マイク・スクワイアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・スクワイアーズ
Mike Squires
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州カラマズー
生年月日 1952年3月5日(62歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1973年 ドラフト18巡目でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 1975年9月1日
最終出場 1985年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

マイク・スクワイアーズ(Michael Lynn Squires 、1952年3月5日 - )は、主に1970〜1980年代に活躍した元プロ野球選手。ポジションは、一塁手アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー生まれ。左投げ左打ち。ニックネームは"Spanky"(スパンキー)。シカゴ・ホワイトソックスで主に一塁手として活躍したが、左投げは不向きとされる『三塁手』と『捕手』の両方のポジションを守った珍しい記録を持っている。

来歴・人物[編集]

1973年にドラフト指名でシカゴ・ホワイトソックスに入団し、1975年にメジャーデビューを果たす。1976,1977年はほとんどマイナーリーグで過ごし、レギュラーとして出場したのは1979年から1983年までの間だった。打率は毎年.260から.270くらいで長打のある打者ではなかったが、その守備の巧さを当時の監督トニー・ラルーサに評価されていた。後述の珍しい守備記録も、ラルーサの采配のもとで生まれたものである。

スクワイアーズは一塁手として9シーズンでおよそ700試合に出場しているが、通算での失策はわずか23だった。1981年には、88試合の出場だったがアメリカンリーグの一塁手としてゴールドグラブ賞を受賞している。

スクワイアーズが初めて捕手のポジションを守ったのは、1980年5月4日の対ブルワーズ戦のことである。ホワイトソックスが11-1と大量リードされた試合の最終回だったが、これは1958年のデール・ロング以来となる22年ぶりの『左投げ捕手』の出場記録となった。この年スクワイアーズは捕手として2試合に出場した。[1]

1983年シーズンは打率.222と打撃不振になり、その後は守備の交代要員としての出場が多くなった。1983年の8月23日の試合では、今度はスクワイアーズが三塁のポジションを守った。これはメジャーリーグ史上、少なくとも50年ぶり(それ以前の試合記録に欠落があり、特定できていない)となる『左投げ三塁手』の出場となった。1984年には一塁手だけでなく、三塁手で13試合(4試合先発)、外野手として3試合に出場、また同年1アウトだけだが投手としての出場もある。一塁以外のポジションでの失策は結局一度もなかった。

1985年シーズン前に一度ホワイトソックスを離れたが、9月に再度契約し2試合に出場したのが選手としての最後のキャリアである。引退後1989年から3年間トロント・ブルージェイズ、1992年に1年間ホワイトソックスのコーチを務めている。

通算成績[編集]

打撃成績[編集]

※数字の後の"*"は、記録不明箇所があることを示す。

試合 打数 安打 二塁打 三塁打 本塁打 得点 打点 盗塁 三振 四球 死球 犠打 打率 出塁率 長打率
779 1580 411 53 10 6 211 141 45 108 143 5 38 .260 .321 .318

獲得タイトル・記録[編集]

  • アメリカンリーグゴールドグラブ賞(一塁手):1981年
  • リーグ最高守備率(一塁手):1983年

脚注[編集]

  1. ^ 2014年現在、メジャーリーグでの左投げ捕手の出場記録は、1989年に当時ピッツバーグ・パイレーツの選手だったベニー・ディステファーノが、3試合に出場したのが最後である。

出典・外部リンク[編集]