1984年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1984 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
AL 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2
NL 1 1 0 0 0 0 0 1 X 3 8 0
開催日時 1984年7月10日
開催球場 キャンドルスティック・パーク
開催地 カリフォルニア州サンフランシスコ
監督 AL - ジョー・オルトベリ (BAL)
NL - ポール・オーウェンズ (PHI)
MVP ゲーリー・カーター (MON)
観客動員数 57,756人
MLBオールスターゲーム
 < 1983 1985 > 

1984年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた55回目のオールスターゲームである。1984年7月10日サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地キャンドルスティック・パークで行われた。試合結果は1 - 3でナショナルリーグが勝利した。

MVPは勝ち越し本塁打を放ったゲーリー・カーターが受賞した。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ルー・ウィテカー (DET) 2B
2 ロッド・カルー (CAL) 1B
3 カル・リプケンJr. (BAL) SS
4 デーブ・ウィンフィールド (NYY) LF
5 レジー・ジャクソン (CAL) RF
6 ジョージ・ブレット (KC) 3B
7 ランス・パリッシュ (DET) C
8 チェット・レモン (DET) CF
9 デーブ・スティーブ (TOR) P
ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 トニー・グウィン (SD) LF
2 ライン・サンドバーグ (CHC) 2B
3 スティーブ・ガービー (SD) 1B
4 デール・マーフィー (ATL) CF
5 マイク・シュミット (PHI) 3B
6 ダリル・ストロベリー (NYM) RF
7 ゲーリー・カーター (MON) C
8 オジー・スミス (STL) SS
9 チャーリー・リー (MON) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
アメリカンリーグ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 7 2
ナショナルリーグ 1 1 0 0 0 0 0 1 X 3 8 0
  1. : チャーリー・リー (1-0)  : デーブ・スティーブ (0-1)  S: リッチ・ゴセージ (1)  
  2. :  AL – ジョージ・ブレット (1)  NL – ゲーリー・カーター (1) デール・マーフィー (1)

選出選手[編集]

先発は野手はファンの投票、投手は各チームの監督によって選ばれた。

先発選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P デーブ・スティーブ (TOR) 4
C ランス・パリッシュ (DET) 4
1B ロッド・カルー (CAL) 18
2B ルー・ウィテカー (DET) 2
3B ジョージ・ブレット (KC) 9
SS カル・リプケンJr. (BAL) 2
OF レジー・ジャクソン (CAL) 14
チェット・レモン (DET) 3
デーブ・ウィンフィールド (NYY) 8
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P チャーリー・リー (MON)
C ゲーリー・カーター (MON) 7
1B スティーブ・ガービー (SD) 9
2B ライン・サンドバーグ (CHC)
3B マイク・シュミット (PHI) 9
SS オジー・スミス (STL) 5
OF トニー・グウィン (SD)
デール・マーフィー (ATL) 4
ダリル・ストロベリー (NYM)

控え選出選手[編集]

アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P マイク・ボディッカー (BAL)
ビル・コーディル (OAK)
リチャード・ドットソン (CWS)
ウィリー・ヘルナンデス (DET)
ジャック・モリス (DET) 2
フィル・ニークロ (NYY) 5
ダン・クイゼンベリー (KC) 3
C デーブ・エンゲル (MIN)
ジム・サンドバーグ (MIL) 3
1B アルビン・デービス (SEA)
ドン・マッティングリー (NYY)
エディ・マレー (BAL) 5
アンドレ・ソーントン (CLE) 2
2B ダマソ・ガルシア (TOR)
3B バディ・ベル (TEX) 5
SS アルフレド・グリフィン (TOR)
アラン・トランメル (DET)[1] 2
OF トニー・アーマス (BOS) 2
リッキー・ヘンダーソン (OAK) 4
ジム・ライス (BOS) 6
ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ウォーキーン・アンドゥハー(STL)[1] 3
ドワイト・グッデン (NYM)
リッチ・ゴセージ (SD) 8
アル・ホランド (PHI)
ジェシー・オロスコ (NYM) 2
マリオ・ソト (CIN) 3
ブルース・スーター (STL) 6
フェルナンド・バレンズエラ (LAD) 4
C ボブ・ブレンリー (SF)
ジョディ・デービス (CHC)
トニー・ペーニャ (PIT) 2
1B キース・ヘルナンデス (NYM) 3
2B ホワン・サミュエル (PHI)
3B ティム・ウォーラック (MON)
SS ラファエル・ラミレス (ATL)
OF チリ・デービス (SF)
マイク・マーシャル (LAD)[1]
ジェリー・マンフリー (HOU)
ティム・レインズ (MON) 4
クローデル・ワシントン (ATL) 2

脚注[編集]

  1. ^ a b c 出場辞退

出典[編集]