ジョン・オルルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・オルルド
John Olerud
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ワシントン州シアトル
生年月日 1968年8月5日(46歳)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1989年 ドラフト3巡目でトロント・ブルージェイズから指名
初出場 1989年9月3日
最終出場 2005年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


ジョン・ギャレット・オルルドJohn Garrett Olerud, 1968年8月5日 - )はアメリカ合衆国ワシントン州シアトルの元プロ野球選手一塁手)。左投左打。

オルルッド、オルルードとも表記される。

経歴[編集]

野球を始めたのは7歳の時で、高校卒業時の1986年ニューヨーク・メッツからドラフト27巡目で指名されたが[1]、オルルドはプロでやっていく自信がなく、成長して自立するために大学進学することを理由に指名を拒否[2]ワシントン州立大学へ進学。2年次に投手として15勝0敗・防御率2.49を記録し、打撃では66試合で打率.464・23本塁打を記録し、大学記録を更新[3]。NCAA(全米大学体育協会)年間最優秀選手を1987年1988年の2年連続で選出された[3]。この投打にわたる活躍を称え、アメリカの大学野球では二刀流で活躍した選手に贈られるジョン・オルルド賞en:John Olerud Award)が2010年に設立されダニー・ハルツェンマルコ・ゴンザレスが受賞している。

トロント・ブルージェイズパット・ギリックGMはドラフト1巡目指名を決断したが、オルルドは3年次の1989年1月11日クモ膜下出血を起こした[2]。脳に動脈瘤が発見され、2月27日に手術を受けた。それ以来プレイ中は常にヘルメットをかぶり、5年後に医者からかぶらなくてもいいと言われてもかぶり続けた[2]。オルルドは「指名しないでください」と言ったにもかかわらず、1989年のドラフトでトロント・ブルージェイズは球団内に指名を危惧する人がいたものの、3巡目で指名[2]

マイナーリーグを経験しないまま9月3日ツインズ戦でメジャーデビュー。ドラフトが行われるようになった1965年以降では史上16人目のプロデビューがメジャーデビューとなった[3]。最初の数年間はベンチを暖める日々が続いたが、1993年に大ブレイク。この年は8月2日まで打率4割を維持し、最終的に打率.363で首位打者のタイトルを獲得。史上20人目となる200安打・100四球や[3]、1957年のテッド・ウィリアムズに並びアメリカンリーグ歴代1位タイのリーグ最多敬遠を記録[4]

1996年12月にロバート・パーソンとのトレードでニューヨーク・メッツへ移籍。メッツでは1998年に打率と出塁率でチームの年間記録を更新。翌年には四球と出塁数でもチーム年間記録を更新した。

1999年12月にオルルドは故郷のシアトル・マリナーズへ3年総額2,000万ドルで移籍[3]2000年に初のゴールドグラブ賞を受賞。2001年のマリナーズの記録的な快進撃に大きく貢献し、チームも116勝46敗という歴史的な記録を残した。その後もオルルドは活躍を続けたが、チームの若返り政策の下2004年シーズン途中にはマリナーズを放出されてしまう。その後負傷したジェイソン・ジアンビの代わりとなる一塁手を探していたニューヨーク・ヤンキースと契約。

2005年5月1日にはボストン・レッドソックスとマイナー契約を結び、同年5月23日、1989年のメジャーデビュー以来初めてマイナーリーグのAAA級ポータケットの一員として出場した。オルルドが初めてマイナーで打った安打は本塁打であった。チームが契約の際に課した3試合のマイナー調整を10打数3安打の.300で終える。前年11月に行った左足靭帯断裂の手術から回復しつつあり、5月27日にメジャー昇格を果たす。ケビン・ミラーと一塁手の座を争い、主に中軸を任された。12月6日に現役引退を発表。

獲得タイトル・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 TOR 6 8 8 2 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .375 .375 .375 .750
1990 111 421 358 43 95 15 1 14 154 48 0 2 1 4 57 6 1 75 5 .265 .364 .430 .794
1991 139 541 454 64 116 30 1 17 199 68 0 2 3 10 68 9 6 84 12 .256 .353 .438 .791
1992 138 537 458 68 130 28 0 16 206 66 1 0 1 7 70 11 1 61 15 .284 .375 .450 .825
1993 158 679 551 109 200 54 2 24 330 107 0 2 0 7 114 33 7 65 12 .363 .473 .599 1.072
1994 108 453 384 47 114 29 2 12 183 67 1 2 0 5 61 12 3 53 11 .297 .393 .477 .869
1995 135 581 492 72 143 32 0 8 199 54 0 0 0 1 84 10 4 54 17 .291 .398 .404 .802
1996 125 469 398 59 109 25 0 18 188 61 1 0 0 1 60 6 10 37 10 .274 .382 .472 .854
1997 NYM 154 630 524 90 154 34 1 22 256 102 0 0 0 8 85 5 13 67 19 .294 .400 .489 .889
1998 160 665 557 91 197 36 4 22 307 93 2 2 1 7 96 11 4 73 15 .354 .447 .551 .998
1999 162 723 581 107 173 39 0 19 269 96 3 0 0 6 125 5 11 66 22 .298 .427 .463 .890
2000 SEA 159 683 565 84 161 45 0 14 248 103 0 2 2 10 102 11 4 96 17 .285 .392 .439 .831
2001 159 679 572 91 173 32 1 21 270 95 3 1 1 7 94 19 5 70 21 .302 .401 .472 .873
2002 154 668 553 85 166 39 0 22 271 102 0 0 0 12 98 6 5 66 19 .300 .403 .490 .893
2003 152 634 539 64 145 35 0 10 210 83 0 1 2 3 84 7 6 67 20 .269 .372 .390 .761
2004 78 312 261 29 64 13 1 5 94 22 0 0 1 4 40 3 6 41 6 .245 .354 .360 .714
NYY 49 188 164 16 46 7 0 4 65 26 0 0 0 1 21 1 2 20 5 .280 .367 .396 .763
'04計 127 500 425 45 110 20 1 9 159 48 0 0 1 5 61 4 8 61 11 .259 .359 .374 .733
2005 BOS 87 192 173 18 50 7 0 7 78 37 0 0 0 3 16 2 0 20 6 .289 .344 .451 .795
通算:17年 2234 9063 7592 1139 2239 500 13 255 3530 1230 11 14 12 96 1275 157 88 1016 232 .295 .398 .465 .863
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ John Olerud Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 小林信行 「スペシャルストーリー 静かな目撃者/ジョン・オルルード」『月刊スラッガー』2003年5月号、日本スポーツ企画出版社、2003年、雑誌15509-5、83 - 85項
  3. ^ a b c d e Green, Adam. “The Ballplayers - John Olerud” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年3月20日閲覧。
  4. ^ Single-Season Leaders & Records for Intentional Walks” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]