ブレット・ブーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブレット・ブーン
Bret Boone
Brett Boone3.jpg
ブレット・ブーン(2005年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州
生年月日 1969年4月6日(45歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1990年 ドラフト5巡目
初出場 1992年8月19日
最終出場 2005年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ブレット・ブーンBret Robert Boone, 1969年4月6日 - )は、MLBシアトル・マリナーズなどで活躍した野球選手である。アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。右投右打の内野手(二塁手)として活躍した。祖父のレイ・ブーン、父のボブ・ブーン、弟のアーロン・ブーンも元メジャーリーガー。

略歴[編集]

高校卒業時の1987年ミネソタ・ツインズからドラフト28巡目で指名されるが契約せず、南カリフォルニア大学に進学。大学時代に日米大学野球選手権に出場し、のちにチームメイトとなる佐々木主浩とこの時に対戦したことがある(その模様はかつてセーフコ・フィールドで映像で流されたことがあった)。

1990年、シアトル・マリナーズからドラフト5巡目で指名され入団。1992年8月19日にメジャーデビューし、サードとして6試合に出場している。1994年から1998年までシンシナティ・レッズ。1999年はアトランタ・ブレーブス。2000年はサンディエゴ・パドレスに在籍した。

2001年シアトル・マリナーズに復帰。ブーンはこの年主に5番打者としてキャリアハイの141打点を挙げ打点王を獲得。その他、打率.331、206安打、37本塁打、5三塁打、118得点もキャリアハイを記録。地区優勝とシーズン116勝のメジャータイ記録樹立に大きく貢献した。マリナーズでイチローが1番に定着したことも、直球系を得意とするブーンの打撃にプラスに作用したと言われている。MVPの投票ではイチロー、ジェイソン・ジアンビに次ぐ3位だった。同年のオールスターではアリーグの4番にも大抜擢されている。

2005年は打率.231と不調で、7月11日にミネソタ・ツインズにトレードされたが、わずか14試合に出場後の8月1日に解雇された。翌2006年1月にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び春季キャンプに招待されたが、野球に対する情熱がなくなったとしてキャンプ参加数日後に引退を発表した。この件について、ブーン自身は後日、引退の理由をアルコール使用障害によるものだったとメディアに明かしている。[1]

約2年間の治療とリハビリを終えた後、ブーンは2008年2月18日に現役復帰を目指し、ワシントン・ナショナルズとマイナー契約を結んだ。父親のボブはGM補佐として、弟のアーロンは現役選手として既に在籍しておりナショナルズに3者が揃うこととなった。しかし、5月28日に2度目の引退を表明した。

ホセ・カンセコは、ステロイド使用に関する自著の中で、イバン・ロドリゲスマーク・マグワイアらと並んで、ブーンがステロイドをキャリアを通じて使用していたと名指ししている。

選手としての特徴[編集]

2ストライクを取られるまではスクエアスタンス、2ストライク後はオープンスタンスと2種類の打撃フォームを使い分けるのが特徴。

陽気な性格として知られ、イチローは「リーダーシップを取ろうとするけど、空回りするキャラ」と語っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 SEA 33 135 129 15 25 4 0 4 41 15 1 1 1 0 4 0 1 34 4 .194 .224 .318 .542
1993 76 302 271 31 68 12 2 12 120 38 2 3 6 4 17 1 4 52 6 .251 .301 .443 .744
1994 CIN 108 424 381 59 122 25 2 12 187 68 3 4 5 6 24 1 8 74 10 .320 .368 .491 .859
1995 138 570 513 63 137 34 2 15 220 68 5 1 5 5 41 0 6 84 14 .267 .326 .429 .755
1996 142 568 520 56 121 21 3 12 184 69 3 2 5 9 31 0 3 100 9 .233 .275 .354 .629
1997 139 501 443 40 99 25 1 7 147 46 5 5 4 5 45 4 4 101 11 .223 .298 .332 .630
1998 157 648 583 76 155 38 1 24 267 95 6 4 9 4 48 3 4 104 23 .266 .324 .458 .782
1999 ATL 152 671 608 102 153 38 1 20 253 63 14 9 9 2 47 0 5 112 11 .252 .310 .416 .726
2000 SD 127 525 463 61 116 18 2 19 195 74 8 4 0 7 50 7 5 97 11 .251 .326 .421 .747
2001 SEA 158 690 623 118 206 37 3 37 360 141 5 5 5 13 40 5 9 110 11 .331 .372 .578 .950
2002 155 675 608 88 169 34 3 24 281 107 12 5 2 6 53 4 6 102 11 .278 .339 .462 .801
2003 159 705 622 111 183 35 5 35 333 117 16 3 1 7 68 3 7 125 17 .294 .366 .535 .901
2004 148 658 593 74 149 30 0 24 251 83 10 5 2 4 56 2 3 135 18 .251 .317 .423 .740
2005 74 302 273 30 63 15 3 7 105 34 4 2 1 1 24 2 3 52 9 .231 .299 .385 .684
MIN 14 58 53 3 9 0 0 0 9 3 0 0 0 0 4 0 1 13 3 .170 .241 .170 .411
'05計 88 360 326 33 72 15 3 7 114 37 4 2 1 1 28 2 4 65 12 .221 .290 .350 .640
通算:14年 1780 7432 6683 927 1775 366 28 252 2953 1021 94 53 55 73 552 32 69 1295 168 .266 .325 .442 .767
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

親子三代メジャーリーガー[編集]

祖父は1950年代デトロイト・タイガース等で主に三塁手として活躍したレイ・ブーン。父はフィラデルフィア・フィリーズカリフォルニア・エンゼルス等で捕手として活躍したボブ・ブーン(後カンザスシティ・ロイヤルズシンシナティ・レッズで監督、現ワシントン・ナショナルズGM補佐)。弟はシンシナティ・レッズ等で主に三塁手として活躍したアーロン・ブーン

つまり、親子孫と三世代でメジャーでプレイした最初のファミリーとなった。 ブーン・ファミリーは四人全員がオールスターに出場している。

他の三代メジャーリーガーは下記の2組である。

ブーン・ファミリー通算成績[編集]

名前 現役年 主な守
備位置
試合 安打 本塁打 打点 盗塁 打率
レイ・ブーン(祖父) 1948年 - 1960年 三塁手 1,373 1,260 151 737 21 .275
ボブ・ブーン(父) 1972年 - 1990年 捕手 2,264 1,838 105 826 38 .254
ブレット・ブーン 1992年 - 2005年 二塁手 1,780 1,775 252 1,021 94 .266
アーロン・ブーン(弟) 1997年 - 2009年 三塁手 1,152 1,017 126 555 107 .263

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]