1971年のMLBオールスターゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1971 MLBオールスターゲーム
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
NL 0 2 1 0 0 0 0 1 0 4 5 0
AL 0 0 4 0 0 2 0 0 X 6 7 0
開催日時 1971年7月13日
開催球場 タイガー・スタジアム
開催地 ミシガン州デトロイト
監督 NL - スパーキー・アンダーソン (CIN)
AL - アール・ウィーバー (BAL)
MVP フランク・ロビンソン (BAL)
観客動員数 53,559人
MLBオールスターゲーム
 < 1970 1972 > 

1971年MLBオールスターゲームアメリカンリーグナショナルリーグの間で行われた42回目のオールスターゲームである。1971年7月13日デトロイト・タイガースの本拠地タイガー・スタジアムで行われた。試合結果は4 - 6でナショナルリーグが勝利した。

MVPは2点本塁打を放ったフランク・ロビンソンが受賞した。

凡例[編集]

  • 表中の守備の項は守備位置を示し以下の略記で示す。
P:投手 C:捕手 1B:一塁手 2B:二塁手 SS:遊撃手 3B:三塁手 RF:右翼手 CF:中堅手 LF:左翼手 OF:外野手

試合結果[編集]

先発メンバー[編集]

ナショナルリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ウィリー・メイズ (SF) CF
2 ハンク・アーロン (ATL) RF
3 ジョー・トーリ (STL) 3B
4 ウィリー・スタージェル (PIT) LF
5 ウィリー・マッコビー (SF) 1B
6 ジョニー・ベンチ (CIN) C
7 グレン・ベッカート (CHC) 2B
8 バド・ハレルソン (NYM) SS
9 ドク・エリス (CIN) P
アメリカンリーグ
打順 選手(チーム) 守備
1 ロッド・カルー (MIN) 2B
2 ボビー・マーサー (NYY) CF
3 カール・ヤストレムスキー (BOS) LF
4 フランク・ロビンソン (BAL) RF
5 ノーム・キャッシュ (DET) 1B
6 ブルックス・ロビンソン (BAL) 3B
7 ビル・フリーハン (DET) C
8 ルイス・アパリシオ (BOS) SS
9 ヴァイダ・ブルー (OAK) P

試合経過[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ナショナルリーグ 0 2 1 0 0 0 0 1 0 4 5 0
アメリカンリーグ 0 0 4 0 0 2 0 0 X 6 7 0
  1. : ヴァイダ・ブルー (1-0)  : ドク・エリス (0-1)  S: ミッキー・ロリッチ (1)  
  2. :  NL – ジョニー・ベンチ (1) ハンク・アーロン (1) ロベルト・クレメンテ (1)
      AL – レジー・ジャクソン (1) フランク・ロビンソン (1) ハーモン・キルブルー (1)

選出選手[編集]

先発は野手はファンの投票、投手は各チームの監督によって選ばれた。

先発選出選手[編集]

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ドック・エリス (CIN)
C ジョニー・ベンチ (CIN) 4
1B ウィリー・マッコビー (SF) 6
2B グレン・ベッカート (CHC) 3
3B ジョー・トーリ (STL) 7
SS バド・ハレルソン (NYM) 2
OF ハンク・アーロン (ATL) 17
ウィリー・メイズ (SF) 18
ウィリー・スタージェル (PIT) 4
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P ヴァイダ・ブルー (OAK)
C レイ・フォッシー (CLE)[1] 2
1B ブーグ・パウエル (BAL) 4
2B ロッド・カルー (MIN) 5
3B ブルックス・ロビンソン (BAL) 12
SS ルイス・アパリシオ (BOS) 9
OF トニー・オリバ (MIN)[1] 8
フランク・ロビンソン (BAL) 11
カール・ヤストレムスキー (BOS) 8

控え選出選手[編集]

ナショナルリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P スティーブ・カールトン (STL) 3
クレイ・キャロル (CIN)
ラリー・ダーカー (HOU)[1] 2
ファーガソン・ジェンキンス (CHC) 2
フアン・マリシャル (SF) 9
トム・シーバー (NYM) 5
ドン・ウィルソン (HOU)
リック・ワイズ (PHI)
C マニー・サンギーエン (PIT)
1B ネイト・コルバート (SD)
リー・メイ (CIN) 2
2B フェリックス・ミヤーン (ATL) 3
3B ロン・サント (CHC) 7
SS ドン・ケッシンジャー (CHC) 4
OF ボビー・ボンズ (SF)
ルー・ブロック (STL) 2
ロベルト・クレメンテ (PIT) 11
ウィリー・デービス (LAD)
ピート・ローズ (CIN) 6
ラスティ・スタウブ (MON) 5
アメリカンリーグ
守備 選手(チーム) 選出
P マイク・クェイヤー (BAL) 3
ミッキー・ロリッチ (DET) 2
サム・マクダウェル (CLE)[1] 6
アンディ・メッサースミス (CAL)
ジム・パーマー (BAL) 2
マーティ・パッティン (MIL)
ジム・ペリー (MIN) 3
ソニー・シーバート (BOS) 2
ウィルバー・ウッド (CWS)
C デーブ・ダンカン (OAK)
ビル・フリーハン (DET) 8
サーマン・マンソン (NYY)
1B ノーム・キャッシュ (DET) 3
ハーモン・キルブルー (MIN) 11
2B クッキー・ロハス (KC) 2
3B ビル・メルトン (CWS)
SS レオ・カーデナス (MIN) 5
OF ドン・ビュフォード (BAL)
フランク・ハワード (WS2) 4
レジー・ジャクソン (OAK) 2
アル・ケーライン (DET) 14
ボビー・マーサー (NYY)
エイモス・オーティス (KC) 2

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 出場辞退

出典[編集]