ロン・ガーデンハイアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・ガーデンハイアー
Ron Gardenhire
ミネソタ・ツインズ 監督 #35
Ron Gardenhire 2006.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 西ドイツの旗 西ドイツ
ヘッセン州ブツバッハ
生年月日 1957年10月24日(56歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1979年 MLBドラフト6巡目(全体132位)でニューヨーク・メッツから指名
初出場 1981年9月1日 アストロズ
最終出場 1985年10月6日 エクスポズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

ロン・ガーデンハイアー(Ronald Clyde Gardenhire, 1957年10月24日 - )は、西ドイツ ヘッセン州出身の野球選手遊撃手、右投両打。現在はミネソタ・ツインズの監督。愛称は「ガーディ」(Gardy)。

息子のトビー・ガーデンハイアー(Toby Gardenhire)も、2010年現在ツインズ傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスに所属している。

経歴[編集]

現役時代[編集]

西ドイツの米軍基地で生まれる。その後、米国オクラホマ州へ移り住む。

1979年のMLBドラフトニューヨーク・メッツから6巡目(全体132位)で指名され入団。1981年9月1日アストロズ戦でメジャーデビュー。シーズン終了後、正遊撃手のフランク・タベラスがトレード移籍し、翌1982年は開幕からタベラスの後釜として141試合に出場[1]

1983年は5月上旬に打率.083の成績でAAA級のタイドウォーターへ降格し[2]、9月に再びメジャー昇格を果たし、シーズンを終えた。同年記録した安打は、4月24日の2安打のみで、打率.063と低迷。1984年7月20日ハムストリングを痛め故障者リスト入り[3]8月9日ピッツバーグ・パイレーツ戦で復帰を果たしたが、ハムストリングを再び痛め、8月20日から21日間の故障者リスト入り[4]。同年、この2度の故障者リスト入りで74試合の出場にとどまった。

デーブ・ジョンソンラファエル・サンタナを正遊撃手として起用し、ガーデンハイアーをその控えとして起用することを1985年開幕前に発表[5]。同年、26試合の出場にとどまり、1986年は、メジャーでプレイすることなくシーズンを終え、シーズン終了後にミネソタ・ツインズへトレード移籍。1987年はツインズ傘下のAAA級ポートランドでプレイし、現役を引退。

コーチ、監督時代[編集]

1988年から1990年にかけてツインズ傘下のマイナー球団の監督を務め、1991年から2001年にかけてツインズのコーチを務めた。

2002年からツインズの監督に就任。最優秀監督賞受賞はないものの、投票では5回(2003年、2004年、2006年、2008年、2009年)次点となっている[6]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
2002 MIN AL 中 45歳 161 94 67 .584 1 / 5 ALCS敗退 4勝6敗 
2003 46歳 162 90 72 .556 1 / 5 ALDS敗退 1勝3敗
2004 47歳 161 91 70 .565 1 / 5 ALDS敗退 1勝3敗
2005 48歳 162 83 79 .512 3 / 5  
2006 49歳 162 96 66 .593 1 / 5 ALDS敗退 0勝3敗
2007 50歳 162 79 83 .488 3 / 5  
2008 51歳 163 88 75 .540 2 / 5  
2009 52歳 162 87 76 .534 1 / 5 ALDS敗退 0勝3敗
2010 53歳 162 94 68 .580 1 / 5 ALDS敗退 0勝3敗
2011 54歳 162 63 99 .389 5 / 5    
2012 55歳 162 66 96 .407 5 / 5    
2013 56歳 162 66 96 .407 4 / 5    
通算:12年 1944 997 947 .513     6勝21敗
  • 太字はプレーオフ進出(ワイルドカードを含む)
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]