャ (PIT)
一塁手 ドン・マッティングリー (NYY) キース・ヘルナンデス (NYM)
二塁手 ルー・ウィテカー (DET) ライン・サンドバーグ (CHC)
三塁手 ジョージ・ブレット (KC) ティム・ウォラッチ (MON)
遊撃手 アルフレド・グリフィン (OAK) オジー・スミス (STL)
外野手 ドワイト・エバンス (BOS) アンドレ・ドーソン (MON)
ドウェイン・マーフィー (OAK) ウィリー・マギー (STL)
デーブ・ウィンフィールド (NYY) デール・マーフィー (ATL)
ゲリー・ペティス (CAL) -

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - リック・ローデン (PIT)
捕手 カールトン・フィスク (CWS) ゲイリー・カーター (NYM)
一塁手 ドン・マッティングリー (NYY) ジャック・クラーク (STL)
二塁手 ルー・ウィテカー (DET) ライン・サンドバーグ (CHC)
三塁手 ジョージ・ブレット (KC) ティム・ウォーラック (MON)
遊撃手 カル・リプケン (BAL) ハビー・ブルックス (MON)
外野手 デーブ・ウィンフィールド (NYY) デール・マーフィー (ATL)
ジョージ・ベル (TOR) デーブ・パーカー (CIN)
リッキー・ヘンダーソン (NYY) ウィリー・マギー (STL)
指名打者 ドン・ベイラー (BOS) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
カムバック賞 ゴーマン・トーマス (SEA) リック・ラッシェル (PIT)
最優秀救援投手賞 ダン・クイゼンベリー (KC) ジェフ・リアドン (MON)
最優秀指名打者賞 ドン・ベイラー (NYY) -
ロベルト・クレメンテ賞 ドン・ベイラー (NYY) -
ハッチ賞 - リック・ルーシェル (PIT)
ルー・ゲーリッグ賞 - デール・マーフィー (ATL)
ベーブ・ルース賞 ブレット・セイバーヘイゲン (KC) -

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]