ウィリー・モー・ペーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリー・モー・ペーニャ
Wily Mo Peña
Wily Modesto Peña.jpg
ソフトバンク時代(2012年4月15日、福岡Yahoo!JAPANドーム)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 バルベルデ州ラグナ・サラダ
生年月日 1982年1月23日(32歳)
身長
体重
191 cm
118 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1998年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2002年9月10日
NPB / 2012年3月30日
年俸 1億2,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2006年

ウィリー・モデスト・ペーニャWily Modesto Peña, 1982年1月23日 - )は、プロ野球選手外野手)。右投げ右打ち。ドミニカ共和国バルベルデ州ラグナ・サラダ出身。

経歴[編集]

MLB時代[編集]

ナショナルズ時代(2008年)

1998年に当時のドラフト外選手史上最高金額となる4年370万ドルメジャー契約を結びニューヨーク・ヤンキースに入団。2001年にトレードでシンシナティ・レッズに移籍し、翌2002年9月10日の対ピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャーデビュー。

2003年は80試合に出場したが三振率が30パーセント近く、打率.218・5本塁打OPS.641の成績に終わる。

2004年は契約の都合でマイナー降格がなく前年を上回る110試合に出場し、ケン・グリフィー・ジュニアの故障によりレギュラーに定着。前年と同じく30パーセント近い割合の三振率を喫するも336打数で25本塁打を記録した。

2005年は4月下旬から6月上旬まで左大腿痛でDL入りする。99試合に出場し、三振率が35パーセント近い割合になったものの19本塁打を放つ。9月28日の対ミルウォーキー・ブルワーズ戦の守備でフェンスに激突してDL入りしシーズンを終了。

2006年第1回WBCドミニカ共和国代表として出場。開幕前にブロンソン・アローヨとのトレードボストン・レッドソックスに移籍。故障もあり84試合の出場に終わったが、打撃改造に着手して打率.301を記録した。

2007年8月17日にトレードでワシントン・ナショナルズに移籍。移籍後は左翼手のレギュラーに定着し、37試合で8本塁打を記録。12月には1年200万ドルで契約を延長した。

2008年は64試合の出場で打率.205・2本塁打・10打点・OPS.509に終わる。

2009年3月28日にDFAとなり、4月20日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだが、6月22日に解雇される。オフにはドミニカのウィンターリーグに参加した。

2010年5月30日にアトランティック・リーグブリッジポート・ブルーフィッシュと契約。7月19日にサンディエゴ・パドレスとマイナー契約。12月1日にはアリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ。

2011年、打者有利の球場を本拠地とする傘下のAAA級リノで63試合に出場し打率.363・21本塁打・OPS1.165を記録し[1]、6月21日にメジャーに昇格したが、7月24日に解雇。27日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結ぶ。8月13日にメジャーに昇格し、指名打者として22試合に出場。10月30日にフリーエージェントとなり、オフはドミニカのウィンターリーグに参加。

ソフトバンク時代[編集]

12月2日には福岡ソフトバンクホークスへの入団が決定。東日本大震災復興支援財団にホームラン1本打つごとに25,000円寄付(40本以下の場合は100万円を寄付)することを公表した。この年は130試合に出場し、40本塁打には遠く及ばなかったが、リーグ4位の21本塁打をマークした。2012年、1月9日に背番号が「8」から「55」に変更されることが発表された。

2013年は前年と打って変わり、開幕から不振が続き、5月9日に登録を抹消された。降格した二軍では打率.288、4本塁打と成績を残し、6月12日に再登録されたが、調子は上向かず7月1日に再び登録抹消。9月12日に一軍登録後はシーズン終了まで一軍に在籍したが、55試合の出場で本塁打1本、打率も.233の成績に終わり、シーズン終了後の10月15日に球団から退団が発表された[2]

オリックス時代[編集]

2013年12月11日にオリックスが契約を発表した[3]。背番号は「42」。

2014年、移籍1年目からチームの主砲として君臨する。140試合に出場し、打率.255・32本塁打 (リーグ3位) ・90打点 (リーグ2位タイ) ・124三振という打撃成績を記録し、2013年の不振から脱却した。得点圏打率.297を記録し、アーチと打点を量産した。

選手としての特徴[編集]

かつては『サミー・ソーサ二世』と将来を期待され[4][5]マニー・アクタからは「35本塁打を打てるポテンシャルを備えている」と評された[6]

アダム・ダンを上回ると評されたパワーを持ち、476フィート(約145メートル)の特大本塁打を放ったこともある長打力を持ち味とする[7]が、打撃技術に欠け[8]、速球や内角球に強い一方で外角へ逃げる変化球に弱い[7]。メジャー通算で右投手に対しては打率.237と苦手にしているが、左投手に対しては打率.275と得意とする。選球眼が悪く[9]、メジャー通算の三振率が30パーセントを越えるなど三振が多い[10]

MLB時代は外野手としてプレーしたが、左翼守備ではメジャー通算UZR-10.6、DRS-1であり、平均を下回る[11]。強肩で果敢にダイビングキャッチも試みるが、打球の軌道を読み違えることが多く、送球の正確さにも欠ける[12]。日本では主に指名打者として起用されている。2014年には一塁手も務めた。

巨体の外国人選手としては足も速い[13]。走塁の意識が高く、一塁走者が一・二塁間で挟まれる間に本盗を成功させたり[14]、レフトフライの間に一塁から二塁へとタッチアップを決めたりしている[15]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 CIN 13 18 18 1 4 0 0 1 7 1 0 0 0 0 0 0 0 11 0 .222 .222 .389 .611
2003 80 181 165 20 36 6 1 5 59 16 3 2 1 0 12 2 3 53 2 .218 .283 .358 .641
2004 110 364 336 45 87 10 1 26 177 66 5 2 0 0 22 1 6 108 7 .259 .316 .527 .843
2005 99 335 311 42 79 17 0 19 153 51 2 1 0 1 20 0 3 116 7 .254 .304 .492 .796
2006 BOS 84 304 276 36 83 15 2 11 135 42 0 1 0 5 20 0 3 90 7 .301 .349 .489 .838
2007 73 172 156 18 34 9 1 5 60 17 0 1 0 0 14 0 2 58 5 .218 .291 .385 .676
WSH 37 145 133 24 39 4 0 8 67 22 2 0 0 0 8 2 4 36 2 .293 .352 .504 .856
'07計 110 317 289 42 73 13 1 13 127 39 2 1 0 0 22 2 6 94 7 .253 .319 .439 .758
2008 64 206 195 10 40 6 0 2 52 10 0 1 0 1 10 0 0 48 5 .205 .243 .267 .510
2011 ARI 17 46 46 7 9 0 0 5 24 7 0 0 0 0 0 0 0 19 1 .196 .196 .522 .717
SEA 22 74 67 8 14 3 0 2 23 8 0 0 0 0 5 0 2 20 1 .209 .284 .343 .627
'11計 39 120 113 15 23 3 0 7 47 15 0 0 0 0 5 0 2 39 2 .204 .250 .416 .666
2012 ソフトバンク 130 507 461 52 129 30 2 21 226 76 2 0 0 3 35 2 8 130 11 .280 .339 .490 .829
2013 55 171 150 8 35 6 1 1 46 16 0 0 0 1 15 0 5 52 4 .233 .322 .307 .628
2014 オリックス 140 572 502 68 128 20 0 32 244 90 2 0 0 1 59 6 10 124 15 .255 .344 .486 .830
MLB:8年 599 1845 1703 211 425 70 5 84 757 240 12 8 1 7 111 5 23 559 37 .250 .303 .445 .748
NPB:3年 325 1250 1113 128 292 56 3 54 516 182 4 0 0 5 109 8 23 306 30 .262 .339 .464 .803
  • 2014年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

年度 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2012 20 29 1 2 0 .938
2013 1 0 0 1 0 .000
通算 21 29 1 3 0 .909
  • 2013年度シーズン終了時

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPBその他記録

背番号[編集]

  • 26 (2005年)
  • 22 (2006年 - 2007年)
  • 16 (2007年)
  • 26 (2007年 - 2008年)
  • 16 (2011年)
  • 29 (2011年)
  • 8 (2012年)
  • 55 (2013年)
  • 42 (2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dunne, James(2011-07-28). Michael Restovich and Wily Mo Pena have New Homes. The Dunne Deal(英語). 2011年11月27日閲覧
  2. ^ 退団のお知らせ ソフトバンク球団公式サイト、2013年10月15日配信
  3. ^ ペーニャ選手 獲得のお知らせ オリックス球団公式サイト 2013年12月11日閲覧
  4. ^ 月刊スラッガー』2004年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、75頁。
  5. ^ 『月刊スラッガー』2007年3月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-3、11頁。
  6. ^ 『月刊スラッガー』2008年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、69頁。
  7. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2006』 廣済堂出版、2006年、366頁。ISBN 4-331-51146-4
  8. ^ 吉田健城 『2003 メジャーリーグ スカウティング・レポート』 ザ・マサダ、2003年、314頁。ISBN 4-88397-080-9
  9. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』 廣済堂出版、2004年、350頁。ISBN 4-331-51040-9
  10. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2005』 廣済堂出版、2005年、348頁。ISBN 4-331-51093-X
  11. ^ Wili Mo Pena Advanced FieldingFanGraphs
  12. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、79頁。ISBN 978-4-331-51213-5
  13. ^ セーフ♪セーフ♪ ペーニャは足も速いんです! 2012.06.06 H-G プロ野球チャンネル パ 2012年6月6日
  14. ^ 二度とない?ペーニャのホームスチール!オリックス先制 Sponichi Annex 2014年8月12日
  15. ^ 楽天松井稼38歳の挑戦2戦連続左翼で先発 日刊スポーツ 2014年8月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]